2008年5月31日土曜日

iGoogleのアイコンファビコンが変化

いま、気がついたのだけど、iGoogleのアイコンファビコンが変わっているよね?
気のせい?

2008年5月30日金曜日

想像しただけで恐い話

普段なら、こんな話には反応しないのだけど、どうしても一言いいたくなったので、エントリー化。

痛いニュース(ノ∀`):一人暮らし男性の押し入れの天袋に、見知らぬ女が住んでた…福岡

これって、ドラえもんっていうかわいいレベルじゃなくて、『呪怨』伽椰子のレベルだよね…。

夜中にふと目が覚めて、天袋の方を目をやったときに、見知らぬ老婆と目が合ったことを考えたら、まさに発狂モノ。失禁するかもしれない…。そのあと、失神するだろうし…。

しかし、どうやって潜り込んだんだろう…?

テクノラティ タグ :

2008年5月29日木曜日

書評:『うつ病をなおす』

うつ病は一般に思われているよりもありふれた病気なのだけど、侮ってはいけない。

4061497529うつ病をなおす (講談社現代新書)
野村 総一郎
講談社 2004-11-19

by G-Tools


うつ病において何が一番恐いかというと、その人の意識を“絶望”へと導く強引さである。しかし、「うつ病=絶望」ではない。
P.4
絶望は病気ゆえに感じる「症状」であって、症状である以上、医学的な治療が解決の切り札になる。
先日、練炭自殺してしまった川田亜子さんは、まさにここへの対処が遅れたケースとなる。具体的なところは本人にしか分からないのだろうけど、彼女がどうしようもない絶望(感)に襲われていたことは否定できないだろう。彼女に最も必要だったのは、強靭な精神力ではなく、しばらくの休養と医学的治療以外の何物でもない。

ただし、そのことを認識できている人間が彼女のまわりにどれだけいただろうか?そして、同様のことが、私たちのまわりについても言える。あなたのまわりに、うつ病についてある程度の知識を持っている人がいるだろうか?

本書はまさに一般の人がうつ病について知るためのうってつけの一冊である。

うつ病と一言にいっても、いろんなパターンがあるし、それぞれに治療法も異なってくる。それに、うつ病になりやすい性格の人というのもある。そういうところを本書ではひと通り網羅してくれている。ただし、気をつけてもらいたいのは、本書を読んだからといって、うつ病についてめちゃくちゃ詳しくなるわけではない。

心理学部や医学部なんかでありがちなのが、いろんな病気や症例を学んでいく際で、

「これって、まさに自分自身のことを言ってる!だから、自分は○○という病気に違いない!!」

と信じ込んでしまうケース。Medical student SyndromeとかMedical Student Diseaseとか呼ばれるもので、心理学部や医学部で勉強している学生に多い。基本的にうつ病と診断されるには、DSM-IVなどの診断マニュアルで「うつ」だと認められなければならない。まず、うつ状態が少なくとも2週間続いていなければ、「うつ病」と診断できない(もちろん、例外はあるけれど…)。

そして、個人的に本書が良書だと思うのは、「認知療法(認知行動療法)」についていくらか語られているからである。

フロイトやユングをはじめとする精神分析が日本ではやたらとマスコミで取り上げられていた時代があったけれど、精神分析は余程の熟練師でなければ、患者に逆効果を与えてしまう可能性が高い。その点、認知療法は精神分析ほどリスクは高くないし、患者のQOLを高める部分が強い。認知療法の手引きみたいなものが、ちょろっと紹介されているけれど、自分一人ではなかなか難しいだろうね。やっぱり精神科医か臨床心理士のもとで導いてもらうのがベストかな。

自分はうつ病にはならないとは誰も断言できないだろうし、家族の誰かがうつ病になる確率も現代はすこぶる高い。そんな意味で、本書はうつ病を知るための(いまの時点で)最良の一冊だと思う。

テクノラティ タグ :

2008年5月28日水曜日

日本のテレビ局もまだまだ捨てたもんじゃない

少し前からテレビを見ない生活になり、ネットでYouTubeやニコニコ動画なんかを見る時間が圧倒的に増えたんだけど、そんな自分みたいな人たちに向けて、ようやく日本の放送局がその姿勢を改めたみたい。

NHKが主要地上波テレビ局で初めてYouTubeと提携、動画配信を開始
以前GIGAZINEで東京MXテレビが地上波テレビ局としては国内で初めてYouTubeと提携したことをお伝えしましたが、先日NHKがYouTubeと提携しました。
とりあえず、いまは『SAVE THE FUTURE』って番組の宣伝が中心のようですが、これをきっかけにどんどんいろんな番組を流していって欲しいですね。NHK教育でやってるいろんな番組をYouTubeで閲覧できるようにしてほしい。というのは、決められた放送時間にその番組を見ることができないから。

「だったら、録画すればいいじゃん」

とツッコミが入るかもしれないけれど、いまは動画共有サイトって便利なものがあるんだから、そこで一斉に公開した方がいいと思う。それがいまの時代に合ってるし。

とにかく、NHKはいいアーカイブをたくさん持っているんだから、それらを徐々にオンライン上で公開して欲しいですね。


↑こちらは『SAVE THE FUTURE』の番宣。藤原紀香さんが出てます。

テクノラティ タグ :

とっても恐い携帯の動画

良い子は絶対に真似しないでくださいね。



携帯電話を電子レンジでチンするなんて発想、どっから出てくるんだ!?

