2008年8月24日日曜日

iPhoneアプリ『iNote』を購入

iPhoneを購入以来、実は無料のアプリしか使って来なかったんですが、ここに来てついに有料アプリを購入しました。

それがiNote

たぶん、App Storeでかなりの高評価を得ているので、ご存知の方がたくさんいらっしゃると思います。お手持ちのiPhoneにすでにインストール済みという方々も多くいらっしゃると思います。

さて、使ってみて素朴な感想は…

これはいい!!自分にとってのデフォルトアプリだ!!


です。

まず、iNoteがどんなアプリかをサクッと紹介しておくと、いわゆるメモ帳です。

ただのメモ帳ならiPhoneにデフォルトで入っているものを使えばいいわけなんですけど、このiNoteがデフォルトのメモ帳と決定的に違うところがあります。

それはiPhoneを横に傾けると、文字をそのまま横打ちできること。

IMG_0001

つまり、よくあるスマートフォンのように、横向きにテキストを打ち込めるというのは、結構快適なんだなぁ…と実感しました。

特に、メールを打つときなんかはiNoteを使います。iPhoneを横に傾け、両手ではさみ持ち、親指で(QWERTY配列で)どんどんテキストを打っていきます。横向きだけあって、キーの空間がちょっと広くなったおかげでミスタッチが格段に減りました。

それに、漢字変換のスピードは相変わらず少しモタつくものの、キータッチの反応がすこぶる良い。これって気のせい?それとも、偶然調子が良かったの?

さて、メールの内容をiNoteで打ったら、右肩にある「メニュー」をタップすることで「削除」、「メール」、「新規」が選べるようになります。

IMG_0004

これで「メール」をタップすると、iPhoneのMail.appになり、メールを送信できるようになります。ただ、このとき、iNoteでのカテゴリー&タイトルがMail.appでのタイトルになるので、送信前に変更が必要です。

iNoteを導入したことにより、iPhoneでのメール作成がずいぶんと楽になりました。元来、ケータイでメールを書くのは億劫になるタイプなのですが、iNoteのおかげで普段キーボードでタイプしている感覚で文章を書けるので、そこそこ長い文章も少ないストレスで書けるようになりました。iNote、素晴らしいッ!!

ところで、私はxxx@i.softbank.jpを使わないので設定もしていません。

xxx@mac.com(.macからのユーザーなので…)とxxx@gmail.comが使えるのだから、なにをあえてxxx@i.softbank.jpを設定する必要があるのか?と…。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback