2008年2月29日金曜日

トラックバック機能を付けました。

他のブログサービスにあって、Bloggerにないもの。

それは“トラックバック”ですよね。そう、Trackbackです。略してTBです。

自分のブログにTBがどれだけの需要があるのか分かりませんが、一応つけてみることにしました。

ピクチャ 1.png

BloggerにTBをつけるには、いろいろと方法があるようですが、私はHaloscanを利用しました。

haloscan.jpg

BloggerにTBを導入する方法をサクッと紹介すると、まず、Haloscanにアクセスし、自分のアカウントを作成します。難しい者ではないので、数分でHaloscanにおける自分のアカウントを作成することができるでしょう。

そして、次はHaloscanの"Install"をクリックし、Blogger or Blogspot (New Version / Google Login)を選びます。新しいBloggerでは、TBのインストールがかなり簡単になっています。

haloscan2.jpg

このあとは、HaloscanのInstructionに従うだけですが、英語を読むことを求められます。「英語は苦手…」なんてことは言わずに、がんばりましょう。

詳しい開設はこちらのブログを参考にするといいですよ。

Hit Okano's Blog: How to send a trackback ping from haloscan.

クリボウの Blogger 入門: トラックバック

テクノラティ タグ :

2008年2月28日木曜日

新しいiPod touchのCM

新しいiPod touchのCMがリリースされたようですね。



こうしてまざまざとiPod touchがいかに他のiPodと異なるのかを見せつけられると、やっぱり欲しくなってきます…。

でも、iPhoneを待たなければ…。

ただ、ほんとにiPhoneが日本に上陸するのか、ちょっと不安なんですけど。

テクノラティ タグ :

原油高=ガンプラ値上がりの予感

「ガンプラ」値上げ検討 バンダイ、原油高影響で - ITmedia News
バンダイは2月27日、「機動戦士ガンダム」のプラモデルの値上げを検討していることを明らかにした。原油高の影響で、材料費の価格が高騰していることなどが理由だ。
石油の価格が高騰し始めた頃から気になっていたことなんですが、それが現実に起こりそうです。

そう、機動戦士ガンダムのプラモデル、通称ガンプラの値上がりです。

原油の値上がりでいろんなものが値上がりしてきているのに、なんでガンプラが値上がりしないのか、ずっと不思議に思っていたんです。

まぁ、MGとかはいったい何を基準にしているのか分からないような価格帯ですが、概ね3,000~6,000円あたりに価格設定がなされていますが、これが4,000円台スタートってことになるんでしょうね。

そして、分かりやすいのはFGのガンプラ。この辺は500円前後だから、それが700円とかになるんじゃないでしょうかね。

最近はガンプラを作る暇も気力もなくなってしまって、作りかけの『MGストライクフリーダムガンダム』が残っているんですが、これは今年中に作れればいいかな…なんて思っています。

私がガンプラを作る際に最も必要とするのは、まとまった時間ではなく、「さあ、作るぞ!!」というモチベーション(まぁ、簡単にいうと“思い入れ”ですね。)。これがないと、とてもじゃないけど、ガンプラを作れません…。最後に作ったガンプラは『MGクロスボーンガンダム』。これは私が歴代ガンダムの中で、最も好きなガンダムなので完成させることができました。

そういう意味で考えると、『MGストライクフリーダムガンダム』はかなり微妙なガンダムです。というのは、私自身が『機動戦士ガンダムSEED Destiny』を好きでないという背景があります。さらに、後半の主人公機であるストライクフリーダムガンダムは、あまりにも無敵すぎてちっとも感情移入ができなかったガンダムなのです。だから、『MGストライクフリーダムガンダム』にもそのまま、自分の思い入れが反映されています。

もし、これが『MGフリーダムガンダム』だったら話は真逆になるでしょう。フリーダムガンダムは私がかなり熱を上げたガンダムであるからです。やっぱ、恋愛と同じで、ガンプラ作りにもそれなりの思い入れというのは大切です。

実はいま一番気になるのは、リボルテックの『真ゲッター1』。買おうかどうか迷っているところです。

話が脱線してしまいましたが、石油が枯渇したらガンプラなんて存在しなくなるんでしょうかね…(汗)



2008年2月27日水曜日

新型MacBook Pro、MacBookが登場

MacBook、12万9800円からに--新型MacBook Proも登場:ニュース - CNET Japan
アップルは2月26日、噂どおり、新型のMacBook Pro、さらにMacBookを発表した。MacBookは価格が12万9800円からとなり、MacBook Proにはマルチタッチジェスチャーをサポートするトラックパッドが搭載される。
かねてより噂のあったMacBookシリーズの長男坊と次男坊のアップデートです。

MacBook.jpg
まず、MacBook ProにはMacBook Airで搭載されたMulti-touch trackpadが採用されています。でも、MacBookには採用は見送られたようです…。やっぱり長男坊は扱いが違う。

また、「時代の変遷だなぁ…」と感慨深いのは、標準メモリの容量。

標準で2GBですかい…。自分の持ってる初代MacBookは標準で512MBだったんですが、時の流れってすごいものですね。まぁ、メモリの価格がかなり下がってくれたおかげで、私のMacBookも2GBになりましたけど…。

でも、新型MacBook ProもMacBookも最大4GBまで積めるんですよね…。いいなぁ…。

もちろん、メモリだけでなく、CPUの方も新型Core2Duoが搭載され、さらに高速化するとのことです。

驚きなのはMacBookの最も安価なものが12万9000円という価格で、これはスペック的に見てもかなりお買い得なのではないでしょうか。さらに、それほどグラフィック系の処理をしないのであれば、最安価のMacBook Proではなく、MacBookの黒モデルで十分でしょうね。

でも、「MacBook ProでMulti-touch trackpadをどうしても使いたい!!」という人はMacBook Proを買いましょう。

自分的にはそろそろMacBook Proが欲しいなぁ…と思うのですが、先日iMacを仕事用に購入したばかりだし、今年は人生を変えるイベントが待ち受けている(と思う)ので、先立つものが必要だし、すんなりMacBook Proを買えそうにないなぁ。

でも、自分の仕事上、いずれは仕事場ではiMac、外ではMacBook Proという形にしたいので、がんばって稼がなければなりませんね。もしくは、宝くじを当てるか…。

あ、グリーンジャンボをまだ買ってなかった!!買いに行かなきゃ!!

テクノラティ タグ :

2008年2月26日火曜日

岡山を魅力的な土地にしたい。

米国から京都へ はてな近藤社長の真意は - ITmedia News

ちょっと前のITmedia Newsの記事ですが、京都に住んでいた者としては、何か言わずにはいられないので結局エントリー書きます。

少し前のエントリーで、はてなが京都に帰ってくることを書いたのですが、今日はそれとは少し違った思いを綴ってみようと思います。簡単に言うと、京都に対する嫉妬。
学生や留学生の多い京都。若い人材を幅広く採用しつつさまざまな人と交流し、「こもらないようにしたい」という。
京都に住んでいたのでよく分かるんですが、京都には京都大学をはじめ、多くの大学が存在します。多くの大学が存在するということは、それだけで才気あふれる若い人たちの母集団がかなりでかいということ。もちろん、それは東京でも同じことが言えるんでしょうが、京都には流行には流されない確固たるヴィジョンを持った若い人たちが多くいるような気がするんです。

私がそれが羨ましい…。

「岡山で才気あふれる若い人たちがいないのか?」

と問われれば、そんなことはないと思いますが、やはり母集団の規模が違います。それに、なんつったって、存在する大学の数が違いますよ…。

いずれは学生を雇用したいと考えている側としては、京都の母集団は限りなく眩しく見えてしまうわけなんです。でも、そんなことを言っては、岡山県に失礼すぎます。だったら、どうすればいいのか?

やはり、才気あふれる若い人たちが集う土地にしていくことが必要。そのためには、その原動力となるランドマーク的な存在が必要になってくる。それは大学であってもいいし、企業であってもいい。できれば、才能ある学生さんたちが岡山に残っていくためには、魅力的な企業がひとつでも多くあることの方がいい。

自分の会社も岡山(岡山市にはないけど…)にあるのだけど、そういった存在になれればいいと思う。でも、その前にこの会社がちゃんとしっかりしたものにならなくちゃならないんですよね…。自分のとこの家業ですけど、創業何年なのか全然知らないんですよ。でも、創業○○年とかは関係ないと思うんです。大事なのは会社としてその使命を全うしているかどうかということ。

そう考えると、ウチはまだまだ発展途上。1年後にスゴイ会社になることは無理かもしれないけれど、3年後あたりには立派な状態にしておきたいです。そのためには、まず自分が率先して会社を変えていかなくては…。

テクノラティ タグ :

2008年2月25日月曜日

ポラロイドのインスタント写真が消える。

ポラロイド、インスタントフィルムの発売を今夏に終了:ニュース - CNET Japan

ポラロイド、インスタントフィルムの生産終了 - ITmedia News

私にとって、ポラロイド社製のカメラは「撮った瞬間に写真を現像してくれる魔法のカメラ」というものでした。

子供のころ、家族で大阪に旅行に行ったときなんか、そのポラロイドカメラがすんごく活躍したのを覚えています。大阪城でカシャカシャと何度シャッターを切ったことでしょうか…。画質はもちろん35mmのカメラの方が上ですが、ポラロイドのインスタントフィルムはその場ですぐに写真を見れるという手軽さが、子供の自分にとっては大ウケだったのです。

そのポラロイドがインスタントフィルムの発売を終了させるとのことです。
しかし、
米Polaroidの創始者であるエドウィン・ランド博士は生前に「将来的には、デジタル化も視野に入れたインスタントカメラを開発したい」と語っており、今後その理念の元、デジタルインスタント製品の提供を進めるとしている。

との話もあり、今後のインスタントカメラに期待したいですね。



ところで、「1日2エントリーまで」という自分のルールを今日は破ってしまいました。いろいろと書きたいことがあったので…。

2008年2月24日日曜日

ロシアにGmailを広めよう

Google Mania: Gmailのアート広告より、Gmailの広告の動画がアップされていました。


どうやらロシア向けのGmailの広告のようですが、ずいぶんと手の込んだ広告ですね。

でも、こういう遊び心満載のところなんて、実にGoogleらしいと思います。

この巨大アートをやっている人たちがGoogleのエンジニアだったらかなりの驚きですが、そんなことってまずありえないでしょうね。

テクノラティ タグ :

27年目のロス疑惑

[N] 三浦和義容疑者、サイパンで逮捕

ネタフルさんで「三浦和義容疑者、サイパンで逮捕」とのエントリーがあったので、それにピンと反応してました。

ロス疑惑の三浦和義容疑者サイパンで逮捕という記事によると、
米ロサンゼルス市警は23日、81年にロサンゼルスで妻を殺害したとして、殺人などの容疑で、三浦和義容疑者(60)が米国自治領サイパン島で22日午後逮捕されたと発表した。米捜査当局が「新証拠」を見つけたという。


「新証拠」とは気になりますねぇ…。

っていうか、若い人たちは「ロス疑惑って何?」と疑問に思っているかもしれませんね。

まぁ、早い話が保険金殺人です。

詳細はWikipediaのロス疑惑をご覧ください。

日本ではロス疑惑における三浦容疑者の立場は無罪なのですが、事件の起きたカリフォルニア州では時効制度がないため、事件は27年前からずっと進行形だったそうです。そして、今回、なにか大きな証拠が見つかり、三浦容疑者の再逮捕につながったようです。

27年前に起きた事件の真実がようやく解き明かされることになるのでしょうか…?

気になります。

テクノラティ タグ :

2008年2月23日土曜日

田舎者は都会に出て勉強するべき

田舎者は都会に出て勉強するべき。

それは私が地方に住んでいて、つくづく思うこと。

実際に都会に出て行くのも良し。または、インターネットという情報の都会に出て行くのも良し。

いけないのは、そのどちらもしないこと。

世界は案外、自分が思っているようなところではない可能性がある。

「SONYは世界の一歩先を行っている」

とは私の知り合いの言葉なのだけど、私はそれは違うと思う。

「SONYは完全に出遅れている」

それが私の認識。

もちろん。有機ELディスプレイなどの技術では最先端を行っているのかもしれないけれど、SONYがそんなに世界の最先端企業だとは到底思えない。もし世界の最先端企業をあげろと言われたら、私は間違いなくAppleと答える。まぁ、私がMacユーザーだということで多少の偏見が入っているかもしれないが、iPhoneというデバイスを完成させた時点で、文句なしに世界の最先端企業だと思う。

しかし、私の知り合いはiPodというデバイス自体に詳しくないので、ある意味、彼と私の間には大きなデジタルデバイドなるものが存在しているのかもしれない。

このまま書くと、iPod云々とか延々に書きそうなので、サクッと思うことだけを書くことにしよう。

田舎者の何がいけないかというと、自分の世界観を信頼し過ぎ。コケの生えそうな情報だけで生きていてはいけない。

『井の中の蛙、大海を知らず』では困るのだ、少なくともビジネスをやっていく上では。

だから、田舎者は都会に出て情報を吸収して来なきゃならない。それはもちろん、自分に対しても言える。だから、もっと勉強しなくちゃ、と思う。

格差社会が生まれるのは、まず情報に対する貪欲さの差から生まれてきているんじゃないのか?

そんなふうに思う。

テクノラティ タグ :

2008年2月21日木曜日

鼻炎で仕事にならん。

dog.jpg昨日から続いている鼻炎が止まりません。

四六時中、ティッシュで鼻をかむ始末…。

鼻のかみ過ぎで、鼻の頭を擦りむいた感じになっちゃいました。

痛いですよね、そうなると…。
あ〜、頭がぼう〜っとする…。

ところで、今日、オンラインのアップルストアにて仕事用のiMacを購入しました。

ウチに届くのは今月の末だそう。ちょっくらカスタマイズしたから、それで発送が遅くなるようです。


そして、AppleCare Protection for iMacもついでに購入。

『転ばぬ先の杖』としてMacBookの購入のときにも、AppleCareは買ったんですけど、皆さん、AppleCareって購入されているんでしょうかね…。


Apple Store(Japan)

テクノラティ タグ :

2008年2月20日水曜日

鼻風邪を引いてしまったようです。

先日の沖縄出張から帰ってきてから、

「どうも鼻がムズムズ&涙目になるなぁ…」

と思っていたら、どうやら鼻風邪を引いてしまったようです…。

もちろん、症状的に花粉症の疑いもあるわけですが…。

鼻風邪の場合、たぶん、タバコの煙にやられたんだろうと思います。

昔は自分も喫煙者だったんですが、アメリカにいたときに禁煙してから、嫌煙家に“メタモルフォーゼ”してしまいました。

それで、先日の沖縄出張の際、一緒に行っていた方々のほとんどがあちこちでタバコをお吸いになるので、それで鼻の粘膜をやられたのだろう、というのが私の勝手な解釈です。

愛煙家の方々には申し訳ないですが、タバコを吸わない人間が近くにいるときには、もうちょっとは気を遣ってほしいですね。

Life is limited.

地球の中心 Blog: 調査捕鯨を理解してますか?

最初はコメントにしようと思っていたのだけれど、書いているうちにどんどん長くなったので、エントリーにすることにしました。

さて、ここからがその内容。

keiさん、試験勉強の最中、お疲れさまです。

ところで、やはり、あのコメントに反応されましたかぁ。
実は、自分もあのコメントの煽り口調にはちょっと不快感を抱きました。
あの上から物を言ってる感じがよくないですよね。

まぁ、ネット上にはいろんな人がいるから、こういう人もいるんだな…と思いましたが…。また、自分のブログの名前を書いているあたり、「売名行為か?」とも思いました。

しかし、こんなことに意識を邪魔されず、まずはStudy hard!!

受験というのは人生に何度かありますが、決して悪いものと思いますよ。

人が生きている間に、何かにその全身全霊を注ぐようなイベントって、そんなにないと思うんです。もちろん、「毎日がバトルだ!!」みたいな人は、毎日全身全霊を尽くしているのでしょうけど…。

受験って、たしかに苦しいものですけど、これがあるから自分に自信が持てるようになるのではないかと思うんです。

受験勉強をすることで、急激に知識の量が増え、これが後の人生経験に効いてくる。知識が豊富であることは、物事を多角的に見つめることができるようになる第一歩ですから、受験勉強を通じてたくさんの知識・情報を身につけてください。また、受験勉強そのものがひとつの大きな経験となって、これからのkeiさんを後押ししてくれる役割を果たしてくれるはずです。

かのSteve JobsがStanford UniversityのCommencement addressにおいて、こう言っています:
you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

(人生における出来事である)点を前を向きながら繋げることはできない。後ろを振り返ったときにのみ、点を繋ぐことはできるのだ。だから、点が何らかの形で未来で結びつくことを信じなければならない。

惰訳ですいません…。

しかし、いまやっていることはいずれ後の人生のどこかで繋がってくるはずなんです。たとえ、いまはそれがとても無機質なものに感じられても…。

長くなりましたが、残りの時間をフルに利用してください。

Your time is limited.

お小遣いで買えるiPod -新iPod shuffle-

iPod shuffleが5,800円に
2008年2月19日、アップルは本日、世界で最もウェアラブルなミュージックプレーヤー、iPod® shuffle(アイポッドシャッフル)の価格を5,800円に改訂し、新たに2GBモデルのiPod shuffle(7,800円)が追加されることを発表しました。

ipod-shuffle.jpg

「なんだよ、そりゃ〜!?」

とひっくり返ってしまいそうなニュースですが、iPod shuffleがこれほどまでに低価格になるということは、フラッシュメモリがそれだけ低価格で供給されているということ。

たしか、この間、岡山のビックカメラに行ったときに2GBのSDカードが2000円とかだったもんなぁ…。

その昔、128MBに6000円くらい払っていた自分がすごく哀れに思えてくる…。

気軽にお小遣いで買えちゃうiPodの登場ですね、これって。

Apple Store(Japan)




テクノラティ タグ :

2008年2月18日月曜日

沖縄から帰ってきました。

2月15日からの沖縄出張から帰ってきました。

前述の通り、これがはじめての沖縄。

人づてに聞いていた沖縄の気温とは異なり、結構肌寒かったです。

それ以前に、日本全土に大寒波が押し寄せていたようですね。だから、沖縄でもそこそこ肌寒かったのか…。

seesar.gif


2泊3日の沖縄出張でしたが、予想通り半分は観光で、もう半分が仕事関連になりました。

観光で最初に足を運んだのは、嘉手納基地。

しかし、当初は基地内に入れる予定でしたが、例の事件の影響で、基地の中には入れませんでした。その代わり、道の駅かでなで基地から発進する戦闘機などを見ていました。

自分の毎日の暮らしの中に米軍基地なんてものは出てきませんし、戦闘訓練だとか、そういったものとはまったくと言っていいほど無縁な生活を私(たち)は送っているんですよね…。沖縄に来ると、つくづくそのことを思いました。たしかに、米軍基地の存在に対しての意識の温度差というものは、本土と沖縄の間にはあるのではないかと思います。しかし、これは沖縄だけの問題ではなく、日本国民がもっともっと意識していかなければならいことだと思います。

2日目は沖縄美ら海水族館に行ってきました。

実を言うと、私は動物園や水族館が大好きなので、ここはかなーりお気に入りになりました。あまり細かくは書けませんが、イルカのおきちゃん劇場(イルカのショー)は素晴らしかったです。「やっぱりイルカはすごいな〜」のひと言に尽きます。ふと思ったのは、イルカと犬ってなんか似ていると思うんですよね。すごく純粋なところなんか、良く似ていると思うんですが…。

2日目の夜は総会です。

これも書き始めるとすごーく長くなってしまうので端折りますが、総会後の懇親会は名刺配りに東奔西走してました。その後の二次会、三次会にも足を運んだおかげで、翌朝は久々の二日酔いになりました…。

3日目、同業者の工場を見学に行きました。
こういう機会ってなかなかないので勉強になります。自分の仕事場にも取り入れられそうなことなんかは、どんどん取り入れて改良して仕事の能率を上げていきたいものです。

その後はDuty Free Shopで昼食とお買い物。時間的になかなかtightだったので、頼まれていたものを購入できるか微妙だったのですが、なんとか任務完了。

このあとは沖縄の国際通りに向かう人々と、空港に向かう人々の2通りに分かれました。私は那覇空港を14:10に出発する飛行機に乗ることになっていたので、空港へ。そして、空港でさらにまたお土産を買うことに。お土産だらけで荷物が一気に増えて、かなり体力的に堪えました…。ん〜、お土産とかはバッと買って、空輸で一気に送ってしまうのが理想ですね。

で、伊丹空港に着くと、雪が降っているじゃありませんか!?

沖縄での恰好のまんま帰ってきたので、すごく寒かった…。

また行きたい、沖縄。

flower.jpg


テクノラティ タグ :

2008年2月15日金曜日

はてなが京都に帰ってくる!!

はてな本社が京都に移転 「京都を日本のシリコンバレーに」 - ITmedia News

はてなは2月14日、4月に本社を東京から京都に移転すると発表した。東京と米国支社に分散していた開発スタッフを京都に集め、ものづくりの拠点にする。米国支社に常駐していた同社の近藤淳也社長も京都に移る。営業やサポートスタッフは東京に残す。

私と京都の縁は実に深い。

私が京都の駿台で予備校生をしていたのは、早15年くらい前か…。

結局、日本の大学には相手にしてもらえなかったので、コツコツとバイトでお金を貯めてアメリカの大学(最初はCommunity collegeへ)に留学した。この判断は私の人生の中でも、最高の英断であったと思う。そして、アメリカで5年間、心理学と神経学を学んだ。そして、帰国。

帰国して私が住み始めたのは、やはり京都。

京都という土地に住み慣れているし、当時付き合っていた彼女は関西に住んでいたし、ついでに仕事も京都で見つかったし、自分にとっては京都は第2の故郷のようなところなのかもしれない。

さて、話をはてなに戻すと、はてなが産声を上げたのは2001年。

ちょうど私が帰国した年だ。

その後、はてなは京都から東京に移転し、アメリカに支社も作った。

そのはてなが満を持してなのか、京都に帰ってくる。

はてなの社長、近藤淳也氏の著書『「へんな会社」のつくり方』を読んで、私は一気にはてなという会社のファンになった。

正直なところ、はてなのヘビーユーザーではないけれど、はてブは毎日欠かさずチェックしている。

はてなダイアリーにも愛犬のブログも作ってるし…。

そんなはてなが京都に戻ってくるのは、なんだかとても嬉しい。

「京都を日本のシリコンバレーに」

というのは、近藤氏がその著書で記していたことだけれど、それが現実のものとなるのもそう遠くはない未来のことになるかもしれない。

だが、はてなのことばかり誉めていてもいけない。

自分の会社が立派なものになるように育てていかなくちゃいけない。

私がはてなに憧れ、尊敬するように、自分の会社も誰かにそう思ってもらえるようなものにするんだ。



テクノラティ タグ :

2008年2月14日木曜日

明日から沖縄です。

昨日は遅くまで仕事をしていたので、ブログの更新ができませんでした。

さて、明日から沖縄に行ってきます。2泊3日で。

旅行なんかではなく、仕事として。

ウチの会社が加盟している会合があり、それの総会が沖縄の方であるんですね。

それで沖縄に行ってくるということです。

まぁ、仕事半分、遊び半分というところになるんでしょうか…。

沖縄の方の染色業の工場などを見せてもらう予定です。

ところで、実は、これが私にとって生まれて初めての沖縄になるんです。

この時期の沖縄って、どれくらい暖かいんでしょうか?

テクノラティ タグ :


2008年2月13日水曜日

MacOS X アップデート10.5.2

もうすでに皆さん、ご存知でしょうが、MacOS X 10.5のアップデートが出ています。

Leopardになって2度目のアップデートですね。

macos x 10.5.2.png


10.5.2のアップデートは知っていたんですが、iLifeのサポートまであるとは知りませんでした。

さて、MacOS Xのアップデートが済んだら、さらにソフトウェア・アップデートを利用して、Leopardグラフィックスアップデートもインストールしておきましょう。

graphics.png


これとは別にAperture2が発表されましたね。

aperture2.gif


ApertureならiPhotoとの連携も優れているだろうし、RAW現像にはなくてはならないアプリになるはず…。

でも、AdobeのPhotoshop Lightroomも気になる…。

ま、いますぐに購入するものではないので、じっくり考えてから買おう。

っていうか、Aperture使うなら、MacBook Proが欲しいな。

近々、新型MacBook Proが発表されるとの噂がありますが、どうなんでしょうね?

出るとしたら、MacBook Airに付いているマルチタッチ搭載のトラックパッドが、新型のMacBook Proにも搭載されそうですよね。

auのエコ活動

au、携帯電話取扱説明書の回収とリサイクルを全国のauショップで展開:モバイルチャンネル - CNET Japan

KDDIおよび沖縄セルラーは2月12日より、携帯電話に同梱している取扱説明書などの印刷物を全国のauショップ、KDDIデザイニングスタジオで回収すると発表した。すでに同社では、2007年11月より関西地域のauショップ店頭で実施している。

最近、auのCMがエコロジーを意識した感じになっているのは、こういうことに繋がっていたんですね。

auユーザーとしては、au(KDDI)の活動をとても評価したくなります。

なにせ、携帯の機種交換をするたびに、前機種の箱やら説明書なんかが押し入れの肥やしになっている始末ですから、どうにかならないかな〜?と思っていたところだったんです。

それに、箱や取扱説明書の類のほとんど紙製品。

これらを回収して、リサイクルしないわけにはいかないでしょう?

ついでに、私は前に使っていた携帯電話を取っておくことはありません。

「思い出がいっぱい詰まっているから捨てられてない」という人もいるようで、その気持ちも分からなくもないんです。

しかし、携帯電話にはリサイクル可能な金属が使われているので、エコロジーな観点から見ると、やはりちゃんと回収してもらって、中から金やマグネシウムなどの金属を取り出して再利用してもらいたいのです。

そんなわけで、私の手元には前の機種は残ってません。

近いうちに近くのauショップに前に使っていた携帯電話の箱やら取扱説明書なんかを持って行こうと思います。

テクノラティ タグ :

2008年2月12日火曜日

リスクを取らないというリスクは真のリスク

リスクを取らないというリスク:Life with Mac and more. - CNET Japan

私の部署では各人がそれぞれ別の案件を担当しており、しかも他者が後から代わりを務めることが難しい要素も少なくないのですが、それでも「誰も病気にならない、事故にも遭わない、身内に不幸も起こらない」が暗黙の了解、事実上の前提となっています。


これって、まさにウチの職場のこと。

ウチは染色業という特殊なことを生業としているのだけど、実は私はどうして染め方を知らない。

天竺木綿などの生地を染め上げるのは、ウチで働いている従業員さんたちであって、私はほとんど何もしない。

こんなふうに書くと誤解が生まれそうなので、自分が何をしているかというと、私はデザイン等を担当している。

お客さんがデータを用意してくれているときもあるし、お客さんが持ってきた見本をデジカメやスキャナー、Illustrator、Photoshop等を駆使して、デザインを完成させることもある。

ウチでこれができるのは私だけだ。

別にこれといって特殊な技術ではないはずなのだけど、やはりIllustratorやPhotoshopといったアプリは一般向けではないので、経験を要する(と思う)。

幸い、私は大学時代にPhotoshopに触れる機会があったし、印刷出版社に勤めたときにIllustratorに触れる機会があった。

“触れる”といっても、まさに「何度か使ったことがある」という程度のものだったので、ウチの仕事を手伝い始めたときから自由自在に使えたというわけじゃない。Illustratorはちゃんと参考書を買ったり借りたりしてきて勉強した。Photoshopも然り。まぁ、ある程度操作に慣れてきたら、あとは直感的に操れるようになったのだから不思議だ。

まぁ、そんなことはどうでもよくて、問題なのはウチの職場で働いている人間が急に休んだりしたら困る、という話。

これは中小企業ならどこでも抱えている悩みだと思うけれど、ウンウンと悩んでいるばかりではいけない。積極的に問題を解決していく努力をしなければ何も変わらない。まさに

『暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう』

なのだ。これは私が浪人生だった頃に、なぜか好んで聞いていたカトリック系宗教ラジオ番組の冒頭に流れる言葉である(カトリック信者ではないのだけど…)。

そんなわけで、私も染めの技術をある程度まで知ら(できるようになら)なきゃならないし、従業員さんたちにも私の仕事をいくらかはできるようにしてもらわなきゃならない。染色業というと、どうも職人的なイメージがあると思うけど、私はそういった“職人気質”は無用だと思う。“職人気質”を持つことで、自分の持っている技術や知識を公開することに二の足を踏むだろうし、それは業務の妨げ以外の何物にもならない。

そういう意味で、IT業界のみならず、ウチのような職場にもオープンソース化が必要なんだと思う。

そんなところへdankogaiさんのブログに

404 Blog Not Found: 公開する者は救われる - 書評 - 「崖っぷち会社」が生まれ変わった3つの方法

というエントリーがあるのは興味深い。

…公開する過程を通じて、技術者もまたおぼろげだった技術への理解を確固たるものとすることができる。さらに公開された技術は、次の一歩を踏み出す際のよりしっかりとした足場となる。


職人気質はもはや過去のもので、これからはどんどん技術はオープンにしていった方がいい。

テクノラティ タグ :

2008年2月11日月曜日

「Camino 1.5.5」がリリース

Caminoより「Camino 1.5.5」がリリース、「Gecko 1.8.1.12」の実装 etc... : Mac OS X News & Topics

Camino Projectより米国時間7日、同団体によるCocoaベースのMac OS X専用Webブラウザ「Camino」の最新版に相当する「Camino 1.5.5」がリリースされ、レンダリングエンジン「Mozilla Gecko 1.8.1.12」の実装等が行われています。


私のメインブラウザはsafariではなく、camino。

というのは、safariの調子がどうも優れないんで、その代用として使い始めたのがcaminoでした。

もちろん、Firefoxという素晴らしいブラウザもあるんですが、速度的にはcaminoの方が上なので、caminoをメインで使用しているわけです。

そんなcaminoが1.5.5にアップデートされました(これまでは1.5.4でした)。

camino.gif


気になる変更点は、「Mozilla Gecko」レンダリングエンジンをMozilla Gecko 1.8.1.12にアップデート、いくつかの脆弱性を解決、安定性の向上、そして、その他のクラッシュなどしてしまう問題点を解決したそうです。
Mac OS X News & Topicsを参照

そんなわけで早速インストール。

camino3.gif


caminoのアイコンをアプリケーションへドラッグ&ドロップします。

ピクチャ 4.png


ちゃんとアップデートされました。

でも、MacOS Xの魅力を最大限に引き出せるのは、やっぱりsafariじゃないかと思うんですよね…。

テクノラティ タグ :

2008年2月10日日曜日

AXEのモーニングコールサービスを予約しました!!

ネタフルさんやみたいもんさんのとこで取り上げられていたAXEのモーニングコールサービスを予約しました。

ネタフル:「AXE」のモーニングコールサービスがすごい

みたいもん:AXEのモーニングコールが男の子のハートに一直線の近未来

上記の両サイトで報告の通り、かなりすごいので男子のハートをわしづかみにしてくれること間違いなしです!!

実際に利用してみないと、その凄さが伝わり難いと思うんですが、きれいでかわいい女の子がモーニングコールをしてくれる、という趣旨のサービスです。

まず、 AXE WAKE-UP SERVICE INC.にアクセスします。
ピクチャ 5.png

このとき、最新版ののFlashが必要となりますが、それは簡単にインストールできるはずでしょう。
私の場合、safariを使ったので、最新版のFlashをインストールする手間は省けました。

んでもって、自分のケータイの番号を入力することになります。
AXE1.gif


携帯番号を入力していきます。
AXE2.gif


携帯番号の入力が済むと、あちらの提示する番号にこちらから電話をかけます(もちろん、ケータイから)。
そして、提示してある4ケタの番号をケータイでピッポッパと入力します。

すると、それまでMacのスクリーン上でポーズを取っていた

女の子のひとりがこちらに向かって駆け寄ってくるじゃありませんか!!



そして、画面一杯に彼女の顔。画面の向こう側から話しかけてきます!!
aya.gif


彼女は画面の向こうで話しているのに、彼女の声はケータイから聞こえてきてる!!!



これにはかなーり(うれしい)驚きです。

つーか、この時点でちょっとパニクってしまいました。

前知識はネタフルさんやみたいもんさんのところから仕入れてはいたのですが、やはり実際に体験してみると、その前知識なんか呆気なく吹っ飛んでしまいました。

それによって、実は何があったのかあんまり覚えていないんです…。

とにかく、これで彼女との契約が完了しました。
ちなみに、私の担当の女の子の名前は(たぶん)AYAさん。
写真の方です。

これで、明朝(日曜日)の朝8:00に彼女からモーニングコールがかかってくるはずです。

いったい、どんなモーニングコールになるんでしょうか…?

ワクワクしながらこれから寝ることにします。
といっても、4時間も眠れませんけどね(爆)。

2008年2月9日土曜日

仕事用のデータをGmailでバックアップ

巷で評判の『効率が10倍アップする新・知的生産術 ー自分をGoogle化する方法ー』(勝間和代著)に感化されて、私もさっそく仕事で送られてくるメールのほとんどをGmailでバックアップしました。



私の場合、ほとんどにPDFやらIllustratorデータの添付があるので、バックアップは必須なんですよね。

でも、本当はTime Capsuleが欲しい。
つーか、とにかくNASが欲しい。
Apple Store(Japan)

でも、その前にiMacです。

budgetがiMac、Illustrator CS3、FineCutでいっぱいいっぱいなので、NASは自腹で購入でもしなきゃならなさそうです。


テクノラティ タグ :

2008年2月8日金曜日

MarsEditを使っています。

先日、ectoでブログをアップしたことを報告したのですが、ectoが(私のMacBookにとっては)あまりにも不安定なアプリであることから、ネタフルさんで同じく紹介されていたMarsEditをいまは試用しています。