さらに、その結果に驚愕((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

テクノラティ タグ :

モテたいならポルシェよりもプリウス

これはアメリカに限った話なのだけど、女性にモテたいならポルシェなどのスポーツカーを捨てて、プリウスに乗り換えた方がいいみたい。

「ポルシェの男性」よりも「プリウスの男性」のほうが好き:米国女性の調査 | WIRED VISION
米General Motors(GM)社などが実施した調査からもそれは明らかだ。この調査によると、10人中9人近くの女性が、おしゃべりするなら『ポルシェ』に乗っている男性よりも『プリウス』に乗っている男性のほうが好ましいと回答している。[実際の調査は、「最新型の低燃費自動車」と「最新型のスポーツカー」を比較]
私がまだLAに住んでいた頃なんかはSUVの人気が圧倒的で、アメリカのBIG3はこぞってSUVを売り出していた。Ford社のExplorerなんか、ほんとあちこちでよく見かけた。でも、「時代が変わってきたんだなぁ…」と思うのが、米国でのプリウス人気の高さ。ホンダもシビックをはじめとする人気車のHybridモデルをどんどん投入しているから、これから先もHybrid車の人気は高いまんまだろう。

とにかくガソリンの値段が、これからさらに上昇していくという話なのだから、燃費の悪いSUVやスポーツタイプに乗るよりも、Hybrid車に乗っていた方がスマートだし、「環境問題に前向きである」というポーズを示すこともできる。Hybrid車に乗っていて、まず損になることはないだろう。

アメリカでも軽自動車が流行ればいいかな、なんて思うけれど、あっちは車をガンガン使う方だから、軽自動車ではちょっと頼りないかな…。

Eyes on Tibet: asahi.com: チベット—ふたつの窓から - 国際「国際支援の現場から」
中国(政府)がもうちょっと人権に関心を持ってくれたらいいんだけど…。

テクノラティ タグ :

2008年5月27日火曜日

川田亜子さんのご冥福をお祈りします。

フリーアナウンサーの川田亜子さんが練炭自殺したらしい。

このニュースを目にしたとき、何かの間違いだと思った。そうであって欲しかった。最悪でも、自殺未遂であって欲しかった。正直言えば、私は彼女のファンなのだ。

元TBSアナ川田亜子さん死亡、自殺か…車に練炭と遺書:SANSPO.COM > ニュース速報
26日午前6時15分ごろ、東京都港区海岸の路上に止まった乗用車の中で、元TBSアナウンサーでフリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が死亡しているのが見つかった。車内から家族あての遺書と練炭が見つかっており、警視庁三田署は自殺を図ったとみて、詳しい死因などを調べる。
彼女は自身のブログを持っていて、そちらはまだ閉鎖されていなかったので、彼女のエントリーを読んでいくと、明らかにうつの症状が見受けられるし、どんどん様子が悪化しているのが手にとるように分かった。彼女はちゃんとサインを出していたのに、彼女のまわりにいる人たちは気づかなかったのだろうか…。

うつになりやすい人というのは、一般に責任感の強い人がなりやすい。

彼女もおそらくそういう人だったのだろう。うつの症状が現れ始め、体に明らかな不調を来したとき、彼女はきっと自分を責めたに違いない。

「こんなことではダメだ。プロならどんな状況でもきちんと仕事をこなさなきゃ」

というふうに考えていたのかもしれない。うつの人ほど、この自分を追い込む思考をしやすい。そして、それはいつしか負の連鎖のスパイラルとなり、当人をどんどん追い込んでしまう。

うつの症状を現している人のまわりにいる人たちは、いち早くこの変化に気づき、その人を休ませなければならない。もちろん、その人の自尊心を傷つけないように、休ませるようにしなければならない。

本来であれば、彼女が存命中の間になんらかの手を打ちたかった。自分に何ができるわけではないけれど、何かできたのではないかと思うと、責任感を感じてしまう…。繰り返すけれども、自分が何かできたわけではないのだけど…。

いまはただ、川田亜子さんのご冥福をお祈りしたい。

テクノラティ タグ :

2008年5月24日土曜日

何故に匍匐前進?

YouTubeで見かけた動画。



このフレンチブルドッグは何故に匍匐前進をしているんでしょうか…。

足をきれいに伸ばしていて、まさに自衛隊の演習訓練さながらって感じです。

2008年5月23日金曜日

プロとアマの違い 13箇条

先日、Google Readerに登録しているブログを見ていたら、ハッとするエントリーがありました。(「ハッとするエントリー」略してハッテントリ…なんて呼び方はしません)

さて、いったいどんなものかと言うと、『ブロとアマの違い 13箇条』というもの。

宴の支度 (3) 小さな変化からすべては始まる。「プロ」と「アマ」の13の違い | Lifehacking.jp
プロアマ
1. 人間的成長を求め続ける1. 現状に甘える
2. 自信と誇り2. ぐちっぽい
3. 常に明確な目標を指向3. 目標が漠然としている
4. 他人の幸せに役立つ喜び4. 自分が傷つく事は回避する
5. 可能性に挑戦し続ける5. 経験に生きる
6. 思い信じ込むことができる6. 不信が先にある
7. 自己訓練を習慣化7. 気まぐれ
8. 時間を有効に習慣化8. 時間の観念がない
9. 成功し続ける9. 失敗を恐れる
10. 自己投資を続ける10. 享楽的資金優先
11. 使命を持つ11. 途中で投げ出す
12. 出来る方法を考える12. できない言い訳が口に出る
13. 自分のシナリオを書く13. 他人のシナリオが気になる
あ〜、これ、すごい!!

早速、仕事場に貼らせてもらいます。

特に、プロのカテゴリーの4と5は、私がいつも心がけていることです。誰かを蹴落として勝ち上がっていくやり方より、誰かを幸せにしながら成功していきたいですからね。

しかし、それでもうまくいかないことってありますよ…。仕事でゲンナリするのは決まって人間関係。それがいちばん難しい…。最近、自分の精神状態がちょっとウツな方に傾いていっているので、気をつけないとホントにウツになっちゃいそうです…。

2008年5月21日水曜日

iPhoneはケータイにあらず

iPhoneが欧州、中東、アフリカで販売されるようになるというニュースが出てくると、2008年内にはiPhoneのアジア進出は期待していいんだよ…ね?

