2009年8月1日土曜日

『Star Wars』の技術が実現

ARってなんですか?

なところから始まるんですが、Augmented Realityの略で「拡張現実」と呼ばれるものだそうです。
オーギュメンテッドリアリティ(Augmented Reality, AR)とは現実空間に仮想空間を重ね合わせることやその技術のことです。拡張現実や強化現実とも呼ばれます。(引用:拡張現実 - Wikipedia
で、それがどう『Star Wars』と関わってくるのかというと、あの1作目(エピソード4になります)でオビワンやレイア姫のホログラム映像ががR2D2から照射されるシーンがありますよね?そこに関わってきます。

劇中でのオビワンやレイア姫のホログラム映像は、ルークたちのいる現実空間に映し出される仮想空間なわけです。その技術がついに実現したわけです。人間が空想できるものなら、何十年、何百年とかければ実現可能なんですね、きっと。

そして、「拡張現実」という聞き慣れない言葉を組み込まれた名刺が開発され、近日中にはその開発者であるJonasさんからそのソースコードが公開されるとのこと!!この名刺に勝るインパクトの名刺はいまだに見たことがない!!どのような名刺かは下の動画で確認。

Augmented Business Card from jonas on Vimeo.

「助けてオビワンケノービー!」スタイルの拡張現実名刺(動画あり)


AR Business Card from James Alliban on Vimeo.

格好良すぎる、拡張現実な名刺

凄いっす、マジ、ンパネェッす!!ぜひ、自分の次の名刺に組み込みたいです。

Powered by ScribeFire.



, ,



Powered by ScribeFire.

0 件のコメント:

Zenback