2010年3月17日水曜日

ロジクールのトラックマン ホイールを購入

久々に普段使っている道具のレビューでもしてみようと思う。

そんなわけで、今日はロジクールのトラックマン ホイール TM-250を紹介。
ロジクール ロジクール トラックマン ホイール TM-250
ロジクール ロジクール トラックマン ホイール TM-250
おすすめ平均
stars注意点。
stars腱鞘炎対策で購入しました。
starsかなりお勧めです
stars超ロングセラーに納得
starsとても良いです。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はこのロジクールのトラックマンホイール、2台持ってます。

最初に購入したときは、ケンジントンのトラックボール(以下、トラボ)とすごく迷った挙げ句、値段の差でロジクールのトラックマンホイールにしたわけです。
ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337
ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337
おすすめ平均
stars疲れます。
starsお値段以上
stars扱いやすく、手にフィットしますよ
stars使いやすい
starsスクロールリングが期待はずれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑こちらが迷ったケンジントンのトラボ。

もちろん、同じロジクールのトラックマンシリーズにもマーブルという秀逸そうなやつもいるわけです。
ロジクール ロジクール トラックマン マーブル TM-150
ロジクール ロジクール トラックマン マーブル TM-150
おすすめ平均
stars゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!
stars使いやすさ最高
starsDAWにオススメです!
stars使いやすいです
stars良い買い物でした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

では、なぜ自分はホイールを選んだのか?

まず、

トラボの神髄ともいうべきボールが人差し指ではなく、親指で動かす仕様であること。


これは単に風変わりなものが好きという自分の性格を反映しています。

そして、

トラボでもスクロール機能は欲しい!!


という、どうしても譲れない条件があったので、スクロール機能を持っていることが重要になります。

最後に、

普通の人よりは少し大きめの自分の手に馴染むものがいい。


これはとても切実な問題です。手の大きい人にはそれなりのサイズの道具が必要です。小さすぎる道具は見た目にはかわいいかもしれないけれど、ただそれだけで使い物になりません。
なので、どうしてもちょっとデカいやつ、もしくは膨らみのあるやつが必要だったのです。

以上の3点を考慮した末に選んだのが、トラックマンホイールだったわけです。



それで結果はどうだったかというと、結構満足しています。
やはり、自分の選択基準は間違っていなかったようで、上記3点はきっちりクリアしてくれています。トラックマンホイールを使い始めてから、普通のマウスが使いづらくなってきて、AppleのMighty Mouseも使いづらくなって来ます(Mighty Mouseの場合、トラックボールが効かなくなる、という致命的な問題の方が大きい)。

プライベートではトラックマンホイールを、仕事ではMighty Mouseを使用していましたが、腱鞘炎も患ってしまったので、家でも仕事場でもトラックマンホイールを使うことにしたわけです。

親指でボールを動かすというのは、最初は動かしづらいかもしれません。普通のトラボならば、人差し指でボールを転がす(Mighty Mouseも同じ)訳ですが、コイツの場合、親指を使うのでどうしても違和感が生まれます。しかし、それも数時間の話。数時間も使っていれば、自然とコツをつかめます。

このトラックマンホイールの場合、そこさえクリアすれば、あとはマウスと同じような感覚で使えます。右側にボタンが2つあり、左右クリックができ、スクロールのホイールもある。慣れてしまえば、実に使いやすい道具です。

ただ、これが最高に使いやすいかといえば、そうではありません。
Mighty MouseだとExposéとDashboardのボタンの使い分けができてました。さらに、Illustratorで画面を上下左右にスクロールさせるのにも、そのトラックボールで動かすことが可能でした。しかし、トラックマンホイールでは残念ながらExposéかDashboard(Spacesも可)のいずれか、上下はできても左右のスクロールは不可というハンデがあります。

この辺が改良されたものがあれば、最高に使いやすいトラボになるだろうと思います。

それに、トラックボールといったらケンジントンなので、ケンジントン社製のトラボを使わずして、何が言えましょうか!?ケンジントンを知って、真のトラボを知ることになると思います。

マウスの使い過ぎで腱鞘炎になっているという方、トラボはオススメです。ペンタブもいいけど、ペンタブも場所を取ります。絵を描くんだ!!という人は仕方ありませんが、腱鞘炎でマウスを動かすのが辛いのであれば、迷わずトラボを使うことをオススメします。

0 件のコメント:

Zenback