で、日本のどのキャリアで取り扱われるようになるのかは分からないけど、日本でのデビューは年内というのはガチでしょう。

DD:Doing Different: iPhoneが日本でブレイクするには、やはりボタンが必要なのか
確かにiPhoneが日本で販売された場合、親指で全てを完結できる日本の携帯に勝てるのか、という疑問と、そもそもiPhoneのような操作性を好む人がどれくらいいるのかという疑問がありますね。
たしかに、iPhoneはいままでの携帯電話のインターフェースを覆すようなつくりになっているので、従来の携帯電話に慣れている人たちにとって、iPhoneは魅力的に映るのか?という疑問も考えられます。

で、私個人としてはiPhoneという革新的なデバイスに対して、

「iPhoneはケータイにあらず。iPhoneはiPhone以外の何物でもない」



と捉えています。

これまでの携帯電話って、電話をかけることを基盤として考えて作られているので、どうしても0〜9と#と*のボタンは外せない。そこに囚われている限り、メーカーはiPhoneを作れない。でも、Appleはそこのところの概念から崩していったので、iPhoneを生み出すことができた。

Jobs氏も2007年のMacworldでiPhoneの発表をしたとき、「極力ボタンをなくそうと努めた」と言っているように、iPhoneのコンセプトに「ボタンをなくす」があったことはたしか。ボタンに関していえば、もうiPhoneはケータイという概念の範疇に存在しない。

そうなってくると、iPhoneは携帯電話って気がしなくて、iPodの延長線上にあるモノのような気がするんです。たぶん、AppleがiPhoneを作る基盤として思いついたのはiPod。まぁ、iPodが生み出される以前から、『iPhone構想』というものがあったかもしれないけれど、それはiPodの成功があってのもの。iPodとiTunesの成功なくして、iPhoneはどう考えてもありえない。

「ボタンが1個しかないって、ケータイとしてどうよ?」

っていう声が聞こえてきても、iPhone(というかApple)はたぶん微動だにしないと思う。だって、そこがAppleの狙っていたところだから…。

それに、iPhoneってApple Storeでのみ扱うはず(一概にそうも言えないけど…)だから、自ずと客層が絞られてくるんじゃないかなぁ。まずは敬虔なApple信者がiPhoneを手にとり、iPhone礼賛をする。そこからクチコミで「iPhoneやっぱスゴイ!!」ってな話になって、一般ピーポーもiPhoneを手にするようになる。

気になるのはiPod touchとどう棲み分けするのか?ってことですが、しばらくは放置されるんでしょうね、きっと。







↑このKeynoteは後世に語り継がれるものとなるでしょうね。

テクノラティ タグ :


Eyes on Tibet: ダライ・ラマ14世:独開発相と会談 チベット支援集会に2万5000人--ベルリン

Googleで「ラスボス」を検索すると…

Googleで「ラスボス」というキーワードで検索をかけると、小林幸子さんが検索結果のトップに出ているらしいです。

ねとらぼ:「ラスボス」Google画像検索トップ、なぜか小林幸子さん - ITmedia News
Googleで「ラスボス」を検索すると、検索結果トップに小林幸子さんの画像が表示されることが、ネットで話題になっている。Yahoo!検索では、小林さんの画像は上位にヒットしないが、テキスト検索の関連検索のトップが「ラスボス サチコ」になっている。
どうやら紅白のときの衣装がドラクエなどのRPG系のゲームのラスボスのようであるということから、今回の検索結果に繋がっているということだそうです。

ラスボスサチコ

ま、たしかに、この衣装は「ラスボス」だわ…www

テクノラティ タグ :

猫好きにはたまらない1枚

これは猫好きにはたまらない1枚でしょう。

いや、たまらないというよりも、発狂モノでしょう。

とっても幸せそうな猫の写真 | IDEA*IDEA
すまん。紹介せざるを得ないw。
smiley cat

ああ、猫好きの人たちがへなへな〜ってなってるのが目に浮かぶ…。

テクノラティ タグ :

2008年5月19日月曜日

Life = Taking risks

IDEA*IDEAでとっても素晴らしい動画が紹介されていました。1分程度の短いものですが、中身はとても濃いです。挫けそうなとき、この動画を見ることをオススメします。



何かを成そうとしたとき、失敗は付きもので、それをバネにしてこそ真の成功が得られる、ということを説いています。

何の失敗もしていない人は何も成し遂げていない人だ | IDEA*IDEA
とっても素敵な映像を見つけました。メッセージも映像も美しすぎる・・・。世界の偉人達は、失敗をものともせずに成功してきたのですよ、ということがわかりますね。


Eyes on Tibet:
来月にも正式対話
インド北部ダラムサラのチベット亡命政府報道官は18日、チベット問題解決のための中国政府との対話について、中国側から「6月にも正式対話を行いたい」との要請を受けたことを明らかにした。亡命政府側は受け入れる方向で検討している。


テクノラティ タグ :

私はパワーナップしてます。

私は午前中にできるだけ集中して仕事をやるタイプなので、午後に入ると集中力が弱くなり、自ずと仕事のペースが遅くなってしまう。

その対処法として取り入れているのが、昼御飯あとの昼寝。

これって、パワーナップ(Power-nap)っていうそうです。

Life is beautiful: 理想のパワーナップ・チェアを求めて...
パワー・ナップとは「仕事中に堂々とする昼寝」のこと。ニューヨークの金融関係のエグゼクティブが、会議をしながら食べるランチをパワー・ランチと呼んでいるが、そこから「パワー(=仕事をバリバリしている人の)」の部分を取ってきて「ナップ=昼寝」とくっ付けただけだと私は理解している。
さすがに仕事中に堂々と昼寝はできませんが、20〜30分の昼寝なら昼御飯を食べた後でできますからね。

power-napで、私の場合、もっぱら自分のベッドで寝てるんですが、ときに愛犬のふくちゃんと一緒に寝る事もあるので、絨毯もしくはフローリングの床の上にうつぶせに寝る事もあり。

快適さはなさそうですが、“どこでも寝れる”という自分の長所(?)を生かし、パワーナップとしてそこそこの効果はあるようです。


ところで、中島聡さんのブログLife is beautifulで紹介されているパワーナップ・チェアのすごいこと!!サンプルの写真としては、こんなんもありました。

metronaps

いかにもアメリカのエグゼクティブクラスの人たちのオフィスにありそうな感じ。
で、そのチェアを作っている会社がMetroNapsというところ。昼寝も科学というフィルターを通せば、立派なビジネスとしての材料に昇華する。そんないい例を見せてもらいました。

追記:
今年のMacWorldでMetroNapsのEnergyPodが出展されていたようです。そのときの様子がこちら。



テクノラティ タグ :

2008年5月18日日曜日

Music: Superflyのファーストアルバム『Superfly』購入

ついに(iTunesで)買ってしまった…。

Superflyはそのファーストシングル『ハロー・ハロー』からちょっと気になっていたのだけど、4枚目のシングル『愛をこめて花束を』で一気に注目されるようになりました。もちろん、同曲がドラマの主題歌になっていたというのもヒットの理由としてあるんでしょうが、それだけではないでしょう、やっぱり。曲がいいですもん。そこに尽きます。

ここで、

「Superfly?そんなバンド知らないなぁ…」

という人のためにちょっと補足説明をしておくと、Wikipediaより
2004年に越智志帆と多保孝一による2人組ユニットとして結成。2007年11月8日に多保がコンポーザー・アレンジャーとして専念することを発表し、越智によるソロユニットとなる。
ま、バンドというより、ソロユニットと書いているので、そういうことになります。雰囲気的には、LOVE PSYCHEDELICOに似通ったところがあるかもしれません。どちらも70年代ロックを意識しているところがありますからね。

そんなわkで、これからアルバム聴いてみます。
B0016KM524Superfly
Superfly Superfly×JET
Warner Music Japan =music= 2008-05-14

by G-Tools


テクノラティ タグ :

2008年5月17日土曜日

ピノコを思い出すような話

手塚治虫氏の不朽の名作『ブラックジャック』に出てくる小さな女の子ピノコは、元は奇形膿腫だったということは結構知られているはず。

ピノコの双子にあたる女性の体の中で、後のピノコになる臓器もろもろが育ち、ブラックジャックによってそれらが取り出され、やがてピノコになるわけです。

気になる方は『ブラックジャック』をお読みすることをオススメしますが、原作の『ブラックジャック』は結構グロ表現がありますので、心臓の弱い方は止めた方がいいかもしれません。

で、前置きはそれくらいにして、GIGAZINEにピノコの出生を思い出してしまうようなエントリーがありました。

双子の少女の片方がもう片方の胃袋の中で発見される - GIGAZINE
ギリシアのアテネにあるラリッサ総合病院によると、胃痛に苦しんでいる9才の少女を診察したところ、長さ約6センチメートルほどの胎児が彼女の胃の中にいることがわかったとのこと。この胎児はいわゆる双生児として本来は生まれるはずだったのに、もう片方(=現在9才の少女)に子宮内で吸収されてしまったらしい。これは50万分の1の確率で発生する現象だそうです。
元の記事はCNNのGirl's twin found inside her stomachのようですが、あるんですね、こういうことって。

久々に『ブラックジャック』を読み返してみようかな。医学部受験熱が再燃しちゃったりして…。
まぁ、それもいいかもしれませんね。

ブラック・ジャック The Complete seventeen Volume set 全17巻(漫画文庫・化粧箱セット)ブラック・ジャック The Complete seventeen Volume set 全17巻(漫画文庫・化粧箱セット)
手塚 治虫

by G-Tools


テクノラティ タグ :

2008年5月16日金曜日

お風呂場に集結する猫たち

なんだかすごく不思議な光景ですが、なんか可愛かったので紹介しておきます。



しかし、何故に集まってくるんだろう…?

猫って水が苦手なイメージがあるんだけど…。

書評予定:『不機嫌な職場』

すでにもう読了なんだけど、仕事で忙しかったりでブログを時間かけて書けません…orz

これを読んでいて、

「やっぱGoogleはすごいや…」



と改めて思いましたよ…。やっぱり、トップの姿勢が大事なんですよね。
4062879263不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
河合 太介 高橋 克徳 永田 稔
講談社 2008-01-18

by G-Tools

そんなわけで、後日ちゃんと書評します。

テクノラティ タグ :

2008年5月14日水曜日

睡眠って大変。でも、そこまでするか?

ここまですれば眠れるはず、深い眠りに達するための24の方法 - GIGAZINE
以前GIGAZINEでなかなか眠れない人のための簡単に眠る10の方法よく眠るための12の方法を紹介しましたが、さらに24の方法が記載されている記事が掲載されていました。正直「ここまでしなければいけないのか」と思ってしまいますが、不眠に悩まされている方は試してみてはいかがでしょうか。
私自身、昔は不眠症の時期もありましたが、最近はベッドに入って10分もしないうちに眠りについてしまいます。

でも、不眠症の人がいたら、この24の方法のうちのいくつかを紹介してあげたいですよね。

そんなわけで、どんなものがあるかリストアップしておきます。
  1. 毎晩、寝る前に行う習慣を決めておく
  2. 自分の体内時計のサイクルを理解する
  3. シーツと枕カバーに少量のラベンダーの香水をつける
  4. 見えないところに時計を隠す
  5. 今利用している枕を換える
  6. 自分にあった枕を選ぶ
  7. 遮光カーテンのような光を遮断するカーテンを利用する
  8. 部屋をきれいにし、セージグリーンのような自然色を取り入れるようにする
  9. ベッドを壁から離す
  10. 足下に湯たんぽか暖かい靴下をはき、足下から体を温める
  11. 犬や猫と一緒に寝ない
  12. 一人で寝ること
  13. 就寝前にサプリメントでカルシウム600mg、マグネシウム300mgを摂取する
  14. 就寝前に少量のクルミを食べる
  15. 就寝前にバナナを食べる
  16. 就寝前にジュースではなく水を飲む事
  17. 夕食後に制酸剤(荒れた粘膜を修復し、胃酸を中和する薬)を飲む
  18. 就寝時に朗読の音声を聞く
  19. レタスの葉を2~3枚を煮たお湯にミントの茎を入れたものを就寝前に飲む
  20. マッサージを行う
  21. 就寝90~120分前に熱い風呂に入る
  22. ユーカリの葉でマッサージを行う
  23. 就寝前に約10分間その日にあった事や感じた事を思い返す事
  24. 枕元にメモの準備をしておく
個人的に思うのは、枕をいいやつに変えたらすごく眠りが良くなりました。「たかが枕…」と侮ってはいけません。使っているのはテンピュール製ではないのですが、かなり高額の低反発枕を使っています。肩こりもなくなったし、熟睡できているようだし、やっぱり枕の効果は大きいですよ。

あ、母の日にテンピュールの枕を買ってあげればよかったかなぁ…。

テクノラティ タグ :


2008年5月13日火曜日

New "Get a Mac" CM

私が普段テレビを見ないという生活をしているという背景もあるのですが、日本ではMacのCMほとんど見かけませんね。

MacBook Air発表のときに、そのCMが流れたのは見ましたが…。

それに、ラーメンズのやっていた日本版『Get a Mac』CMはどうしちゃったんでしょう?
最近、さっぱり見ませんし、YouTubeで探しても新作がありません。

アメリカでやってるやつをそのまま日本版に直したという内容で、パッと見、「なんだかな〜(-_-)」な感じを受けたのを覚えています。アメリカの『Get a Mac』CMの雰囲気を出せるのは、やはり英語圏という文化の成せる業なんでしょう。あれを日本語でやっても寒いだけです。

さて、そんな『Get a Mac』の新作がこちら。



iTunesで『Get a Mac』の全CMを配信してもいいんじゃないかな。

(久々の)Eyes on Tibet:
チベット「状況わからず心配」 - MSN産経ニュース
大地震の起きた四川省あたりはチベット自治区と近接しているので、中国もチベットも心配。中国が自国の民ばかりを救護するのではなく、チベット人もちゃんと救護してくれることを望む。

テクノラティ タグ :

モスバーガーに危険信号

モスバーガーが3億円の赤字とのこと。
これはマジで危険なんじゃないですか…。

モスバーガーが3億円の赤字、88店舗を2009年3月末までに閉鎖 - GIGAZINE
モスバーガーが3億円の赤字を出してしまい、さらに次年度もキビシイ戦いが繰り広げられることが予想されるため、2009年3月末までに88店舗を閉鎖するとのこと。
結構、自分の晩ご飯になっていたりするモスバーガー。

私の住んでいる町にも一件、モスバーガーがありますが、そのすぐ近くにファミレスがあり、そこに客は集まる傾向にあるんですよね。たしかに、そこではドリンクバーがついていたりして、大学生なんかは長時間過ごすのによく利用しているようです。このままでは我が町のモスが危ない。

88店舗も閉鎖していくとなると、もちろん、売上げの悪いところから閉めていくことになるだろうから、地方にある小さな町のモスなんかが一番危ないですね。

モスバーガーのスローフードを意識した作りは好きなんですけど、マクドナルドの商品開発とマーケティングの方が1枚も2枚も上手というところなんでしょう。

モスバーガーらしさをなくさず、モスバーガーも変わっていかなきゃならないでしょうね。

4861262461モスのココロ―モスバーガーハートフルブック
生活情報センター 2006-02

by G-Tools


テクノラティ タグ :

Again & Again

すっごい凝ってるミュージックビデオ。
思わず見入っちゃいます。

Macを超高速で操りながら作ったミュージックビデオ | IDEA*IDEA



この歌はどうやらThe Bird and the BeeというLA発の男女2人組のユニットによるもののようです。しかし、この動画はあくまで第三者による創作のようです。

それにしても、すっごくよくできているなぁ…。

買っちゃおうかな、この曲。

テクノラティ タグ :

2008年5月12日月曜日

京都から帰ってきました。

彼女の実家に一晩泊まる予定だったので、晩ご飯を食べてお風呂に入って、Google Readerとはてブをチェックして土曜日は寝ました。

で、翌朝(つまり、今朝ですね)は7:30AMに起きました(いや、起こされました…)。

実は、これ、私の日曜日の過ごし方にしてはウルトラスーパー早い朝なわけでありまして、1日中睡眠不足で活動というのはかなりキツい状態でした。私の日曜日はだいたい早くて9時起きですからね。7:30はちょっと早過ぎ。

さて、本日のプランは、結婚式場を2カ所まわること。

いわゆるブライダルフェアに参加して、模擬挙式などを体験するのです。

1カ所目の式場で、模擬挙式と披露宴の最後に流すエンドロールなるものを見たのですが、これがマズかった。他人様の結婚式の様子と、そのBGMとして流れるコブクロの『永遠にともに』(藤原紀香×陣内智則の結婚式で一躍有名になった曲)に不覚にも感動してしまい、私は号泣…orz

私に涙もろいところがあるのを知っている彼女としては、

「あ〜あ、また始まった…(汗)」



な感じだったのでしょうけど、たぶん、睡眠不足であったのが大きな要因だったと思います。
睡眠不足で意識が朦朧としている状態のときに、『永遠にともに』のような“泣ける歌”を聞いてしまうと、歌の世界観と目にしている結婚式の情景が絶妙のシンクロを起こして、私の涙腺を崩壊させてしまったようです。

「他人の結婚式のDVD見て泣いているんだから、自分の結婚式になったらどういうことになるか考えるだけでちょっと恐い…」



と彼女。

ええ、分かりますよ、その気持ち。あまり(感動を促すような)刺激的な演出は控えましょう。でないと、私が式の最中ずっと嗚咽をこぼすことになるやもしれませんからね。



↑問題の『永遠にともに』。これを結婚式で流されたら即号泣です…(ToT)

