2008年1月29日火曜日

ニコンからD60が発表

カメラはNikon派です。

そんなNikonから新たなエントリーモデルD60が発表されました。

ニコン:デジタル一眼レフカメラ「ニコン D60」の発売について
CNET Japan:ニコンのエントリー向け「D60」は、クリーン機能を強化したデジタル一眼レフカメラ


私はすでにD80を持っているので、当分の間はデジタル一眼レフは購入の予定はないのですが、やっぱりイメージセンサークリーニングシステムが付いてる新製品が羨ましい…。

Canonなど他のメーカーは撮影素子のゴミ・ほこり除去対策を先行していましたが、Nikonも同じ機能を搭載し始めたということで、これからのデジタル一眼レフにはゴミ・ほこり除去対策はなくてはならない機能となったんでしょうね。

まぁ、レンズ交換の際にゴミやほこりが入ってくるとしても、私は地道にブロワーでプシュプシュ吹き飛ばしますけどね。

あと、D60の発売は2月22日からのようです。



テクノラティ タグ :

Illustratorで仕事するようになって

かつて私が印刷出版会社でサラリーマンをしてたとき、私は一応テクニカルライターになる予定だった。

言ってみれば、技術関係の取扱説明書なんかの編集者なのだけれど、私が入社して関心を真っ先に抱いていたのはDTPの方。いや、正確に言えば、DTPで毎日使われているIllustratorやPhotoshopの方に関心が向いていた。
いつかIllustratorやPhotoshopをガンガン使いたい。
だからといって、DTPオペレータにもデザイナーにもなるつもりは毛頭なく、医師を目指していたのだけど、巡り巡ってついにIllustratorを使うことになった…。

家の仕事をするようになって、それまでは前述のMy Brainという描画アプリを使っていたのだけど、これで作られるデータはこのアプリでしか使えない。そして、My Brainは製造終了になっているので、ウチにあるMy Brainが使えなくなったら、抱えているデータはただのゴミでしかなくなる。

そんなわけで、描画ソフトをメジャーなIllustratorにした。

これまでPhotoshopはよく使っていたけど、Illustratorはそんなに使ったことがなかった。
写真を加工して、My Brainの方でベクター画像としてパスをトレースするには、Photoshopが欠かせない。
それに、得意先からはIllustratorデータを送ってくるので、それもMy Brainで取り込めば、きちんとパスを取ってくれる。
ぶっちゃけ、My Brainっていう描画アプリはよくできてたと思う。

Illustratorの手引きみたいな本を何冊か購入したり、図書館から分厚いヤツを借りてきて、ウチの仕事に必要な操作を粗方覚えた。


Illustratorに変えたおかげで、仕事の効率はかなり上がったと思う。
それに、仕事をしてるという感覚がない。
Illustratorで作業するのはすごく楽しい。
この楽しさは、おそらく仕事が片っ端から片付いていく感覚と、使えば使うほど直感的に操作できるようになってくるのが分かるのがすごく楽しいんだと思う。

一応、来月にはMacを導入する運びとなった。
もちろん、それに合わせてMac用のIllustrator CS3も導入。
デザイン作成なんかはMacでやって、そのデータをプロッタで書き出すのはPCで行うことになる。
まずはMacとPCの両方が共存する環境になるので、データの共有が簡単にできるようにしなくては…。
そのうち、NASも導入しよう。この場合、やっぱりTime Capsuleですよね(笑)。


Apple Store(Japan)

テクノラティ タグ :

egword、egbridgeのパッケージ販売が終了

Hit Okano's Blog:Goodbye EG
すでに Mac ユーザーの間では話題になっていますが、エルゴソフトが本日 1 月 28 日限りで egword と egbridge の販売を終了し、パッケージソフト事業を終了すると発表しました。
nobilog2:24年間、お疲れさまでした
Mac誕生の1984年からMac用ソフトを出し続けてきたエルゴソフト社がパッケージソフト事業を終了するようです。

私はegwordもegbridgeも使ってないんですが、購入は考えていました。

結局はMacOSに標準搭載されている『ことえり』を使うことにして、egbridgeもATOKも却下しました。

今回の件は、MacOS Xの日本語入力環境がすこぶる良いので、egbridgeやATOKをはじめとする日本語入力ソフトが不要になってきた、ということの表れなのかもしれませんね。

ただ、Mac初期の頃からユーザーに親しまれてきたソフトが終了してしまうのは寂しいですね。

こうなってくると、ことえりはegbridgeの分まで、さらに進化していく義務を背負ったことになりますかね。

テクノラティ タグ :

2008年1月28日月曜日

二つ名メーカー

今日は“はてな”つながりのエントリーをもうひとつ。

はてブ(はてなブックマーク)で注目のURLとして紹介されている二つ名メーカーを試してみました。


カラミティってcalamityって書くんですけど、「災難、不幸、苦難、不幸な出来事」っていう意味なんですよね…(汗

コレって、かなり微妙…。
まぁ、災難や不幸をバッサバッサ切り倒していくチェーンソー、というふうに受け止めておきます(笑)。

“二つ名”ってあるとカッコいいですよね。

“二つ名”と聞いて真っ先に思い出すのは、『鋼の錬金術師』

右腕と左足がオートメールと呼ばれる機械になっていることから、“鋼の錬金術師”の二つ名を持つエドワード・エルリック

個人的にすごく好感が持てるキャラは、“焔の錬金術師”であるロイ・マスタングですかね。

最近、コミックもガンガンもあんまり読んでないので、全然ストーリーにcatch upできてない…(でも、この間、久々にガンガンを読んだら、ストーリーに大きな進展がありました)。



