2008年7月11日金曜日

コピー機のX線は恐い…!?

なんなんだ、この話は…!?

しかし、いかにも中国らしい話だな。

livedoor ニュース - 「内臓丸見え」の赤ちゃん、原因はコピー機
赤ちゃんを見た医師・看護師は、度肝を抜いた。なんとその子には、お腹の皮がなかったのだ。正確にはお腹の皮はあることはあるのだが、薄い透明のフィルムのような皮が1枚ついているだけ。腸や肝臓、血管、さらには心臓の動くさままでもがはっきりと見えたという。
この奇形(?)の原因が、母親が妊娠中に職場で頻繁に使っていたコピー機からのX線だという。
犯人は母親の職場にあった大型のコピー機だという。母親は妊娠期間中、このコピー機を使うことが多かった。専門家は、「大型のコピー機のX線は強く、胎児の発育に影響を及ぼす」と指摘している。
ソース元が中国なだけに、この症状の科学的根拠自体が怪しい気がするのですが、できればもうちょっと情報が欲しい。

現時点では、妊婦の方は巨大な電化製品の側で長時間過ごさない方が良さそうですね。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback