2008年8月13日水曜日

パワサポのAirジャケットセットが届きました。

POWER SUPPORT AIRジャケットセット以前、このブログで紹介したPOWER SUPPORTのAirジャケットセットが手元に届きました。

iPhoneにケースとかアクセサリーとか付けるつもりはなかったんですが、

「やっぱり大事に使った方がいいよね、iPhoneは…」

ということで、今回のAirジャケットセットを購入するに至ったわけです。

こうして手もとにAirジャケットセットがあっても、やはりiPhoneには何もつけない方がいいような気がする。しかし、せっかく買ったんだし、付けてみれば気持ちが変わるかもしれない…。

ジャケットセットはポリカーボネイト製らしいので、ラジコンバギーのボディを想像して、「結構柔らかいのかな…」と疑心暗鬼だったのですが、いざ箱を開けて本体を手に取ると、それが杞憂だったことに気づきました。すんごく、しっかりした素材です。

ジャケットセットをiPhone本体に装着する前に、iPhoneの画面をきれいにして、保護フィルムを貼付けなければなりません。

まず、MacBookの画面を拭くために買ったクリーニングクロスで、iPhoneのガラス面を丁寧に拭きます。ひとつの指紋も残さぬよう、丁寧に拭きます。

クリーニングクロスでガラス面をきれいにできたら、ジャケットセットに同封されていたほこり取りシートをiPhoneのガラス面にゆっくりと張りつけ、しばらくしてはがします。

意外だったのは、結構ほこりが取れたこと。

真っ白なほこり取りシートなので、はがしていくとほこりがついていることに気がつきます。クリーニングクロスできれいに拭き取ったから、指紋は全然ないのだけど、ほこりまでは完全に取り除けないってことですね。いま思えば、そのシートの写真も撮っておけばよかった。

指紋もほこりもきれいに取り除いた。それでは、ガラス面に保護フィルムを貼ろうではないか。保護フィルムが2枚入っていたので、

「ああ、予備が用意されているんだ」

と思ったら大間違い!!これ、いま気づいたのだけど、クリアとアンチグレアの2種類が入っていたんですね。で、何にも知らない私は、ふと手に取ったものを貼付けてしまいました。それがアンチグレアの方で、

「保護フィルムはやっぱ、こういうつや消しになるんだよなぁ」

と天然ボケをかましてしまっていたわけです…orz

まぁ、クリアでもアンチグレアでも何でもいいじゃない、ガラス面が保護されれば…。

ただ、保護フィルムを貼付けるのは、なかなか慎重な作業です。剥離フィルムの一方をはがし、iPhoneの端からゆっくりと貼付ける。気泡ができないように、ゆっくり、ぴっちり、貼付けていきます。

ちなみに、パワサポのサイトでこのアンチグレア保護フィルムの貼り方を、ちゃんと説明しています。

もちろん、クリア(クリスタル)の保護フィルムの貼り方も説明してあります。

さて、いよいよボリカーボネイトのジャケットの装着です。

これはボタンのある方からカパっとつけます。iPhoneの裏のプラスチックの部分とジャケットが密着することで、水が入ったような感じになることがあるらしいので、iPhoneの裏面とジャケットの間に少し隙き間をあけるためのシールまで用意されています。まぁ、あまり必要ないと思いますが…。

TS3E0046


装着後、写真は下から見たところ(写真を大きくしてみました)。

肝心の使用感ですが、iPhoneがやや大きく感じられる。

まぁ、ジャケットを付けたから当然のことなのだけど、いつも触っていたiPhoneではない感じ。シモの話になるけれど、アレのときにゴムを付けてるか付けてないかの感覚。

このAirジャケットセットはiPhone用のケース&ジャケットの中では、かなり薄いものらしいのだけど、やはり生iPhoneに比べると…。このジャケット、厚さが約1mmくらいなのだけど、その1mmの厚みはやはり大きい。「付けてる」と「付けてない」の差は、こんなにも凄いのだ。

しかし、他のケースなどを使ったことがないので、なんとも比較しようがないけれど、このくらいであれば、かなりの上出来だと思っていいのかもしれない。

左のバイブ切替スイッチと音量ボタンは、やや押しにくくなるけれども、個人的にはそんなに気にならない。気になる人には、すごく気になるところだろうけど…。バイブへの切替なんかそんなに頻繁にやらないし、音量もそんなにいじらない。必要なときにちゃんと使えるだけのデザインになっているので、心配はいらないと思う。

そして、偶然貼付けたアンチグレア保護フィルムは、見事に指紋が付くのを防いでくれている。触った感じも指先になじむ感じで、以前のツルッとした感じとは異なる。「どちらがいい?」と聞かれたら、「どちらもいい」と答えるけど、これはこれでいい。

Dockコネクタカバーがついてきているので、それも装着。でも、これはなくてもいいんじゃないかな。Dockコネクタに砂とかほこりが入るのを防ぐためなのだろうけど、なんか邪魔。これこそ、付けない方がいい。

アマゾンから注文した場合はどうなるのか分からないけど、パワサポのサイトから直に注文した際には、Dockコネクタキャップが付いてきます。

TS3E0043


総評としては、買って損はないです。



そして、これからこのiPhone 3G Airジャケットセットを購入しようとお考えの方々に朗報。

このAirジャケットセットのホワイトとマットブラック(完全なつや消しです)が7/18より発送開始だそうです。

iPhoneの16GBホワイトモデルをお持ちの方にはホワイトの方を、iPhoneの黒い方をお持ちの方にはマットブラックがいいかも。ただ、どちらもAppleのロゴが隠れてしまいますが…。マットブラックはラバーコーティングされているらしいので、これまた手にしっくりなじむと思います。

このAirジャケットセットよりももっと薄いものが欲しい!!という方は、コン○ーム(ばかり作っているわけじゃないけど)のオカモトに相談してみるのもいいかも♡

もしホントに作って来たら、それは大ヒットの可能性ありですね。

B001DZLMZSエアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

パワーサポート
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B0001CQ6FAELECOM DGK-003BU クリーニングクロス(M)

エレコム 2001-08-10
売り上げランキング : 14956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


テクノラティ タグ :


0 件のコメント:

Zenback