テクノラティ タグ :

2008年1月27日日曜日

はてなスターを導入しました。

なにげに私がGoogle以外によく使っているところと言えば、間違いなくはてな

はてなの方にもブログ
があり、そこでは不定期だけど、愛犬のことを書いてます。

はてなのブログサービスであるはてなダイアリーには、結構魅力的な機能が付いてます。

その中でも特に

「これ、Bloggerであったらいいなぁ〜」

と思うのが、はてなスター

はてなスターがはてなにおいて導入されたのは、そんなに昔のことではなくて、たしか去年の7月のこと。

はてなダイアリーでは標準仕様でついてくるのですが、それが他のブログサービスでも使えるということで、さっそく実行に移してみました。

導入の仕方はこちらを参照。

で、書いてある通りにすれば、エントリータイトルの横に☆が表示されます。

はてなスターはじめてガイド
日々ブログを読んでいていいなと思っても、コメントを書いたりトラックバックを送るのは敷居が高く、気持ちが十分に書き手に伝わらずに終わってしまうことも多いでしょう。はてなスターは既存のブログにワンクリックで☆がつけられます。あなたのいいなと思った気持ちを☆に変えて、世界のブログに☆をつけよう!
と書かれてあるように、このブログに来てくださる方々とのコミュニケーションがなんらかの形で取れたらいいな、と思ってはてなスターを設置することにしました。

なにかピンと来るものがあったら、気軽に☆をポチッとしてくださいな。



2008年1月26日土曜日

ウチの仕事場にもそろそろMacを導入しようかと思う

これまでに何度か書いているんですが、私は本来、医師になることが目標でした。大学で心理学を専攻して、発達障害のことを詳しくやっていたので、精神科/小児科をクロスオーバーしたいな、と考えてました。

が、まぁ、いわゆる家庭の問題で、実家の仕事を手伝うことに…。

うちはサラリーマン家庭ではなく、中小企業(というか、零細企業ですね、実際は)の家庭なので、“跡取り問題”というものが付いてまわります。

私は「オマエはうちの仕事を継がなくてもいいから、勉強をしっかりがんばって、アカデミックな方面で生活していくようにしろ」というふうに育てられたので、ついこの間までは、自分が家の仕事をやるようになるとは思っても見ませんでした。

しかし、そんな私にも『○○取締役』というような肩書きが、いつの間にか付きました(苦笑)

さて、そんなことはさておき、私がいま最も仕事のことで関心を寄せているのは2つ。
  1. 自分の作業環境をWinからMacに移行
  2. 会社の経営理念を作成
1についてですが、私は会社でデザイナーみたいなことをやってるんですけど、まず作業環境が古い。

自作PCでWin98SEを走らせ、Mimaki社から出ていたMy Brainというソフトでメイン作業を行う。
このMy Brainというソフト、かなり使い勝手がいいので重宝しているんですが、発売元のMimaki社がもうサポートしていない(Win98SE以上の環境で動くか保証できない…)というだけでなく、製造もしていないという始末。

とにかくOSが古いというだけでなく、アプリの方もかなーり古いので、ここらで新しい環境に移行しようかと考えているわけです。

そこでまずはコンピュータ自体をPCからMacに変える

Apple Store(Japan)

そして、メインで使うソフトはAdobe Illustrator CS3にする。



しかし、Illustratorだけでは仕事が完結できないので、Mimaki社から出ているIllustrator用のプラグインであるFine Cutを導入。


ここで気になるのは、機器やOS、アプリ相互の互換性。

Mimaki社のサイトでその辺のところを入念にチェックして、『問題なし』と判断。
あとはいつ、どのタイミングでこの新システムに移行するか?
できれば4月までには移行したい。

そして、2ですが、これはかなり切実な問題。

いまの御時世、“経営理念”のようなものがない状態で仕事をするのは、会社の土台がないことに等しいと思います。

企業というのはただ単に利益を追求していけばいい、っていうものではないと思うんです。やっぱり、そこで働く人々が

“何のために働くのか?”

ということを常に考え、意識しながら働いていかなければならないと思うんです。

そして、企業は自分のためだけに利益をあげていればいい、というわけでもないと思います。
ダボス会議前にMicrosoftのGates会長がWall Street Journalとのインタビューに応じた際に
「社会の便利な仕組みは豊かな人々へと向かう傾向があり、すべての人々には行き渡らない。(中略)だが企業のミッションを考えれば、こうした人々への活動が必ずしも利益に結びつくものではない。そこで市場的な別のメリットが必要となる。それが "評価"だ。こうした評価は企業の評判を上げ、顧客へのアピールとなる。こうした企業に優れた人々が関心を持ち、新たなメリットが生み出される。利益と評 価……政府や企業、NPOが共同でこうした世界の問題を解決する新しい社会システム、これを"Creative Capitalism(創造的な資本主義)"と呼びたい」
と言っているように、自分たちだけが潤っていればOKという時代ではないんですよね。

そのためにも、“何のために働いているのか?”と自問しながら、

“何のためにこの会社が存在しているのか?”

ということを自らに問いながら、それを経営理念に盛り込むべきだと思うんです。

それも今年中にやっておきたいことのひとつ。がんばって成し遂げます。


なんだかダラダラと長い文章になってしまいました…(反省)

2008年1月25日金曜日

オライリー風の表紙が作れるジェネレータ

IDEA*IDEA:オライリー風の表紙がつくれるジェネレータ『O'Reilly Maker』

オライリー風の表紙が作れる画像ジェネレータが、IDEA*IDEAで紹介されていました。

そんなわけで、私もさっそく作ってみました。


こういう遊び心があるものっていいですよね。

O'Reilly Maker - Create a funny book cover!』へのリンクはこちら

テクノラティ タグ :

2008年1月24日木曜日

ドコモで.Macメールが利用可能に

.Macメールがドコモで利用可能に、ただしiモードは利用できず--日本通信の新サービス
日本通信は1月23日、Appleが提供するメールサービス「.Mac メール」をNTTドコモの端末で利用するためのサービス「ConnectMail」を2月1日に開始すると発表した。対応機種は「N2001」「N2002」「P2002」「N2051」「P2101V」など初期モデルを除くiモード対応のFOMA端末で、Appleの.Macサービスを利用しているユーザーが対象となる。
これって、ドコモがiPhone獲得にかなーりの本気モードっていうことなんでしょうか?

気になるキーワード「ConnectMail」はドコモ独自が開発したサービスではなく、日本通信ってところが開発したサービスだそう。

しかし、そのサービスを使って、ドコモがFOMA端末で.Macメールを使えるようにするというのは、明らかにドコモは来るべきiPhoneを見据えているような気がする。

そもそも、なぜケータイで.Macなのか?

しかも、「ConnectMail」は.Mac専用に開発されたサービスではないので、導入する側としてはいくらでも選択肢はあったはず。それなのに、なぜ.Macを選んだ?

これって、iPhoneはドコモから出てくるに決定でしょう。

MNP使ってドコモに乗り換えようかな…。

テクノラティ タグ :

2008年1月23日水曜日

(おそらく)今日いちばんの話題の人:藤川優里さん

痛いニュース(ノ∀`):「青森県八戸市の市議会議員・藤川優里さんが美人すぎる」…ネットで話題に
「ちゃんねるガイド」で紹介されているスレッドでは、青森県八戸市の市議会議員・藤川優里さんが美人だと話題になっている。前回の統一地方選では、2位以下に圧倒的な差をつけてトップ当選したようだ。
おそらく今日ネット中を駆け巡ったニュースの中で、一番のものといったら、たぶん藤川優里さんのニュース。

藤川優里さんは27歳で、現役青森県八戸市市議会員。
たぶん、27歳で市議会員をしている人は他にもいると思うのだけど、藤川優里さんの何がすごいのかというと、そのルックス。
そして、昨年4月の統一地方選では、2位の公明党の現職議員にダブルスコアの大差をつけて見事当選とのこと。



黒川芽以さんっぽいルックスにやられました…。
個人的にファンなんですよね、黒川芽以さんの。

それはさておき、こんな素敵な人が地方の政治を変えていこうとしているのは、とても関心が持てることです。
たとえ二次的になるとしても、藤川優里さんの存在はこれまで政治に関心を持たなかった人たちを、地方の政治に関心を持たせるきっかけになるんだと思います。

実際、昨年の統一地方選では彼女が現役市議会員をダブルスコアで下しているわけですから、それだけ地元の人の関心が高かったということに他ならないでしょう。

日本の政治を変えるのは、これまで権力の座に居座ってきたお偉いさん方ではなく、彼女のような若い芽なんだと思います。

今回、ネットでかなり話題になったので、藤川優里さんの生活がさらに多忙になるのではないでしょうか…。

しかし、藤川優里さん、きれいですよね。
…ファンになりました。

テクノラティ タグ :

Wiiを使って外科医の技術が向上

WIRED VISION: 『Wii』を使ったウォーミングアップで、外科医の技術が向上
『Wii』でウォーミングアップをした後は、外科医がうまく処置できるようになるという調査結果が報告された。調査を行なった外科医たちは、現在、Wii向けに外科手術のトレーニングソフトを開発することを計画している。

アリゾナ州フェニックスにあるBanner Good Samaritan Medical Centerに勤務する2人の外科医、Kanav Kahol氏とMarshall Smith氏は、外科の専門医学実習生がWiiのモーション・コントロール・ゲームを1時間続けると、外科手術の3D仮想トレーニング・ツールの成績が 48%向上することを発見した。

Wiiテニスをやったおかげでなってしまうという『Wii肘』なる筋肉痛みたいなものが報告されましたが、今度はその逆。

Wiiをやって外科の技術を向上させるという話。



WiiのソフトならなんでもOKというわけではなく、もちろん効果が得られるであろうソフトは決まっています。
…どんなゲームでもよいというわけではない。2人にわかっているのは、正確な、ほとんど知覚できないような手首の動きでビー玉を操って巧妙な3Dの迷路を通すことが要求される『Marble Mania』[日本での名称は『コロリンパ』]のようなゲームが最も効果的だということだ。

やはり外科の技術向上に役立つだけあって、微妙な筋肉の動きを鍛えるゲームのようですね。



私はゲームをほとんどやらないし、Wiiも持っていないので何とも言えませんが…。
会社の人に『レイトン教授と悪魔の箱』をかしてもらって1ヶ月が経とうとしていますが、未だにプレイしていません…。

たぶん、このままプレイしないで返してしまうことになるのかな…?



2008年1月21日月曜日

今年の課題

「いまさらなぜそんなことを書く?」

と自分でも思いますが、私の今年の課題はまず以下の通り。
  1. 読書:年間100冊(う〜ん、少ないのかなぁ…。もう少し読めそうな気がする)
  2. Adobe Illustratorの基本操作&ちょこっと応用をマスター(せめてベジェ曲線を自在に扱いたい)
  3. Pythonを限りなく勉強(ちょっとプログラミングをしたいので)
  4. 実用英語検定1級合格(これが一番ハードル高いかも…)

まずは1つ目の課題、読書100冊ですが、1冊目読了です。
本田直之氏著の『レバレッジ・リーディング』です。

今年は私の手がけている仕事を大きく発展させたいと考えているので、やはり先人たちの智慧を多読によって拝借していくのが得策かと…。

すでに1度読んでいるんですが、もう一度ちゃんと読んだ方がいいかもしれない。
というのは、レバレッジ・リーディングをちゃんとしてないんですよね。
これから読んでいく書物からたくさんの情報を得ていく為には、感銘を受けた場所にラインを引いたり、ページを折り曲げたり、余白にメモを書き込んだりしていかなきゃならん。

とにかく上に挙げた目標をすべてクリアできるかな?

2008年1月19日土曜日

たった3人で再現した『Saving Private Ryan』

あの歴史的名画(だと思ってますが、なにか?)『Saving Private Ryan』(邦題『プライベート・ライアン』)の冒頭の30分、つまりノルマンディー上陸作戦の映像をたった3人で再現しています。しかも、その撮影に要した期間はたったの4日間。


「プライベート・ライアン」を3人で4日で再現する!
イギリスのテレビ番組「トップ・ギア」のタレント、リチャード・ハモンドが行った実験。

三人のボンクラが、三人分の軍装と、4日の期限で、『プライベート・ライアン』のオマハ・ビーチ上陸シーン再現に挑戦。



3人で海岸を何度も往復し、それをコンピュータで合成してあたかも何百万人も海岸に上陸しているように見せています(実際のノルマンディー上陸作戦には約300万人の兵員が動員されたそうです)。

『Saving Private Ryan』は何度も見ましたが、「戦争は絶対にするものではないな…」といつも思います。

それでも、いまも地球のどこかで戦争はいまも起きているんですよね…。



2008年1月18日金曜日

Macworld 2008 keynoteがiTunesでダウンロード可!!

Macworld 2008 keynote now available in iTunes

先日のMacworld 2008でのKeynoteがiTunesにてダウンロード可能となりました。



去年のKeynoteもちゃんとダウンロードして見ましたよ〜。

Steve JobsのKeynoteはいつ見ても、ついつい身を乗り出して聞き入ってしまいます。
しかも、彼の英語は格別聞きやすい。

Podcastって、ほんとに素晴らしい発明だよなぁ〜。

テクノラティ タグ :

権利者団体「Culture First」は利権団体

日本という国に限ったことではないのだろうけれど、日本ではどうしてこうもアレな団体がこうも声高に叫ぶのだろうか?

「iPod課金」は「文化を守るため」——権利者団体が「Culture First」発表

彼らが掲げている哲学に「文化が経済至上主義の犠牲になっている」なるものがありますが、ぶっちゃけこれって、こっちが権利者団体に言いたいことそのまんまですよ。

「文化が経済至上主義の犠牲になっている」っていうフレーズは、とても耳に馴染み良いですが、これって結局、Culture Firstっていう団体の表向きのタテマエでしょう?

あらゆるタイプの芸術(音楽、絵画など)がデジタル化され、それがYouTubeをはじめとするサイトでタダ見されることに業を煮やした権利者団体が、

「じゃあ、iPodなんかのデジタル(再生)機器の値段に自分たちの取り分をあらかじめ乗せとけよ」

と裏で腹黒い魂胆丸出ししているのが容易に分かります。

「文化を守れ」と彼らは言いますが、文化を壊しているのは我々ではなく、間違いなく彼ら利権団体。
芸術作品は人々に鑑賞されて、初めてその価値を生み出します。

岡本太郎の『明日の神話』だって、メキシコにある町の資材置き場に放っておかれたのでは、人々の目に触れず、結局そのまま朽ちていってしまうだけ。

音楽だって同じことが言える。
The Beatlesの"Free as a bird"だって、ジョン・レノンの自宅に眠っていたのを掘り起こして、残りの3人で見事に名曲に仕上げたという経緯があります。



