2010年5月21日金曜日

もうすでに7巻が読みたくてたまらない。:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない(第6巻)』

今回はクーポンとかあったので、Amazonではなくbk1で本書を購入。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)かんざき ひろ

おすすめ平均
stars小作品の集まりの巻
stars安定感すら漂う作風
stars沙織の素顔が…
stars沙織可愛かったです!
stars遂に沙織の正体が!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まだ全体を読み切っているわけじゃないんだけど、いろんな謎(?)が明かされた巻になっている。

まず、沙織の正体(というか素顔?)。

沙織という人物は

「私、脱いだらスゴいんです!!」

的な感じなんだろうなぁ…とは第1巻での登場から思ってはいたのだけど、この第6巻で明かされた彼女の素顔には、京介と同様に

「誰だオマエー!?」


ってなってしまった…。

その沙織の挿絵がちゃんとあるのだが、はっきり言って「好きだ…」

くそぅ、まさか(いい意味で)こんな感じに作者である伏見つかさ先生に裏切られるとは思わなかったぜ。

そして、第5巻に名前だけ出ていた桐乃の留学先での妹。

この子の行動というより、この子の言動がこの物語の真実を物語っているようにしか思えない。

桐乃がLAでボロボロになって元気なくなっていたのは、大好きな兄貴に会えなかったからだよ、というような旨の言葉を吐く。

まぁ、これが桐乃の本心であり、この物語の核心なんだろうと思う。いかにして、そこへラストを導いていくのか?

それは作者の腕の見せ所ってやつだろう。

そして、最後の最後に読んでるこちらもドキッとする言葉を桐乃が口にする。

こればかりはネタバレするわけにはいかないと思うので控えておこう。しかし、最後にそう来るとは思わなかったよ…。

「人生相談」で次巻に続くのかと思いきや、コーヒーを飲んでたら吹いてしまいそうな締め方にしてる。

あとがきにおける、伏見先生のお言葉によると、第7巻は恋愛をテーマにしたものになるらしい。これって、やっぱアレですか?桐乃と京介の関係がメインに持って来られるんでしょうか?

それとも、また別のキャラが登場して物語に奥行きを作っていくのか?

個人的には

「もっと黒猫の出番を!!」

なのだが、今回明らかになった沙織の普段の姿を作者にもっと描いてもらいたい、という思いもある。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』はアニメ化になるようだし、かなり勢いづいてんな。桐乃のフィギュアを買い損ねた(予約し損ねた)自分としては、このラノベのアニメ化は嬉しい限りだ。

ところで、この物語、伏見先生の作家としての腕も素晴らしいのだが、表紙&挿絵担当のかんざきひろ先生のイラストも申し分なく素晴らしい。というか、自分がこのシリーズを知ったのは、かんざきひろ先生の描く桐乃に惹かれて第1巻を手にしたことがきっかけだったりする…。

そして、このかんざきひろ先生、ハンパない人でプロのアニメーターであり、イラストレーターであり、DJでもある

ニコ動ではかんざきひろ先生、かなり著名な方なので知っておられる方も多いかも。
まだ知らない方には、かんざきひろ先生が全部作ったという初音ミクのトランスを視聴してみてください。



プロってすごいな…と放心状態。

0 件のコメント:

Zenback