2011年3月28日月曜日

カーペットにおけるスクレイパーの使い方

先日、気づいたことをメモ。

 

カーペットの掃除と言えば、普通は掃除機を使うはず。でも、掃除機をかけるのはちょっと面倒…という程度のものであれば、スクレイパーを使うのも1つの手かもしれない。

 

毛の短いカーペット上のちょっと大きなゴミならば、100円ショップで売っているようなスクレイパーで十分。 カーペットに毛の流れがあるなら、その流れに沿ってスクレイパーを擦り流す(という表現が良さそう)。

 

すると、紙くずやらパン粉やら、一気に擦り取れる。これを何度か繰り返すと、カーペットの毛の中にある埃や塵(砂)もそこそこ取れる。

 

子供のいる家庭なら、この方法だと子供も興味を持ってくれて、一緒にカーペットの掃除ができるかもしれない(笑)

 

もちろん、スクレイパーはカーペットだけでなく、フローリングにも使える。

 

どちらかといえば、フローリングで使う方が効果は絶大かもしれない。

 

ただし、あんまり堅いものがフローリング上にあると、それが元で傷ができるかもしれない。なので、あらかじめそういう堅そうなものはどけておくのがよろしいかと…。

OXO グッド・グリップス スクイージー 36081OXO グッド・グリップス スクイージー 36081

OXO (オクソー)
売り上げランキング : 2537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
dyson DC26 CF DC26CFTHENTdyson DC26 CF DC26CFTHENT

Dyson (ダイソン) 2010-09-30
売り上げランキング : 553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

0 件のコメント:

Zenback