2009年9月25日金曜日

UbuntuでネットブックをNAS化。

先日、近所のケーズデンキで1TBの外付けHDDが1万円切った値段で売っていたので、迷うことなく買いました。

で、しばらくはMacBook ProのTimeMachine用のHDDとなっていたんですけど、FireWire800の外付けHDD(640GB)をビックカメラのポイントでタダで購入してしまいました…(なんという衝動買い…orz)。

Western Digital MyBook StudioEdition USB2.0/Firewire400&800/eSATA Mac Formatted 640GB WDH1Q6400JWestern Digital MyBook StudioEdition USB2.0/Firewire400&800/eSATA Mac Formatted 640GB WDH1Q6400J

WESTERNDIGITAL 2009-08-24
売り上げランキング : 11953

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「やっぱFireWire800は速えよな〜。ストレスフリーだぜ!!」

とあっさりと1TBを放棄。さて、この1TBをどうするものか…(-_-;

そこで出て来たのが我が家であんまり使われていないLenovoのIdeaPad S10
をNASにしちまおう
というアイデア。週刊アスキー(週アス)に載っていたんですよね、ネットブックをUbuntuでNASにするという記事が。

IdeaPad S10のWinXPの上にUbuntuを上書きするほど度胸はないので、USBでUbuntuを起動できるように8GBのUSBメモリにUbuntuをインストール。まぁ、1時間とは言わないまでもそこそこ時間はかかりました。でも、便利ですよね、USBで起動できるのって。

そして、USBからUbuntuを起動させてフォルダを共有化させる…のだが、デフォルトでは共有する機能が入ってないので、その場で“共有サービスをインストール”。あっという間です。

そして、任意のフォルダのプロパティの共有タグ内のボックスを各々にチェックを入れて完了。

そして、Mac側では特にあえて何をするわけでもなく、勝手に共有されているIdeaPad S10を認識してくれているので、そこから任意のフォルダへ。

最初は実家にあるeMachineのタワーをこの共有化のために使おうと思っていたのですが、やはりそこそこでかいので家に持って帰るのが面倒なのと、またボード類をいじらねばならないダブルの面倒さがあったので、ネットブックに白羽の矢が刺さったわけです。

ネットブックの何がいいかというと省電力。そして、停電してもバッテリー駆動できる、という2点。夏場はエアコンをガンガンあちこちでつけてくれるので、ブレーカーがしょっちゅう落ちる。その結果、仕事場(実家)のNASの電源も落ちる。その度にデータが壊れてないか顔面蒼白になるのですが、ネットブックを使えばその心配はなさそうです。

Lenovo レノボ・ジャパン IdeaPad S10e ホワイト 4068AGJ
Lenovo レノボ・ジャパン IdeaPad S10e ホワイト 4068AGJ
Lenovo 2008-12-06
売り上げランキング : 15596

おすすめ平均 star
star画面が大きい
star重宝して使っています
starサブノートとして満足

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

来年の夏はネットブックを持ち込んで凌ごうか。

追記:1TBの外付けHDDの行方を書いてませんでしたね。はい、ネットブックに繋げて使ってます。

テクノラティ タグ :

0 件のコメント:

Zenback