2008年11月21日金曜日

MacOS Xの使っていない機能:文章読み上げ機能

数あるMacOS Xの機能のうち、毎日使っているものはだいたい同じ物ばかり。中には

「Macでこんなことできたらいいのに…」

なんて思っていることが、実はすでに実装されていることに気づかなかったりすることもあるかも…?

コンピュータによるテキストの読み上げは結構前から装備されていますが、Leopardにいたってはその完成度の高さには素晴らしいものがあります。そんなわけで、Leopardによるテキスト読み上げの方法は以下の通り。

Mac 101: Make any text speak to you - The Unofficial Apple Weblog (TUAW)
Have you ever wished your Mac could read a long text document to you? Well, with the speech service, you can easily have your Mac read as much or as little text as you want.
まず、Macに読んでもらいたいテキストをハイライトします(このとき、アプリはMac純正のもの)。

写真はSafariを使っています。

speech

と、こんな感じに選んで、次に読み上げをしてもらうための機能を起こします。

macos x speech

「Safari>サービス>スピーチ>テキスト読み上げを開始」と選びます。
するとハイライトしてある文章を読み上げてくれるというわけです。

ただし、日本語には対応してないようです。自分で試したのは英語のみですが、ひょっとするとドイツ語、フランス語あたりもやってくれそうな気がしますが、どうなんでしょう?

Technorati Tags: , , ,

0 件のコメント:

Zenback