ピクチャ 1.png

MarsEditを使ってみた感想は、こちらの方がはるかに安定性のあるアプリではないか?ということ。

ectoを長年使っている方々にとっては、やはりectoの方が使いやすく、痒いところに手が届く機能もあると思うのですが、私としてはectoはとても扱い辛い代物でした。写真つきエントリーを書こうとしても、flickrのアカウントを認識しているにも関わらず、写真をアップロードすることができず、結局エントリー自体もアップできない状態でした…(涙)。

その点、MarsEditの方が作りがシンプルで、MacOS Xライクなインターフェースも気に入っています。

ただ、写真入りのエントリーをアップするとき、写真の原寸のままでアップされてしまうので、でかい写真はでかいままアップされてしまいます。自動的に一定の大きさにしてくれればいいのだけれど、それは私が面倒くさがりってことなんでしょう、きっと。

なので、いまはPhotoshop Elementsで写真のサイズを変更してアップするようにしています。

面倒だけど、仕方ないです。

MarsEditは試用期間が30日ほどあるそうなので、いまのうちにしっかりとMarsEditの機能をチェックしておきたいと思い増さす。

テクノラティ タグ :

デジタルのれん、そんなのあったんだ!?

うちの仕事は染色業、つまり、染物をやっていまして、のぼりだったり、法被(はっぴ)だったり、のれんなんかを作ったりしています。

従来のそういった物はすべて布または化繊でできているんですが、こういった物をデジタル化できないものか?と常々思っていたんです。

そしたら、“デジタルのれん”なるものが開発されていたんですね。



のれんに触るとまるで水面に触れたかのように、のれんに描かれた柄が揺らめきます。

どういう仕掛けになっているんでしょう?

すごく気になります。

YouTubeの関連動画でこれのヒントになりそうなのが紹介されていました。



「光ファイバーを編んだ布にプロジェクターで光を通」しているのだそうです。

でも、こういうのでは染めの技術を使うことができませんね…(苦笑)

しかし、いろんなところにデジタル化の波は押し寄せているようです。

それでも人はきっとアナログなもののぬくもりを求めているはず。

デジタル化されたのれんもいいですが、アナログのぬくもりを伝えられるものを作っていきたいですね。

テクノラティ タグ :

2008年2月7日木曜日

『earth』を見てきました。

今日は以前から気になっていた映画『earth』を見に行ってきました。
earth.gif

この地球を舞台とした壮大なドキュメンタリー映画のプロローグは、北極点から始まります。

まずスクリーンに映し出されたのは、シロクマの親子。
母シロクマと2匹の子シロクマ。

ここで「母は強し」と思わずにいられないのですが、越冬の間、母シロクマは食事を一切取らずに、ただひたすら2匹の子どもたちに母乳を与えて育てていくそうです。そして、春がやってきて、自分たちの巣穴の外が暖かくなってきたのに従って、母シロクマは子どもたちのために狩りに出掛けようとします。

しかし、子どもたちはまだヨチヨチした状態なので、母クマはそれが心配で狩りに出掛けられません。
でも、いつまでもそうしておくわけにはいかず、子どもたちが育っていくためには、子どもたちの命を繋いでいくためには、母クマが獲物を捕ってきて食べなければならないんです。う〜ん、自然は厳しい…。

そして、物語は北極点から徐々に南下していきます。
ジャングルのあたりに来たとき、初めて“極楽鳥”なるものを見ました。
たぶん、厳密には初めてではないはずなんですけど、あんなに奇妙かつユーモラスな鳥たちは私の記憶には存在してませんでした。
とにかく彼の求愛ダンスは、ほんとに一見の価値ありです!!

そして、物語は再び北極のシロクマ親子に戻っていくのですが、映画全体を通して訴えているのは、地球という惑星の素晴らしさです。

しかし、いまや地球人全員の課題とも言える環境問題に、私たちひとりひとりがどのように関わっていくかを問われます。
いま、北極の氷は年々溶け続け、それによってシロクマたちは狩りの際の足場となる氷を奪われ、十分に食料を得ることができず、絶滅の危機に瀕しています。

そうなると、私たちがシロクマの親子たちのためにできることは、温暖化対策ではないでしょうか。
温暖化対策にはいろいろとありますが、簡単なところからいけば、クールビズやウォームビズなんかが上がります。
それにエアコンの温度設定も大事ですよね。
ちなみに、エアコンの温度設定、冬場では20℃に設定することで得られる効果は以下のようなものらしいです。
(財)省エネルギーセンターでは、暖房時の室温を20℃にすることを奨励しています。例えば、外気温7℃の時に、エアコン(2.2kw、1日9時間使用)の暖房設定温度を21℃から20℃にした場合、年間のCO 2削減量は約29.5kgになります。

一方、外気温35℃の時に、エアコン(同上)の冷房設定温度を27℃から28℃にした場合、年間のCO 2削減量は約16.8kgです。

したがって、冷暖房兼用エアコン1台あたりでは、暖房の設定温度を下げるほうが、冷房の設定温度をあげるよりも数倍の削減効果があるといえます。
チームマイナス6% - みんなで止めよう温暖化より

「自分1人が努力したって何も変わらない」と思わずに、

「自分が世界を変えていく」

というふうに考えていったらどうでしょうか?

