2011年6月16日木曜日

37歳になりました。

ここのところ、開店休業中だったこのブログもいい加減そろそろちゃんと更新していかねば…と思いながら、私、本日(日付が変わって昨日)37歳になりました。

 

37歳ともなると、

「オレも年を取ったなぁ〜」

という感覚に否が応でもなります。

 

しかし、37歳になっても勉強し足りないことばかり。

 

だからといって、大学に戻って勉強できるわけでもなく、そもそも大学に行ったからといって勉強できるようなことでもなく、ほんと毎日毎日常にアンテナを張り巡らしておかないと、いろんなことが自分の目の前を通り過ぎてしまいます。それも自分が気がつかないうちに。

 

中には「チャンス」とか「好機」とか呼ばれるようなものもあり、こればっかりは普段から意識していないと見過ごすこと必至です。

 

「チャンスの女神には前髪しかない」とはよく言ったもので、彼女が過ぎ去ってしまってからはどうにも彼女を捕まえることはできないのです。

 

だからこそ、チャンスの女神が目の前に現れたときには、すかさず前髪をつかんで離さないようにしなきゃいけませんね。まぁ、絵的にその姿を見たら、倫理的にいかがなものか…(;´Д`)な光景ですけど…。

 

何にせよ、毎日を一生懸命に生きるしかないのです。

 

それも誠実さと正直さ、熱心さ、努力、工夫を欠かさぬままで。

 

長々と書きましたが、37歳になった自分の決意表明みたいなもんですね。

このブログも週に3回は更新できるようにしたい。いや、するのだ!( ー`дー´)キリッ

そのためにはいろいろとクリアせねばならないことがあるのですが、それもまぁ、人生修養だと思ってやっていく所存でありますw

 

今後とも宜しくお願いします、みなさま。

 

ど真剣に生きる (生活人新書 327)
稲盛 和夫 日本放送出版協会 売り上げランキング: 19617

 

 

 

↑ここのところ、稲盛さんの本ばかり繰り返し(オーディオブックで)読んでます。御年78になられても情熱的な方です。憧れの人です。

 

0 件のコメント:

Zenback