2009年6月9日火曜日

iPhone 3GSかぁ…、ソフトバンクにいくら払えば機種交換してくれるんだろう?

WWDC2009の目玉はやはりこれでしたか〜。

iPhone 3GS.png

時期的には新型iPhoneが出て来てもおかしくはなかったし、ウワサの範疇を超えた写真とかリークしてましたから、iPhone 3GSの登場は想定の範囲内。

ただ、新しいiPhoneが出るということは、その新型iPhoneは新たな機能を追加してきているということ。

いま私が持っているiPhone 3Gが来る6月17日にiPhoneOS 3.0にアップグレードしたとしても、iPhone 3GSにあってiPhone 3Gにない機能がある。

アップル - iPhone - iPhone 3G S 新機能のすべて
  • パフォーマンスの向上(←これは魅力的だが問題ではない。次からが問題!!)
  • 3メガピクセルのオートフォーカスカメラ
  • ビデオ撮影
  • 音声コントロール
  • デジタルコンパス
  • MMS3
  • ボイスメモ
  • 日本のケータイからすれば当たり前とも言えるような内容ではあるけれど、

    「Appleが作るんだぜ。フツーのケータイとはワケが違うさ」

    と期待のハードルをぐーんと上げてしまっています。
    まだ今年のWWDCのKeynoteを見てないので、具体的にはどういうことをデモして見せたのかは分かりませんが、iPhoneとMac(PCも可)との連携がより一層向上したことは間違いないでしょう。

    iPhone 3GSは動画も撮れるわけだから、iPhone 3GSで撮ったムービーをiMovieで処理して、iDVDで焼く(ここまではないだろうけど…)なんてこともありでしょう、きっと。

    日本でソフトバンクさんがiPhone 3GSを我々に提供してくれるのは自明でありますが、気になるのは現行iPhone 3GのユーザーはiPhone 3GSに乗り換えることができるのか?ということです。もちろん、お金を払えばできるんでしょうけど、いったい幾らくらいでできるんでしょうか…?個人的には5,000〜10,000円以内なら迷わず交換します。

    しかし、実際のところはどうなるんでしょう…。
    いまはまずiPhoneOS 3.0を待つのが楽しみです。



    テクノラティ タグ :

    0 件のコメント:

    Zenback