で、このあと、その式場で振る舞われるデザートの試食をさせてもらい、挙式&披露宴の見積もりなどをしてもらいました。もう1つの会場でも同じような感じ。模擬挙式に参加して、デザートビュッフェを食べて、見積もりをしてもらう、という展開。結婚式って一生に一度のもの(そうではない場合もありますが…苦笑)だけあって、やっぱ高価なイベントですよね。でも、一生に残る素敵なものにしようとしたら、それなりの代価が必要なんでしょうね。

ここで発表するのもアレなんですが、一応、この結婚式はガーデンウェディングというか、わんちゃんが参加できるものにしたいと考えているんです。

彼女も私も犬を飼っていて、彼女はラブラドール・レトリバー♂、私がウェルシュ・コーギー♀。
結婚式に親族や友人たちが出席するのはごくありふれた光景だと思うのですが、私としては自分たちの飼っている犬たちも立派な家族の一員なので、ぜひ参加してもらいたいなぁと考えているんです。

はてなの会長、しなもんの『しなもん日記』でもタイミングよく、しなもんの参加するウェディングパーティの様子がアップされていました。まさに、理想のウェディングですね。

12月に挙式予定(in 京都)なのでかなり肌寒くなると思うんですが、そんな寒さを吹き飛ばすような、気持ちがホクホクあったかくなるような結婚式にしたいですね。でも、まだ場所は決まってませんが…。5月中には決めてしまいたいな。

B0002VL6UU永遠にともに
コブクロ 小渕健太郎
ワーナーミュージック・ジャパン 2004-10-14

by G-Tools


2008年5月11日日曜日

京都に来てます。

え〜、今日と明日、京都にいてます。

はてなに視察に来たのではなく、京都在住の彼女の実家に来ています。

で、今年の12月に結婚を考えているので、結婚式会場を今日と明日で何件か見て回る予定です。

が、私にとってはそれがメインではなく、あくまでサブ。

私にとってのメインは『結婚の承諾』をもらうこと。

「順番、逆なんじゃないの?」



という声が聞こえてきそうですが…orz

たしかに、その通りです。普通は結婚の承諾を得てから、結婚式場とか見て回るのでしょうけど、なにせ彼女が超フライングで式場や指輪の資料を取り寄せ始めたのが事の始まり。「とにかく2008年内に結婚する!」という目的達成のためには、いまから猛ダッシュで計画を進めていかないと間に合わないのは分かるんですがね…。

まぁ、いま彼女の両親に

「娘さんと結婚させてください」



と言っても

「いまさら言われてもねぇ…(笑)」



な感じになるのは必至。まさに失笑モノです。

しかし、それでも「今夜ビシッと決めなければならない!!」と意気込んでいたのに、全然そんな雰囲気にならなくて、彼女は「胃が痛い」と言って自分の部屋でゴロリ。私はリビングにひとり取り残され、やや狼狽え気味…。

しばらくして胃痛の彼女が部屋から出てきても、家族がテーブルに全員つくという状態にはならず、これというタイミングが掴めないまま、今日の夜は過ぎていきました…orz

「あの〜、もうちょっと空気読んでくれません…?」



と彼女にひと言言いたいけど、「ま、仕方ないよね〜」な感じで終わる。

残されたチャンスは明朝。
どう考えてもありえなさそう。せっかくここまで来たのに、日を改めなければならないのか…。

それでも、結婚式場のチェックはしていく。まさに、Life goes on. ですな。


テクノラティ タグ :

2008年5月8日木曜日

マジへこむ記事:チーム全員がうつ退職 「人材使い捨て企業」で何が起きたか

読んでいてマジに恐くなった記事。

チーム全員がうつ退職 「人材使い捨て企業」で何が起きたか|『うつ』のち、晴れ 鬱からの再生ストーリー|ダイヤモンド・オンライン
「なんと、若手全員がうつで退職。チームそのものが消えちゃったんですよ」
「消えたチーム」というのは、宮本さんのいる部署の隣のプロジェクトチームだ。ここには、中途入社した彼の同期5人が配属されていたという。その5人がそろいもそろってメンタルヘルスを悪化させた。うつや自律神経失調症などを病み、2年目には全員いなくなっていたという。
私の最初のリアクションは

「ありえねー」

だったが、気になって何度も読み返していくとだんだん恐くなってきた。

というのは、自分がうつになる可能性があるから…というのではなく、自分が雇用主の立場にあるから。
上下のコミュニケーションがうまくできない多忙な現場ではトラブルも起こりやすい。
なんて、まさにウチのこと。まぁ、ウチの場合、『上下』の意味が違うんだが…。上が縫製工場で、下が染色工場になっていて、両社のコミュニケーションがうまく働いていないのが実情。
「優秀な人材はどんどん引き上げます」という制度に隠された、「それ以外の人間は切り捨てるぞ」という意図。
あ〜、耳が痛い〜orz
私がウチの仕事に参画するようになって、ずいぶんと改善してきているのだけど、以前はまさにそんな感じだった。

仕事における教育といえば、ほとんどがOJT。それ以外になにか特別に社員教育みたいなことはしてない。
私がなんとかしてテコ入れしたい場所はそこなのだ。

私はもともと医師になろうとしていた人間なので、どうしても従業員の健康が気になる。特にメンタルな部分の健康が気になる。それは私が精神科医を志望していたことも関係するんだろうけど、私は基本的に「人間的に人の見本になる人材を育てる企業」としてウチの会社を変えていきたいと考えている。

しかし、それを手放しで快く思わない人もいる。会社である以上、利益を上げるのが最重要課題だと…。

たしかに、規模が大きかろうが小さかろうが、会社である以上、利益を上げることは重要だ。それなくしては会社の発展もなければ、従業員に給与を与えることもできない。しかし…だ。それでも私は人の見本になるような人材を育てていきたいと考えている。ものづくりが仕事である以上、いいものを作ってこそ、いい売上げに繋がると考えている。薄利多売でたくさんの仕事をこなして利益を上げるという考え方もあるのだけど、もうそんなビジネスモデルでやっていけるほど、世の中は甘くはなくなっている。他より圧倒的な何か(魅力)をもって、ものづくりをしていかなければ、これからは生き残れない。

そこで私が考えたのが、人間性だ。

別に真新しいことでもなんでもない。従業員に魅力があれば、自ずとお客や仕事は集まってくる。そして、なによりもその経営者は従業員の手本になるべき存在でなければならない。私はそんな感じで自分にプレッシャーをかけているのだけど、アピール度が足りないんだろうなぁ。それに、会社のあるべき姿もきちんと従業員たちに伝えきれてないし…。
「優秀で打たれ強い人材を残したい」という会社側の本音は、ある意味もっともかもしれない。
これはこれで会社としては全うな本音だと思うけれど、それはいまの社会からは徐々にズレが生じているんじゃないのか?
「選りすぐりの人材を採用するより、自社の人材を活かすノウハウこそ、勝ち残りの条件」
こちらこそが正しい。

「優秀で打たれ強い人材」というのは、だいたい雇われる立場には長くいない。そういう人は真っ先に独立していく人たちだ。言ってみれば、最も下克上をやっちゃってくれる人材なのである。Googleを見れば、それは明らかだ。GoogleはBest of the bestの人材を採用してきているけど、最近はその人材がどんどん流出してしまっている、というニュースをよく読む。

自社の人材をうまく活かしていくことこそが、いまのビジネス競争を生き残る方法だと思う。そのためには、経営者はきちんと会社の目指す方向と理念を社員に伝えるべきだ。特に地方の中小企業であればあるほど、その傾向は強くなるはずだ。

従業員の誰しもがメンタル的に強いとは限らないし、私は強者ばかりのかつての巨人軍みたいなチームを作りたくない。人間として魅力のあるチーム(会社)を作りたい。

「あいつは仕事ができないからカスだ」

みたいな雰囲気のある職場には絶対にしたくない。お互いの個性を尊重し合い、『三銃士』の“ALL FOR ONE,ONE FOR ALL”を体現できるような集団を作りたい。

4003253388三銃士〈上〉 (岩波文庫)
アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas 生島 遼一
岩波書店 1970-01

by G-Tools

4003253396三銃士〈下〉 (岩波文庫)
アレクサンドル・デュマ Alexandre Dumas 生島 遼一
岩波書店 1970-01

by G-Tools


テクノラティ タグ :

2008年5月5日月曜日

Microsoftの迷走

MicrosoftYahoo!買収が失敗に終わりました。

Microsoft、Yahoo!買収の提案を撤回し、敵対的買収もしない方針へ
1月末から行われていた、MicrosoftによるYahoo!買収提案は、Googleが反対の立場を表明し、Yahoo!も買収拒否を正式発表してMicrosoftの出方が注目されていましたが、Microsoftに詳しい関係筋の情報によるとYahoo!に対する買収の提案は撤回して、その後敵対的買収もしない方針になったそうです。
まぁ、この辺のところは個人的にはこういう結果になるだろうなぁ…とは思っていたのでしたが、Yahoo!が何故かたくなにMicrosoftの買収案に乗っからなかったのか?という1つの答えがありました。

TechCrunch Japanese アーカイブ » Microsoftはたしかにスゴイことをするが、これは違う



情報筋によると、どうやらこのビデオ、誰かがパロディで作ったものではないらしく、Microsoftがガチで作ったものだそう…(汗)

こんなBruce SpringsteenばりのVista SP1のプロモーションビデオを見せられても、見ている方としてはマジで引いてしまいます…。いったい、何がしたいんだよ…。Yahoo!の社員でなくたって、こんな動画を見せられたんでは、

「Microsoftはヤヴァイ!!!」

って思うでしょうに…。

なんだかBill GatesがMicrosoftでの第一線から身を引いて、その代わりにSteve BallmerがCEOとして台頭してきたことが良くなかったのかなぁ…。

Steve Ballmerという人、たしかにMicrosoftでは古株で実績も上げている人なのだけど、

「この人がトップでMicrosoftは本当に大丈夫なんか?」

というような不安をいつも抱いてしまいます。

いまとなってはそんなに意固地にならなくてもいいのだろうけど、MicrosoftのCEOがApple製のMacBook Proをそのプレゼンで使うのはなんとも滑稽に映る。

しかも、これってPhotoshop jobかと思ったけど、そうではないらしい(驚)。

まぁ、コストパフォーマンスなんかを考えたりしたら、MacBook Proはリーズナブルな価格で手に入れられる最速のWindowsマシンでもあるわけですからね。

さらに、こういう動画を見ると、さらに「おいおい…」な気分になりますよ…orz



これはまだマシ。次のはまさに失笑モノ。Windows1.0のころだから、この人、昔からこういう人だったんだ…と再確認できます。



これらのビデオを見ると、一番上のビデオには明らかにSteve BallmerのDNAが会社の中に侵食していることが分かりますよね。

Macユーザーだけど、Microsoftの今後を危惧してしまう1日でした。

テクノラティ タグ :

ツボにヒットするとジタバタする犬

あ〜、分かるよ、分かる!!その気持ち!!