もう一度言いますが、芸術は人々の前にさらされて初めて意味を持つ。

このCulture Firstなる権利者団体は、クリエイターたちが必死の思いで作り上げた作品を我々に届かせないようにしているとしか思えない。

つまり、すべての芸術は権利者の所有物であって、我々一般の人間の手に渡らせてはダメなものだと彼らは考えているのでしょう。

「文化が経済至上主義の犠牲になっている」という彼らの主張は、本当は彼らのやっていることそのものを指しているんですよね。

umikajiさんのブログ、風のはてでとても共感できる言葉がありました。
どうやら私は認識が甘かったようです。ダウンロード違法化、ダビング10問題等の、著作権法改正問題は、単なる利益の再分配問題ではなく、文化を利権団体から私達の手に取り戻す為の戦いと考えるべきだと言うことが分かりました。
利権団体の好きなようにはさせません。

2008年1月17日木曜日

MacBook AirのCM

Appleらしい洗練されたCMになってます。



封筒から出て来るからといって、アップルストア等で封筒に入れて販売するそうではないそうです(笑)

ちなみに、MacBook Airの世界最速報は『めざましテレビ』だったそうです。
某どこかの誰かに聞いた話だと、アップル広報が日本のメディアで最も影響力を認めているのはめざましテレビとのこと。どういうコネなんだろうな、これ。
とはEVINAVIにおいてのコメント。

たしか、フジテレビの映像編集機材はほとんどがMacだったはず…。
しかし、発表当日になんでフジテレビにMacBook Airがあるんだ!?
まさにすごいコネ…。

2008年1月16日水曜日

MacBook Air登場

もうあちこちで騒がれていると思いますが、Macworld ExpoにてAppleから前評判通りのMacBookのスリム型が出ました。その名もMacBook Air!!
ひとくちにスリムといっても、写真を見る限りかなりスリムですね…。

Apple Store(Japan)

さて、このMacBook Air、すごく魅力的なのだけど、いまの自分にはどちらかというと必要ないかなぁ…。

というのは、だいたいのことはいま持っているMacBookで事足りているし、そんなに持ち運んでいるわけでもない。
まぁ、MacBookがそこそこ重い(といっても2Kgくらいだけど)ので持ち歩く気になれない、というのもあるかもしれない。

それにもし仮にMacBook Airを持ち歩くとしても、肝心のネットに繋がるためのホットスポットが少な過ぎる。
昨今では各県のターミナル駅(特に新幹線の待合室など)にも、無料のホットスポットができるようになったが、MacBook Airを使うためにわざわざそんなところに行くわけにはいかない。

それに、私がやりたいのはグラフィック関係。
そうなると、マシンにそれなりのスペックが要求される。
よって、導きだされる結論はiMacかMacBook Pro(Mac Proはコスト的に論外)。
画面がでかい方がいいので、やっぱりiMacの方がいいだろなぁ…。

私的にはMacBook Airは『どうしても欲しい!!』という類のものではないかな。
いまの自分には、Time CapusuleというNASの方が欲しいなぁ。

Apple Store(Japan)

でも、MacBook Airの登場で間違いなく、Appleはモバイルコンピュータの市場に大きな一歩を踏むことになると思う。
そのうちあちこちでMacBook Airを見かけることになるんだろうな、たぶん…。

ただ、もっとWi-Fi接続できるホットスポットがあればなぁ…。
あ、でも、そうなるとiPod touchのユーザーももっと増えることになるな。
公共の場での無線LANのインフラがもっと整わなきゃいかんよ!!

テクノラティ タグ :

2008年1月14日月曜日

"Get a Mac"の新CM

Time MachineのことをFeatureした"Get a Mac"の新CMが発表されています。



日本では"Get a Mac"のCMはずいぶん長い間お目にかかってませんが、やはり本国アメリカでは頻繁に更新されていますね。

テクノラティ タグ :

Macworld Expoの概要がリークされる!?

iPhoneの日本向けがNTTドコモから発売される!?「Mac World」の概要がリークされる

というショッキングなニュースがありました。

その内容は以下のもの。
アップルが2008年1月14日(月)から開催する「Mac World Conference & Expo」における発表内容の概要がWikipediaにリークされたそうです。それによると,iPhoneに16GBモデルが追加され,日本でのサービスが開始され,さらに,日本での提供先携帯電話事業者は「NTTDoCoMo」になるという。

この情報の真偽は分かりませんが、日本でのiPhoneデビューはカウントダウンが始まっているということなんでしょう、きっと。

まぁ、iPhoneの日本デビューも気になる話ですが、Macworld ExpoなだけにMacに関するニュースが正直一番気になります。
『There's something in the air.』という気になるコピーが、待望のスリムなMacBookファミリーの登場を予感させます…。

いよいよですね。

テクノラティ タグ :

2008年1月12日土曜日

Adobe Photoshop Elements 6 for Mac

Adobe Photoshop Elements 6 for Macintoshがようやくバージョンアップされました。

っていうか、Version 5はすっ飛ばされたんですね…。

Windows版がVersion 6までアップされているので、それに合わせて久々のMac版も一気に6までバージョンアップということですね。

ここのところ、ずっとAdobeはWindowsの方ばっかりを向いていたので、Adobe Creative Suite 3からのMac回帰の狼煙が上がっているのは嬉しい限りです。

気になる必要システム構成は以下の通りです。
  • PowerPC® G4、G5、またはインテル®プロセッサ
  • Mac OS X v.10.4.8 ~10.5.1日本語版
  • 512MB以上のRAM(1GB以上を推奨)
  • 64MB以上のVRAM
  • 1GB以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)
  • 1,024x768以上の画面解像度をサポートするディスプレイ
  • DVD-ROMドライブ
  • マルチメディア機能を利用するためにQuickTime 7日本語版
  • インターネットベースのサービスを利用するためにインターネット接続
Leopardには標準対応ですね。
私はPhotoshop Elements 4.0 for Macを持っているので、アップグレード版を購入します。

テクノラティ タグ :

2008年1月11日金曜日

すべてのおっぱい星人に…

IDEA*IDEAのエントリー、とてつもなくクリエイティブなブラジャーの広告で面白い動画が紹介されていました。

とにかく真ん中の白い点をずっと見つめていてください(1分もない動画です)。



どうです、スゴイでしょ!?

こういうCMを作れる人って、ほんとに遊び心がありながらセンスがあるなぁ…と思います。
恐れ入りました!!

テクノラティ タグ :

Dishwasher for cleaning keyboards

Cult of Macより

It's Official: Dishwashers Are Great For Cleaning Keyboards

「そんなこと、ありえないだろう?」

と思いましたが、コーヒーをこぼしてしまったキーボードを洗うのに、ディッシュウォシャー(食器洗い機)を使用した人の話。

キーボードについたコーヒーを洗い落とすのには成功したようですが、キーボードの内部から水を完全に蒸発させるのに、かなりの日数を要したようです。

何よりもキーボードを食器洗い機で洗う、という発想に脱帽。

テクノラティ タグ :

2008年1月10日木曜日

livedoorネットアニメを見る

普段、ライブドアを使うことはあんまりないので気づかなかったのですが、『livedoorネットアニメ』なるものが生まれているんですね。

キッズステーション『くわがたツマミ』を見ていたので、ここはラレコさんの『くわがたツマミ』を紹介。

くわがたツマミ 第50話「朝は大変」


そういえば、NHKの『トップランナー』ラレコさんが出ていましたね

finalventさんのfinalventの日記にそのときのことが書かれていました。

自分も見ていたんだけど、素直に

「30過ぎてもゼロから花を咲かせられるようになるんだな…」

とほっとしたことを覚えてます…。

自分から限界を作っていちゃあ、あかんよね。
「無理だろうな」と自分からチャンスを摘み取ってしまうんではなくて、「やってやろうじゃん!!」くらいの気持ちがないと。

チャンスは待つのではなく、作るもの。
仕事、がんばります。



テレビでYouTubeを見る時代が来る

グーグルと松下が提携、ビエラからYouTubeにアクセス

松下電器産業は1月7日、同社のインターネット対応プラズマテレビに、動画共有サイト「YouTube」とウェブアルバム「Picasa」にアクセスできる機能を搭載することを発表した。YouTubeとPicasaはいずれもGoogle傘下のサービスだ。今春より北米市場に投入する。

ということなのだけど、お茶の間でYouTubeが見れるようになる。

正直なところ、お茶の間でPicasaは似合っていると思うけど、YouTubeは似合わないような気がするんだが…(汗

個人的に思うのが、

「テレビでYouTubeを見て、何が面白いの?」

というところ。

『さんまのからくりTV』に出てくるような、おもしろビデオを見るなら理解できるが、ただそれだけのためにYouTubeを見る気にはなれない。アメリカではどうなのか分からないけれど、著作権にうるさい日本で、テレビでYouTUbeが見れるようになることのメリットがあるのか?

日本のテレビ局が過去に放映した番組のアーカイブをYouTube上に設置してくれて、それを自由に見れるというのなら話は別だけど…。

少なくともNHKくらいは、そんなことをやってくれてもいいなじゃないかな〜。

私たちの支払っている受信料で番組を作成している(厳密にはそうではないだろうけど)わけなんだから、『NHKスペシャル』とか『プロジェクトX』とか『プロフェッショナル 仕事の流儀』とか過去の大河ドラマを見せてくれてもいいんじゃない?

しかし、一番気になるのは、日本が完全にインターネットというインフラにおいては、完全にアメリカに出遅れていること。

プラズマテレビや液晶テレビ、有機ELテレビなど、製造に関する技術革新においては目覚ましいものがあるけれど、インターネット上ではもはやGoogleの独壇場。そのうち、MicorosoftやYahoo!も同じようなことをしてくるに違いないが、技術的にはGoogleには追いつけないんじゃないか、たぶん。いまの日本では上記の3社に拮抗するような技術を持つ企業はないんじゃないか。もちろん、希望がないとは言えないけれど…。

テクノラティ タグ :

2008年1月9日水曜日

Mac Proがアップデート

新しいMac ProがAppleの公式HPで発表されていることを、ネタフルさん経由で知りました。


それまでは8コア仕様(CPUはIntel Xeonプロセッサ)はMac Proでも最上位モデルのみだったようですが、今回の新Mac Proでは8コアが標準仕様になってます。
しかも、それによって新Mac Proでは、従来のMac Proのスピードの2倍にすることが可能になったようです。

従来のMac Proの2倍のスピードって、どんだけ速いんだ〜?
Mac史上最速のマシンであることに間違いないですね。

Appleからの新型Mac Proに関するNews Releaseはこちら

Apple Store(Japan)


ちなみに…といってはなんですけど、新XServeも発表されてるようですね。

テクノラティ タグ :

