2008年7月16日水曜日

iPhoneを使っていて思ったこと

iphone wallpaperiPhoneをすでに購入されている人たちは、iPhoneがどういうものなのかを十分理解していると思うんですが、

「iPhoneってなんかスゴイ!!自分も使いたい!!」

というミーハー気分で手に入れたりすると、後悔してしまうかも…。

iPhoneというアイテムは、携帯電話とiPodの機能を持っている、いわゆる「音楽再生機能付き携帯電話」という肩書きになると思うんですが、これは大きな間違い。

iPhoneはケータイにあらず。そして、iPodでもない。


現時点でiPhoneを何かのカテゴリーに入れようとすると、iPhoneというカテゴリーが作られてもおかしくないような存在だと思います。既存のカテゴリーでしいてあげるなら、「スマートフォン」かなぁ…。一応、Blackberryなんかと比較されることが多いですからね。

iPhoneは素晴らしい。そのことには疑問の余地はありませんが、iPhoneはユーザーを選びます。別に敷居の高いガジェットということではなく、その操作性において好悪が分かれるような気がします。

まず、自分自身がいま持っているケータイで、どんなサービスを利用しているかを考えてみるといいかも。

日本においては、「メール」という言葉はもはや、携帯電話における電子メールのことを指すくらい、みんなケータイでメールを打ってます。年頃の女子なんか、まさに光速のごとき速さでメールを打ちますからね。あれはある種、特殊技術だと思うんですが…。しかし、そこがiPhoneに満足するかしないかの境目になるんです。

ケータイでメール三昧の人にとって、iPhoneは間違いなく不向き。
買わないことをオススメします。

IMG_0003 IMG_0002 IMG_0001

これがiPhoneで文字を入力する際のキーボード。

これで光速の文字打ちをできる人はまずいないでしょう。普段から速く打っている人ほど、このキーボードにイラっとくるのは言うまでもないでしょう。私自身が使っていて思うのは、QWERTY配列(一番右の写真)のアルファベットのキーボードはすこぶる快適。英語でメールを書くときには、これはほんとに重宝します。

しかし、問題が日本語入力(左と中央の写真)の場合。
従来のケータイで文字を打つ感覚で、日本語を入力できるんですが、ぶっちゃけ文字を打ちにくい。右手の親指のみで文章を作成できるか挑戦してみましたが、あえなくギブアップ。結論としては、人差し指でタップするのが一番速い。

ただ、ここで注目してもらいたいのは、右の写真。「な」を(1、2秒ほど)押し続けていると、な行の他のかなが花びらのごとく表示されます。あとは指をスライドするだけで、任意の文字を入力することができます。キーをタップする場合、どうしてもミスタッチが発生してしまう可能性が高くなるのですが、このスライド方式だとミスタッチの発生率がグンと下がります。このスライド型入力は「慣れて」しまえば、iPhoneにおける日本語入力方式としては、一番速いんじゃないかと思います。

しかし、それで従来のケータイでの直接物理的入力に敵うか?と訊かれれば、「否」と答えざるをえないです。

W54T私自身、auのW54Tも使ってますが、そりゃ、W54Tで文字打つ方が圧倒的に速い。だから、すばやく返事をしたいとき、長文を書かざるをえないときなど、W54Tを使っています。

そんなわけで、残念ですが、iPhoneだとストレスフリーというわけにはいきません。ええ、それを認めざるをえません。

ただ、私は元々「ケータイでメールを打つのがめんどくさい」と思っているので、W54Tでもそんなにメールを打ちません。メールを打つのも速くないし、長文を打つこともない。

だから、iPhoneでSMSや普通にメールをやっても苦にはならないんです。

でも、友達とメールをバシバシ送り合いたい!!という人には、iPhoneはやはり不向き。いま持っているケータイ、もしくは、ボタンを直接物理的に押せる機種の方がいいかな、と…。

長くなりましたが、そういう理由でiPhoneはユーザーを選ぶと思います。

ところで、W54Tは私のニーズをよく満たしている端末で、これはこれで手放しがたい。スライド式であること、Bluetooth搭載であること、赤外線通信可能(いまでは当たり前か)、(あんまり見ないけど)ワンセグ、(あんまり使わないけど)おサイフケータイ、etc.

さらに、auのローミングエリアはソフトバンクと比較にならないほど広くて、仕事柄、ドえらい田舎の方に行ったときに、その威力を発揮します。今日もちょっとした田舎の方に行ってきたんですが、iPhoneは圏外。しかし、W54Tはしっかり3本線が立ってました。こういうときに、auケータイ(ドコモでもいいけど)を持っていると安心します。

ただ、すべてのソフトバンク携帯でもそうだとも言えない。

正直、iPhoneの電波を受信する感度は、あんまり高くない。

「おい、こんなところ(近所のコンビニやスーパーなど)で圏外かよ!?」

と思うときがあります。私がiPhoneにおいて、不満を1つ挙げろと言われれば、電波感度の低さを挙げます。これからのアップデートでなんとか解決されることを望む!!

iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくりiPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
林 信行


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback