2010年11月4日木曜日

相模屋のお豆腐、ンパネエっす。

ちょっと前になってしまうのだけど、Fans:Fansで相模屋食料株式会社さんのお豆腐のレビューキャンペーンに応募したところ、これが当選いたしまして結構な量のお豆腐が我が家に到着いたしました。

我が家に届いたお豆腐を写真に撮っておけばよかったのだけど、開封一番、速攻で食してしまいお豆腐さん達全員が揃った写真がないので、ここでは入っていたお豆腐のリストアップにしておきます。

すべてのレビューをすると結構なボリュームになるので、食べた瞬間に「うおおおッ!!!」となったお豆腐を1点だけ紹介します。

「焼いておいしい絹厚揚げ」おでん編

IMG_0723.JPG

「焼いておいしい」とうたっているのに、なぜか最初はおでんの具にしてしまいました(笑)(←おでん・煮物でもおいしい!とあるからOKですよね!?)。が、これが功を奏したのか、この厚揚げのとんでもないクオリティにうちの奥さん共々、驚嘆の声をあげてしまいました。

IMG_0739.JPG

いっさい手を加えていない写真ばかりですいません…(汗)

食べてもらうとよく分かるんですが、この厚揚げ、普通にスーパーなんかで売っている厚揚げとは別次元のものでした。すんご〜いモチモチした食感。一瞬、胡麻豆腐食べてるのかと思いましたよ。

胡麻豆腐を食べられる方なら分かると思いますが、あのモチモチ感です。そして、ウマいです。それ以上に何も言えません。「こんな厚揚げがあったのか!?」と夫婦共にひっくり返りましたよ。

おでんで食べたんだから、ダシがしっかりしみ込んでいて、普段食べる「おでんの厚揚げ」とは別物でした。この時点で「相模屋さん、ありがとうございます!」という気持ちでいっぱいでした。

「焼いておいしい絹厚揚げ」焼き厚揚げ編

そして、いわば本命にあたる「焼いておいしい」厚揚げをいただきました。

IMG_0758.jpg

フライパンで表面をカリッと焼いたあと、さらにオーブントースターで仕上げの焼き色をつけました。で、シンプルなのがいいだろうということで、おろし生姜に醤油という味付けでいただきました。

前述の通り、モチモチとした食感は最高です。そして、今回、表面をカリカリに焼いたことで、内側と外側の食感の違いがついて、「なるほどな、そら、焼いた方が美味しいかもな」と思わざるを得ませんでした。

今回、「おろし生姜+醤油」というコンボでいただきましたが、この厚揚げなら粗塩を適宜ふりかけていただくのも一興かと。どちらかというと、粗塩でいただく方がこの厚揚げの美味しさを存分に引き出せるのではないだろうかと、いま振り返ってみると思います。

その他のお豆腐は?

もちろん、この他のお豆腐さん達も素晴らしいです。とくに、「大豆まるごと!クリーミィとうふ」は文字通りにクリーミィ!!ラー油かけていただきましたが、内心「余計なことをしてしまった…orz」と後悔してしまいました。そのまんま食べるのが正解でしたね。すいません、相模屋さん。

これまでお豆腐は京都の男前豆腐をよく食べていたのですが、相模屋さんのお豆腐はまさしくライバルにあたりますね。どちらもお豆腐の種類がたくさんあるので、いろいろ食べ比べられるのが楽しいと思います。

1 件のコメント:

Teuvo Vehkalahti さんのコメント...

Very nice photo, and your blog as a whole is nice to read and watch. I like your blog very much. Come take a look Teuvo images www.ttvehkalahti.blogspot.com blog and tell all your friends why you should visit Teuvo pictures blog. Therefore, to obtain your country's flag to rise higher in my blog. September Sincerely, Teuvo Vehkalahti Suomi Finland

Zenback