2010年8月18日水曜日

「何を書くか?」よりも「どう書くか?」が気になる…。

巷では空前のノート術ブームと言っていいほど、ノート術について書かれた本が出回ってます。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)奥野 宣之

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008-03-12
売り上げランキング : 6772

おすすめ平均 star
star頭を空にする事の重要性
star著者のまとめ方を知ることができます
star全ての知的活動を行う人へ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

僕も何冊が読みましたが、まだ自分流のノート術を確立できていないですね。何人かの著者のやり方を参考にしつつ、自分流にアレンジしようと思っても、やはり核になる部分ができてないとうまくいきませんし、そもそも長続きしません。

僕の場合、メモパッドにダァーッと走り書きをしていって、それを手帳に挟んだり、目につくところに置くようにしていることが多いので、系統としては、先日お亡くなりになられた梅棹忠夫氏の書かれた『知的生産の技術』で紹介されているKJ法(正確には梅棹氏が開発されたものではないけど)に近いと思います。

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)梅棹 忠夫

岩波書店 1969-07
売り上げランキング : 816

おすすめ平均 star
starカードは話のタネだった
starいまでも使えるその理由は
starこれぞ現代人必読の知的生産術!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

実はこのKJ法は、今では知らない人はいないであろうEvernoteと仕組みが酷似していると思います。したがって、Evernoteは僕にとって、とても使い勝手のいいものであるはずなのですが、実際はそうでもないんです。

紙とペンによる最も原始的なメモ書きが、自分にとっては最も心地よく、これ以上ないと思えるほどの自由度を感じます。

それなのに、なぜノート術にこだわりがあるのかと言えば、ブームに踊らされている感も否めませんが、「後々になってちゃんと見返すことのできるものが欲しい」という思いが強いからだと思います。この場合、デジタル型の方が検索性があり、利便性が高いように思えます。しかし、僕の場合はそこんところはアナログ型にこだわります。つまり、ノートに記してある方を選びます。それは思いついたら即、書き込み(落書き?)ができる自由度の高さがあるからです。

文章を書くだけなら、Evernoteだってなんだっていいわけです。でも、そこにサラサラッとイラストや思いついた言葉を走り書きしたい。そうなってくると、もう紙とペンでないと困るわけです。そこまでわかっていながら、僕はノートをうまく使えない。たぶん、ノート術の本を読みすぎたせいで頭でっかちになっているのかもしれません。

 

そう考えると、「この人のノート術を真似しよう」と決めたら、その人のやり方を徹底的にコピーするのがいちばん良さそう。

まぁ、何かを極めようと思ったら、やはり守・破・離の手順を踏まなければならないのでしょうね。

その前に、手帳(ほぼ日手帳)とノートとで書く内容に重複があってもいいのか、それともきちんと分けるべきなのかを決めなくちゃいけません…。

考え始めると進めなくなりそうになってきたので、もう走り出すしかないな、これは…(汗

0 件のコメント:

Zenback