禁煙について考えてみる

昨日、禁煙タクシーのニュースが話題に上がっていたので、今日は禁煙について。

私もタバコ吸ってましたけど、タバコを吸うのが面倒臭くなってやめちゃったんですよね…。その頃のことをちょっと話すと、こんな感じです。

当時、ロスアンゼルスの大学に通っていた私の関心事は2つ。
  1. 大学の授業についていくこと。
  2. そして、すべてのクラスでA(日本でいう『優』ですね)を取ること。
いままでの人生の中で、猛烈に勉強しました。
日本での受験勉強よりも勉強しました。

そうしてると、勉強>タバコとなって喫煙が面倒になったので、そのままプッツリ止めてしまった…というわけです。

これは私の場合で、特異な例だと思いますけど、一般に喫煙習慣は一種の中毒と考えた方がいいです。いわゆるニコチン中毒(ニコ厨ではない)。

そうなると、『根性』とか『意志の力』とかそういうのは、正直あんまり意味を成さなくなります。

手っ取り早いのは、病院の禁煙外来に足を運ぶこと。
でも、禁煙外来にかかったからって、すんなり禁煙できるわけじゃありません。すべての病気に言えることですが、担当医師との連携が必要。

おそらくニコチンパッドを貼ったり、ニコチンガムを噛んだりするところから始まるはず。そして、徐々にパッドに含まれているニコチンの量やニコチンガムの量を減らしていくはず。

タバコを吸いたい気持ちは、歯磨きやアメ・ガムを頬張ることで抑える。
ここの辺は『根性』とか『意志の強さ』が必要になりそうですが、それよりももっと必要なものがあります。それは「何のために禁煙するのか?」という目的意識。

健康のため、家族のため、目的は何だっていい。
その目的意識を高めるには、喫煙により引き起こされる病気について、ひと通り学んでおくのもいいかもしれないですね。
喫煙の習慣があって健康に何の問題もない時期はイメージし難いかもしれないけれど、いったん病気になってしまってからでは後戻りできないことが多い。

そう思うと、禁煙とダイエットは非常によく似ていると思う。
だからといって、ダイエットができないから、禁煙もできないということはないと思う。事実、私はダイエットには失敗しているけれど、禁煙には成功しているし…。

それから考察して、禁煙について肝に銘じておくべきことは3つ。
  1. 禁煙する目的を明確にする
    これなしでただ単に「禁煙する!!」と宣言しても、それは『絵に描いた餅』に過ぎない。

  2. まずは減煙。そして禁煙へ
    日に何十本も吸うようなヘビースモーカーが、明日から1日に数本しか吸わない、なんてのは愚の骨頂。徐々に本数を減らしていき、最終的に0本になることを目指す。禁煙に至る時間は個人によって変わってくると思うので、そこは禁煙外来のドクターに相談した方がいいかも。

  3. 禁煙できている自分をイメージする
    何事にもイメージトレーニングは大切。禁煙できている自分を頭の中に描くことこそが、禁煙への第一歩。禁煙することによって、かなりの小遣いの節約になること間違いなし。そのお金で自分にご褒美もいいかも。
という感じで、個人的な禁煙に関する考えを述べてみました。

2008年1月8日火曜日

2月に沖縄に…

この間の日曜日に、岡山市高松にある最上稲荷に初詣に行って来ました。


高校受験や大学受験のときには必ず初詣に訪れていたところですが、ここ数年は全然行ってませんでした。そもそも、初詣というものをしてませんでしたから…。

初詣とくれば、おみくじ。
久々におみくじを引いてみると、なんと“大吉”ではありませんか!!
今年はなかなかいい年になるのかな?
いや、そんな受け身ではダメだ。
“いい年にする”というふうにしなければ!!

さて、そんな私ですが、今年最初の大イベントは(予定では)2月にやってきます。

それは初めての沖縄出張(旅行?)。

うちの仕事関連の会合で、これまでは東京、大阪、仙台、九州などと開催されていた(らしい)ものが、今年は沖縄で行われるということです。

例年は父親が出向いていたのですが、病気だから無理なので私が代わりに行くことになりました。

2泊3日の出張になりますが、こういうところに参加するのはもちろん初めてなので、

「顔を売って来なければ…」

といまからプレッシャーを感じています。

一応、今日、沖縄へのエアチケットをネットで購入し、コンビニで決済。
ただ、これが「伊丹〜那覇」間のチケットなので、岡山から伊丹空港まで行かねばなりません…。
調べた限りでは、岡山から那覇空港への直行便って出てないみたいなんですよね…。

それから、沖縄での宿泊先は去年のうちに手配しておいたので問題なし。

あとは持って行く一眼レフを入れるバッグを新調することぐらいか…。


沖縄にMacBookは…

残念だけど持って行けないだろうなぁ…。
荷物になるもんなぁ。
しかも、結構重い荷物に…。
それにネットにアクセスできる時間があるのかどうかも怪しいし。

2月の沖縄って、半袖で歩けるんだろうか…?

テクノラティ タグ :

2008年1月6日日曜日

今年の抱負〜時間管理〜

今年の抱負というほどのものではないのですが、今年は年間を通してこれまで以上に時間管理について取り組みたいと思います。

というのは、これまでの私の時間管理術というのはあってないようなもので、2007年を振り返ってみれば、

「きっとあんなこともこんなこともできたはずだろうなぁ…」


と思い返すことがいくつかあります。

そこで、今年は時間管理の仕方にテコ入れをして、無駄を極力省いていこうと思うわけです。

まず、時間を無駄に使っていると感じるのが、このブログを書く際、たったひとつのエントリーに延々と時間をかけること。
あれこれと他の人のブログやニュース記事を読んで時間がかかってしまっているというのが現状で、それはそれで良いとは思うのですが、自分に与えられている時間は無限でなく有限という事実をひっくり返すことはできません。

そもそも、

1日には24時間しかない

という、どうにもならない現実があるため、やろうと思っていることをすべてこなそうとしたら、時間の無駄遣いだけは極力避けなければならないんです。

そこで、

ブログは1日に多くても2エントリーにする

ということにし、

1つのエントリーに対してかける時間は30分とする

ということに決めます。

そうなってくると、日中にあれこれとブログのネタを考えることになり、自分自身の本業とマルチタスク状態になることは必至ですが、それはそれで自分の体内にあるCPUつまり脳を最大限に活用することになり、これってかえっていい結果を出せるんじゃないかと思うんです。

そんなわけで、私の今年の目標/抱負は時間管理術に長けるということです。

テクノラティ タグ :

ゼロの使い魔 第3シリーズ制作決定


密かに前2作ともしっかり見ていた元祖ツンデレアニメ『ゼロの使い魔』の第3シリーズが制作決定のようです。

個人的に、第2シリーズの出来にちょっと不満だった(もちろん、ルイズのツンデレはいいんだけど…)ので、第3シリーズは第1シリーズを超えるものにしてほしいです。

ゼロの使い魔 オフィシャルサイト

テクノラティ タグ :

2008年1月4日金曜日

Blu-Ray対応のMacが登場?

Appleが新型MacにBlu-Ray対応の光学ドライブを搭載するだろう、という噂が流れています。

AppleInsiderより
In a report issued to clients early Thursday morning, American Technology Research analyst Shaw Wu cited sources who say the Cupertino-based Mac maker, which already occupies a seat on the Blu-ray consortium, is set to begin shipping some of its computers with support for the next-generation DVD format.


次期DVD規格においては、HD-DVDはBlu-Rayに大きく差を開けられているような気がします。
そもそも、SONY、松下、シャープ陣営(Blu-Ray陣営)が非常に強力でHD-DVD陣営の東芝の力不足かと…。

ちょっと調べてみると、AppleはBlu-Ray規格に参入し、MicrosoftはHD-DVD規格に参入しているという図は面白いですね。
今回の次期DVD規格競争は、どうやらBlu-Rayの圧倒的勝利になりそうなので、Appleがニンマリですね。

とはいっても、私はあんまりBlu-RayのこともHD-DVDのこともあんまり詳しくないので、Wikipediaでちょっと勉強しないとあれこれと語れそうにないです…。


テクノラティ タグ :

iKnowから年賀状が来ました。

昨年の暮れに会員になったiKnowから年賀状が届いてました。



最近、ちょっとご無沙汰になっているので、明日くらいにまたアクセスして英語を学習します。

テクノラティ タグ :

iPhone/iPod touchのすごいアプリ

The Secret Diary of Steve Jobsで紹介されていたiPhone(iPod touch?)のアプリの動画です。



「だから何?」

とツッコミが入りそうなアプリですけど、これってすごくないですか?

すごく楽しそう☆

テクノラティ タグ :

2008年1月3日木曜日

チェ・ゲバラを見る

新年の挨拶以来のエントリーとなります。

今年の正月はほとんどテレビやDVDを見てた感じになります。
昨年(一昨年も?)に続き、お笑いブームはいまのところ健在ですね。
特に、小島よしおの金太郎飴状態の露出っぷりには、“旬”を感じさせてくれます。
彼の勢いがいったいどこまで続くのか、ちょっと見物です。

それはさておき、昨年末からこの年始にかけて立て続けにある人物のドキュメンタリー的な番組を見る機会がありました。

その人物は、キューバのゲリラ指導者チェ・ゲバラでした。

一応、一般知識としてゲバラのことは知っていましたが、ちゃんと彼の生い立ちを知ることになったのは今回が初めて。

誕生日が1日違い、というのと医学部に進学していたというところが、なんとなく自分に似通っていて、妙に親近感が湧きました。

しかし、彼は強靭な精神力を持ち、不断の実行力を示していたのだから、やはり自分とはかなり違うということを感じずにはいられません。

やはり、生温い環境に身を置いていたのではいけないな…と思いました。
いや、環境が生温いというのではなく、自分自身の精神状態が生温いのが良くないのだろうな。
具体的な目標を決めて、それを実現するように日々努力しなければ。

ゲバラの精神をもっと学ぶために、彼が医学生の頃にオートバイで南米を放浪した旅行記『モーターサイクル南米旅行日記』を読み、その映画『モーターサイクルダイアリーズ』を見ようと思います。





テクノラティ タグ :

2008年1月1日火曜日

A Happy New Year!!


あけましておめでとうございます。

今年もしっかりとブログを書いていきますんで、よろしくお願いします。

Zenback