シロクマの親子たちは私たちの力を必要としているのです。
彼らがこれからもずっと暮らしていける環境を守っていくのは、私たち人間の役割なんだと思います。

長々と書きましたが、ぜひ一度『earth』を見に行ってください。
その映像美はほんとうに息を飲むほど素晴らしいものです。
それと同時に、

「これだけの映像をどうやって撮影したんだ?」

と思わずにはいられないはずです。

2008年2月6日水曜日

32GBのiPod touchが登場

最近はMacBook Airの話題一色だったのですが、ひっそりとiPod touchに32GBバージョンが登場しました。
ピクチャ-1.gif

新しいiPod touchには、先日のMacWorld Expoで発表された新しい5つのアプリがデフォルトでついてきます。
これでiPod touchには、8GB、16GB、32GBの3種類から選べるようになりました。

iPod touchすごく欲しいんですが、本命はiPhoneなので、iPod touchは我慢です。

あ、そうそう、この間、ようやく2008年のMacWorld Expoにおける、Steve JobsのKeynoteを見ました。

彼のプレゼンはいつ見ても素晴らしいものがあります。

1時間以上ある内容なんですが、時間が経つのも忘れて見ていました。

Apple Store(Japan)

テクノラティ タグ :

2008年2月5日火曜日

ectoを使ってみる。

ネタフルさんでectoのことが記事になっていたので、

「やっぱりこういうブログ専用アプリを使ってみたいな」

と思い、早速インストール。

なにせ初めのものなので、いまひとつ使い方が分かりません…。

うまいこと、ちゃんとアップロードしてくれるかな?

2008年2月4日月曜日

MIT OpenCourseWareでPsychologyを復習

最近、iTunesの使い方が変わってきた。

というのは、iPodに入れて聞くコンテンツが変わってきた、ということ。

ちょっと前ならもっぱら音楽だったのだけど、最近はポッドキャストを聞くことが多くなった。

中でも最近のお気に入りはiTunes Uのコンテンツ。

厳密に言えば、iTunes Uはポッドキャストではないのだけど、ただで手に入るということでポッドキャストに似ている。

私は諸々の理由からUCLAに行ったのだけど、もっと賢かったらHarvard Universityに行きたかった。

もちろん、UCLAに不満など微塵もなく、UCLA alumniであることに誇りを持っている。

何よりもUCLAを愛している。

それだけは否定のしようがない。

でも、違う環境でPsychologyを学んでみたい、というのはある。

そんな私の願いを叶えさせてくれるのが、先に紹介したiTunes U。

いまのところ、iTunes UにHarvard Universityはないので、マサチューセッツ州が世界に誇るMITを選ぶことに。


MITではOpenCourseWareといって、MITのキャンパスで行われている授業をポッドキャストで配信している(すべてではないと思うけど…)。

これを利用すれば、日本にいながらにしてMITでのPsychologyの授業が受けられる。

もちろん、これは通信教育ではないので、Homework assignmentとかessayを提出することはない。ただ単に、自分の知的好奇心を満たすためだけのもの。

“地域社会に開かれた大学”と標榜する大学が多いけれど、MITの場合、それは全世界に開かれた大学である。

学問はごく一部の限られた人々のためのものではなく、すべての人々のためであるべき。

そんな哲学をこのMITのOpenCourseWareから読み取れる。

大学に行かずとも、大学の授業を受けられる。これは本当に素晴らしいことだ。

逆に、大学に通っている者はそこのところをちゃんと意識しておかないと、時間とお金の無駄になりかねない。

これは仕事の場面にも通じることなのだけど、

“なぜ自分がそれ(学問や仕事)をしているのか?”


を常に考えていなければならないことなんだと思う。

テクノラティ タグ :

2008年2月3日日曜日

ヘタこいた〜 orz

プリンタを無線でなんとか繋げられないか?

それが私の考え。

仕事でメインで使っているPCのOSはWin98SEなので、Bonjour for Windowsをインストールできない。

もしBonjour for Windowsをインストールすることができれば、話はすんなり片付くのだけど、やっぱりOSのバージョンが古いとあれこれと不便。

無線ルーターを使っているけれど、これもOSが古いのでどうもできそうにない…。

メイン機のWin98SEはゼロックス製のカラー複合機と繋がっているが、この複合機、MacOSに対応するためには別売りのドライバを購入する必要があるらしい。

そんなめんどくさいことをするのは嫌なので、

「MacにはBluetoothというテクノロジーがあるじゃないか!!」

ということで、自分が持っているインクジェットプリンタをBluetooth対応にできないものかと考えた。

そこで、プリンストンテクノロジーのBluetooth USBアダプターを購入した。

それがこれ。

このBluetooth USBアダプターなるもの、Bluetooth機能を持っていないPCにBluetooth機能をインストールするものなのは知っている。

で、私が考えたのは、こいつをプリンタに差し込んでしまえば、そのプリンタがBluetooth対応になるものだと考えた。

購入してきたアダプターをプリンタのピクトブリッジ用のUSBに差し込んで、様子を見てみることに…。

そして、さっそくMacBookでBluetooth対応デバイスを検出することに。

自分が持っている2つのケータイは2つともBluetooth対応なので、それらを検出するのはあっという間にできた。

しかし、肝心のプリンタを検出してくれない。

USBアダプターを引き抜いて、また差し込んで、検出することに。

何度かそんなことを繰り返したけれど、結局、プリンタを検出することはできなかった…。

Canonから出ている上記のものを使えば、プリンタをBluetooth対応にすることができたそうなのだけど、8000円も払うわけにはいかない。だって、高過ぎるもの。

仕方ないので、買ったBluetoothアダプターはWin2000のラップトップに差し込んで使うことにした。

こうして、我が家にまたBluetooth対応コンピュータが増えた。

でも、なんか納得いかない。

プリンタをBluetooth対応にできるはずだ。

もうちょっとググってみよう。

テクノラティ タグ :

2008年2月1日金曜日

You Sendit Express for Macがリリース

The Unofficial Apple Weblog: YouSendIt releases Express for Mac

仕事関係でたまに2M以上のデータを送るのに、YouSenditを使ってます。

そのYouSenditのスタンドアローンアプリになるんでしょうか、YouSendit ExpressのMac版がリリースされているようです。

そのインターフェースは下のような感じ。


ちょっとMacらしくないインターフェースなんで、これは使わないでおこうか…。

まぁ、.Macというモノが私にはあるから、それを十分に活用すればいいんですが…。


テクノラティ タグ :

Zenback