2010年12月27日月曜日

明日は仕事納め!

明日で仕事納めです。

今年一年を振り返って、自分は成長できただろうか?

ハッキリ言えば、成長させてもらったの一言に尽きます。

実際には仕事とは関係のない場所で思わぬ出会いがあり、それがやがて仕事に繋がったこともありました。

しかし、そんなことよりもそういう出逢いから、人としての成長の糧になるものをた~くさんいただきました。

また、家庭内では息子の成長と共に、父親として自分はどうなりたいかを四六時中考えるようになりました。

そして、来年の春から仕事に復帰する予定の妻のサポートも重要課題です。

僕の職場は家からかなり遠いところにあるので、子供が保育所に入って、迎えに行くのは自ずと妻にお願いすることが増えることになります。

男(夫)は仕事をしっかりやって、お金を家庭に持って帰ってくればいい、という時代はもう終わっています。

それに息子のことが僕は本当に大好きですし、できることなら24時間一緒に遊んでいたいくらいです。

しかし、それができないのが実情。

それでも、父親として息子のためにできることは最大限します。

そして、夫として妻のためにできることも最大限するつもりです。

仕事と家庭の両立は、昔の人からすれば相反するものに映るのかもしれません。

けれど、それは当時の社会のインフラと古いメンタリティを引きずっているから、そう思っちゃうんじゃないかと勝手に推測します。

今の社会の持つインフラと新しいマインドセットを掛け合わせれば、仕事も家庭もうまくいくと信じてます。

それが現実のものとなっていくためには、地道な毎日の地味~な積み重ねが不可欠なのですよね…。

ある日突然に、すべてがうまく回っていくことなんてあり得ない訳ですから。

だから、敢えてもう一度、自戒の意味を込めて書きます。

毎日の地味な積み重ねが大事なのだ、と。

それがこの年末に読んだ『夢をかなえるゾウ 』から学んだ、最も脳に刻まれたメッセージでした。

これだけは忘れんなよ、ってことですね。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
水野 敬也

飛鳥新社 2007-08-11
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

0 件のコメント:

Zenback