2009年12月11日金曜日

書評:『すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい』

だいたい11月くらいになると、来年の手帳をどうしようかなぁ…と考えるのだけど、ここ数年は迷いつつも結局「ほぼ日手帳」に落ち着いてます。

しかし、大事なのは手帳そのものよりも、そこに書かれる内容によって手帳の価値は変わって来ます。

そのことを知って知らずか、手帳術の特集が日経ビジネスあたりで組まれますよね(もちろん、彼らは知っててやっているのだが…)。渡邉美樹氏の「夢に日付を」という手帳術を筆頭に、個々人で手帳の使い方は千差万別です。

みんな、いろんな使い方をしていて、どれが自分にあっているのかわからなーい!!

と悩みを持っている人にとって、本書は最も参考になる1冊かもしれない。

すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい
すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい
三笠書房 2008-12-18
売り上げランキング : 65463

おすすめ平均 star
star体系的ではないが、読みやすく、実用的。
star視点は「Why(なぜ)」
star蟹瀬流手帳の使い方+手帳の達人のアイデア

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目次:
  • 1章 「必要な情報がすぐに出る」手帳術!―「一元管理」をするからいつでも使える、役に立つ!(手帳は情報をアウトプットするためのツール
    手帳を200%活用する選び方、使い方)

  • 2章 一目ですべてがわかる、スケジューリング&記録の技術―何を、どこに、どう書くか?(「年間予定表」で、自分の1年間を俯瞰する
    「月間予定表」は、デッドラインが決め手
    情報(キーワード)は「週間予定表」に詰め込む)

  • 3章 仕事ができる人は、「この情報」をすべて書く!―1冊の手帳で「これだけのこと」ができる(頭がいい人は「この情報」を手帳にメモしている!
    メモの極意―キーワードを使って短く書く)

  • 4章 手帳を「夢実現」のツールとして利用する!―今やるべきことが見えてくる!(手帳に書くことは、夢の実現に道筋をつけること
    今すべきことは何か?―「10年ごとの人生プラン」)

  • 著者の蟹瀬誠一の手帳術はとても参考になるものだと思うし、そんなに奇をてらった手帳術ではないから、彼の手帳の使い方は手帳による情報の一元化にはすごくとっかかりやすいと思います。

    しかし、誰かの方法論がすべての人に当てはまるとは限らないわけで、著者以外の7人の著名人の手帳術が紹介されます。手帳というアナログツールにこだわる方もいれば、Googleカレンダーなどのデジタル(ウェブ)サービスを利用される方もいます。

    「これが正しい手帳の使い方だ!!」というものは存在しないと思うので、まずは誰からの手帳術を真似るところから入って、徐々にいろんな人のいいところをミックスさせて、最終的には自分オリジナルの手帳術ができあがればいいわけです。

    かく言う自分の手帳術はまだまだ発展途上で、仕事の進捗はGoogleカレンダー、個人/家族/セミナーなどはiCal、ToDo管理はRemember The Milk、そして思いついたことや気になったこと、本を読んだときのメモ、仕事上のメモを手帳に書き込むことが多いです。
    ビジネスでもプライベートでも120%役立つ! Google完全活用術 ~クラウドの実践~
    ビジネスでもプライベートでも120%役立つ! Google完全活用術 ~クラウドの実践~
    アスキー・メディアワークス 2009-10-08
    売り上げランキング : 4616


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    メモといえば、Evernoteも使っています。小さな紙にサラッと書いたメモなんかをScanSnapでスキャンして、そのままEvernoteに送り込む寸法です(iPhoneのカメラで撮ることもあり)。

    情報は一元化した方がいいんだけど、いろいろ使った方がいまのところ便利なんですよね…。でも、考えてみるとそれが可能になっているのはiPhoneがあるから、という結論に落ち着きます。

    いまの自分にはまずiPhoneと手帳は切っても切り離せないもので、どちらが欠けてもマズい状態ですね。

    仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
    仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
    光文社 2009-07-16
    売り上げランキング : 925

    おすすめ平均 star
    star考えさせられました
    star時代の流れがノマドにきている
    star大事なことは,クラウド・コンピューティングを使いこなそうという努力を「する」か「しない」か。

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    0 件のコメント:

    Zenback