うちの愛犬のふくちゃんも同じような反応をするツボがあります。場所はちょっと違うけど。

テクノラティ タグ :

2008年5月3日土曜日

人間の可能性って、ほんと無限大。

おせっかいに聞こえるだろうけど、やっぱこういう人を見てると

「人間ってスゲーなぁ…」

と思わずにはいられない。



たしか、昔にも足でギターを弾く人がいたと思うんだけど、別人でしょう。

普通に両手を使ってギターを弾くのでさえ、結構大変なのに両足を使って弾くのは(たぶん)もっと大変(なはず…)。それを考えると、この人が注ぎ込んだエネルギーと集中力にはまさに脱帽。人間、その気になれば何だってできるんだよね。

硫化水素で自殺するくらいなら…とお説教地味たことを書いても仕方がないのだけど、人生を放り投げてしまう前に

「もうちょっといろいろと考え直したら?」

と思ってしまう。

その昔、私はNirvanaってバンドのKurt Cobainに心酔していたのだけど、彼が精神的に不安定な人だったこともあり、自分もそれが“カッコいい”などと思い込んでいたところがあった。実のところ、当時の私は大学受験を失敗し失意のそこにあり、強迫性障害から来るストレスのおかげで胃潰瘍までできてしまった。さらに、太宰を愛読するというものすごい偏りをしていたので、当然「滅びの美」みたいなものに傾倒していた。

いま思えば、それは若さゆえの陶酔感というものがあったと思う。いまでも巷に出回っているのかどうか知らないけれど、『完全自殺マニュアル』なんて本を愛読し、「死」に憧れていた。まったく思い出すだけですごく恥ずかしい…。

でも、私は結局死ななかった。というより、死ぬことよりも生きることが「世間に対する仕返し」になると考えたからだ。2度の大学受験に失敗し、強迫性障害(当時は知らなかったけど)と胃潰瘍で社会を呪う下地はできていた。しかし、そこで発想の転換が起きた。

「自分を2度も大学受験に失敗させるなんて、日本社会は終わってる。もうこの国は捨てよう」

と傲慢な思いを募らせて渡米。これが結果的には自分を更生させた。まぁ、アメリカに着いた時点で更生していたのだけど、アメリカで暮らしていく中で、さらにPositive thinkingが加速したと思う。

これを「逃げ」と呼ぶ人もいるだろう。

でも、それでいいんじゃない?こうしていまも生きているんだし。

受け入れられない現実からは、時として逃げることも手段としてあり、かな…と。

参考として、dankogai氏のブログから:404 Blog Not Found:逃げ上手は生き上手

テクノラティ タグ :

こんな工夫でカメラの三脚が要らなくなるのか!?

3連休をいただいたので、カメラを持って写真を撮りに出掛けようと思っているところへ朗報。

コンパクトデジカメであろうと、一眼レフであろうと、手ブレは撮影の天敵。手ブレ防止機能が付いている機種も結構出回っているけど、あれで撮るのはちょっと気が引けるし、自分の思うような感じに撮れない(仕事では話は別だけど…)。できれば三脚を持って写真撮影に出て行きたいけど、これが結構かさばる。

そんなわけで、オススメのカメラハックがこれ。



$1 Image Stabilizer For Any Camera - Lose The Tripod - video powered by Metacafe


これなら三脚不要かも。

さっそく試してみよう!!

テクノラティ タグ :

2008年5月2日金曜日

なんという暇人たち

コーラにメントスを入れると、噴水状態になるのは結構知られていることと思いますが、それを大掛かりの人数でやった動画がありました。

The Secret Diary of Steve Jobs: Mentos world record



スケールが違うぜ!!

書評:『ソウルイーター』第3巻

普通の書籍はぼちぼち読んでいるので、ここでもう一度『ソウルイーター』を書評。

第3巻の見所はなんと言っても、「椿 vs 妖刀マサムネ」の兄妹対決。
椿ちゃんはしっとりとして、しとやかで、控えめで、それでいて大きな包容欲を持っている女性なんです。現実世界に椿ちゃんがいたら、たぶん知らずに好きになってしまうタイプでしょうね。マンガを読む限りでは、マカちゃんがサイコーなんですけどね…。

さて、肝心の兄妹対決ですが、このあたり、ちょっと『NARUTO』を少し彷彿とさせるかも。力、技、経験のどれをとっても椿ちゃんが兄のマサムネに勝てる見込みはない。それでも「鬼神」と化した兄をこのまま放っておくわけにはいかない。まさに命懸けの戦い。椿ちゃんの生き様、しっかりと見てください。

その戦いの結末は3巻を見てもらうということにして、問題は4巻以降。

2巻の最後のところで、ソウルが魔剣ラグナログによって切られたことで、彼の中に“黒血”が混ざり、それがソウルに狂気を生む。彼もまた「鬼神」になる可能性を持ってしまった。で、4巻からソウルの中の“黒血”が暴走し始めるらしいのだが…。

さて、この「血が混じる」という表現がすごく面白い。

自分も「強迫性障害」を表現するときに使えばよかったな、と思えるくらい、納得のいく表現だ。というのは、自分の中に自分のものとは異なる血が入って来ることにより、それが自分の意志とはまったく別の行動をとらせる。強迫性障害というのは、まさにそんな感じだ。「手にばい菌なんかついていない」ということを頭では重々理解しているのに、頭よりもっと深い“脳”がその認識を悉く退ける。自分の中にある“異質の血”が、自分の意志とは無関係に暴れだし、手だけでなく体全体、そして精神そのものまでもを乗っ取ろうとしていると感じるのが私の強迫性障害だ。だから、ソウルの中の“黒血”というのがすごくよく分かる。

とりあえず、私が内なる“異質の血”をいかにして制御している(出来てないけど…)かといえば、本来の私の性格を前面に押し出すことだ。それは何事にも秩序を求めること。分かりやすく言えば、「きっちりかっちりやる」ってこと。デザインの仕事をしているんで、イラストの位置、サイズ、並び方、そして対称性。デタラメはよくない。無秩序は自分の中の“異質の血”をigniteさせることになる。
そんなわけで、秩序は私にとって精神の安定を保つための重要なファクターのひとつなのである。

さて、4巻からソウルはどう“黒血”と向き合って行くのか?
参考にしたい。

ソウルイーター 3 (3) (ガンガンコミックス)
大久保 篤
4757514131


テクノラティ タグ :

Zenback