2010年12月10日金曜日

MacBook ProのHDDをSSDに換装する(その4)

SSDへの換装を終えて、OSを再起動。

SSDって本当に速いの?

巷で「SSDは爆速!!」という触れ込みが完全に刷り込まれているので、Macを再起動させた途端にスタートアップの画面が出てくるような誤った印象を抱いておりました…(恥

YouTubeで探せば、いくらでもSDDでどれくらい起動が速くなるかを見せている動画があるのに、それをよく見なかった自分が間違いでした…。

ちなみにSSDにするとこれくらい速いというデモがこちら。 HDDでの起動との比較動画になります。46秒あたりからSSDでの起動になります。

うん、まぁ、たしかにうちもこのくらいのスピードだ。

ぶっちゃけますと、スタートアップの段階ではちょっと「アレ?」と思ったわけですよ。なにせ期待値がすんごく高かったもんですから。

たしかに、これまでの起動スピードよりは速くなってましたが、自分の思い描いていたスピードは、もう一瞬で起動するッ!というレベルだったので、そもそもに無理がありました…(反省

したがって、そのスピードに嘘偽りはありませんでした。 しかし、そんな自分でも「おおッ!これは素晴らしいッ!」と思ったのは、AdobeのCS関係の起動スピードでした。

AdobeのCreative SuiteでSSDの速さを検証

まずはPhotoshop CS4を起動した場合(仕事の合間にiPhoneで撮りました)。

何秒でクソ重いPhotoshopが起動したかは計測していませんが、この速さでの起動ならストレスフリーです。

いや、正直ぶったまげました。「ここまで速いのか!?」と。

続いてIllustrator CS4。こちらも起動に時間がかかりますよね〜。

こちらもサクッと起動してくれました。

「いつになったら使えるようになるんだよ、オイ!」というツッコミを入れる間もありませんでした。

上記以外のアプリ(Office for Mac 2010など)でも試してみました。Wordであろうと、Excelであろうと、いままでの起動のノロさは何だったんだ?と仰天するほど、SSD効果が表れました。

結論:もうHDDには戻れない…

当初は「なんだよ、SSDもたいしたことないな」と思っていた私にとって、Adobe CS群での結果は度肝を抜かされました。

「Photoshop/Illustratorって、こんなに速く起動させることができたんだ…」 とひたすら感心しております。

もちろん、SSDの威力はアプリの起動についてだけではありません。使っているとじわじわ伝わってくるのですが、マシンが1つも2つもスペック上のものになったような感覚です。

HDDからSSDに換装したおかげで、私と愛機MacBook Pro15インチとの関係は、まさに「呼べばすぐに応えてくれる」ものになりました。 そして、幸いなことにいまのところ、SSD特有のプチフリという現象にもあっていません。

次期MacBook ProはSSD搭載はガチ、だろ?

MacBook Airの評判もすこぶる良いようですし、MacBook ProのHDDをSSDに換装した人からすれば、少なくともシステムはSSDで起動が今後のデフォルトになるのは当然です。

SSDの効果を自分のMacで確かめたい人は、それほど値の張らないCFD社のSSDをお勧めします。そりゃあ、私だってIntel製が欲しかったわけですけど、倍くらいに値段が変わってくるので、ここは手軽かつ日本製という安心感のCFD社のSSDを採用させてもらいました。

B003DXCMLGシー・エフ・デー販売 WJ3シリーズ2.5インチSATA接続SSD DRAM搭載(DDR2-128MB) JM612コントローラー Trimコマンド&NCQ 対応CSSD-SM128WJ3 シー・エフ・デー販売

 

by G-Tools

とAmazonを調べていたところ、Intelからも比較的リーズナブルなSSDが。。。

Intel SSD 120GB SATA 2.5inch MLC w/Cable Retail K SSDSA2MH120G2K5Intel SSD 120GB SATA 2.5inch MLC w/Cable Retail K SSDSA2MH120G2K5

 

インテル 2010-10-29 売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まぁ、いいよ…。自分はいまので満足してるんだから。

 

4 件のコメント:

campanella さんのコメント...

多分、使ってるうちにもっと速く起動するようになりますよ。
起動システムを一回macOSにあわせ直すと速くなることもあります。

sigmund_freud さんのコメント...

コメント、ありがとうございます。
返事が遅くなってすいません…。

使っているうちにもっと速く起動するようになるもんなんですね。言われてみれば、確かにSSDを導入したときから比べて、パファーマンスが向上している気がします。

勉強不足で申し訳ないんですけど、「起動システムを一回macOSを合わせ直す」とは、実際にはどうするのか教えてください。クリーンインストールのことでしょうか?

よろしくお願いします。

campanella さんのコメント...

システム環境の起動ディスクをMac OSに合わせてみてください。
といっても最初からMacが選択されていると思いますが、例えば一回bootcampやネットワーク起動を選択してもう一回Mac OSに戻してみてください、選択して戻すだけですので起動しなおしたりする必要はないです。

私の環境では何度かセットアップ直後にssdの割に起動がチンタラすることがありましたがこれで直りました。

どういうわけか違う起動ディスクを先に読みにいってる感じでしたので。

よろしくです。

sigmund_freud さんのコメント...

度々のコメントありがとうございます。

なるほど、起動ディスクをMacOSに合わせる、とはそうやるのですね!

ということで、早速やってみました。

たしかに、SSDを導入した当初に比べて、起動のスピードが格段に違います…というか、ちょっと目を10秒ほどスクリーンから離していて再びスクリーンに目を戻すと、「あれ、もう立ち上がってる…」状態でした。

アプリの起動も(特にChrome)すこぶる速いです。Chromeの立ち上がりを先に見てしまうと、Safariの起動がずいぶん時間がかかるような気がしてしまいます(汗

いやぁ、ほんとにありがとうございます。
もし新型MacBook Proが出ても、これでしばらく買い替えの予定が遠退きそうですw

Zenback