2011年7月12日火曜日

仕事=ギフトの基本は相手思考

ネットサーフをしていて、ふと目に留まった記事が結構いいヒントになったので、急いでメモ。

Business Media 誠:郷好文の“うふふ”マーケティング:すべての仕事はギフトである――“相手思考”を持つ方法 (2/3):

  1. 相手の「欲しい」を考える(相手の理解)
  2. サプライズがある(贈り物! 私に?)
  3. 中身を想像させる(何だろう? という期待感)
  4. ワクワクして開ける(ぴったりのラッピング)
  5. 開けて歓声が上がる(欲しかったもの)
  6. もらって幸せ(ありがとう!)
  7. 贈って幸せ(どういたしまして)
  8. 贈り主の個性が伝わる(自分の理解)

なるほどねぇ…。そういうふうに分析できる訳ですね。

仕事をするときに忘れちゃいけないことだわ、これは。

もちろん、私生活においてもパートナーへのギフトを贈る際に、ぜひ参考にしたい8つのことでもありますな。

 

誰からも「気がきく」と言われる45の習慣
能町光香
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 850
Qu'il fait bon~キルフェボンからの素敵な贈り物 (e-MOOK)

宝島社 (2011-07-12)
売り上げランキング: 204

0 件のコメント:

Zenback