2010年10月4日月曜日

iPadがあればどうにかなるのか

Macがない日々をもう10日間くらい過ごしてます…。

WebチェックやメールはiPhoneからでも出来るし、仕事の進捗管理もこれまたiPhone×Googleカレンダーでやってるので、iPhoneはやっぱりスゴい存在だと思うんだけど…。

ただ、なんというか、自分の発想の幅というか、アイデアを広げていくときに、ツールの大きさと発想の広がり方が、比例しているように思えてならない。

そもそも、iPhoneではクリエイティブな発想そのものが出てこない。一方、Macに向かっているときは、考えることのみに集中できる。

おそらくは画面の大きさと関係があるんだろう。

そこでiPadなんだが、画面が広くなることで、自分の発想も広がってくれるのかなぁ…。いまのところ、購入順としては後方にいるので、自分がiPadを持ち歩くときはもうしばらくやってこないだろうけど。

明日にはMacがもどって来そうなので、溜めている仕事を一気に片付けたい。

-- via Blogpress

2 件のコメント:

shinji さんのコメント...

同感です。
iphoneで集中的に思考できれば良いんだけれど、
僕はなかなかその気になれなくて、メモ帳か、スケジュール
ぐらいの使い方になります。
macを前にすると、いろいろ気が散っちゃいますが、
思考モードに入れます。ipadも持っていて、やはりディスプレーの大きさに比例すると思います。

sigmund_freud さんのコメント...

コメントありがとうございます。

iPad、いまではかなり多くの人が持ってますよね。自分の周りでも、会社の経営者の方で「ノートパソコンをやめてiPadですべて自分の仕事ができた」とおっしゃってる人もいるくらいです。

iPadくらいのサイズがあれば、クリエイティブな仕事/発想もできるようになるのかな〜?と、持っていない自分は想像するわけです…。

やはり、画面が大きい方が思考のフィールドが広がるようでいいですよね。MacBook Proもできたら17インチが欲しいくらいです。

Zenback