2008年8月16日土曜日

iPhoneアプリを作りたい

これこそ、まさにサクセスストーリー!!

iPhoneアプリの『スーパーモンキーボール』、30万本以上売れる |デジタルマガジン
セガがiPhoneで販売している『スーパーモンキーボール』。販売が開始されてからこの20日間でなんと30万本以上売れていることが分かった。金額にすると3億6千万である。

このうち70%がセガに、30%がAppleの懐にチャリンと入る。つまりセガは『スーパーモンキーボール』だけで2億5200万円もの収益をあげたことになる。……かなりの大儲け?
こんなボロ儲けができるかどうかは別にして、個人的にプログラミングができるようになりたいという願望がある。

そこで、密かにiPhone用のアプリを作ろうと、iPhone SDKまでしっかりとダウンロードしたのだけど、肝心のObjective-Cがわからない。

そこで、Objective-Cの本まで買った。

4797346809詳解 Objective-C 2.0
荻原 剛志

ソフトバンククリエイティブ 2008-05-28
売り上げランキング : 395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、プログラミングの経験は昔にCとかVBをお遊び程度に使っていたくらいで、本格的なプログラミング経験はなし。

そんなわけで、いま隙き間時間を見つけてはプログラミング(CとPython)の勉強をしているところです。理屈はわかるんだけど、こういうのは実際にコードを書いて体に覚え込まさないといけないんだよね…。

それに、Objective-Cができるようになったとしても、すごいアプリはいきなり作れない。それに、何がいちばん必要かといえば、人を楽しませるアイデア(かな?)。これがないと、いいものは作れないと思う。

iPhoneのアプリ作成もある意味、製造業。ものづくりをするなら、それを手にする人たちが面白く思うようなものを作っていかなきゃ。

とにかくこの年末までには、Cを復習して、Pythonを覚えて、Objective-Cまで理解できるところまで持っていきたい。

 iTunes Store(Japan)

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback