2011年7月18日月曜日

MacBook Pro17インチのメモリを8GBに増やす。

PCのメモリなんて、どんどん安くなっていってますね。

 

 

 

 

 

「こんなん安いんだったら、自分でやった方が安くつくわ!」的なノリで、この間買ったばかりのMacBook Pro17インチのメモリを4GB→8GBに増設しました。

 

ユニボディのMBPの底フタを開けるなんて、なんてことはないはずとタカを括っていたら、これが自分的には大ハズレ。

ボディの裏フタを留めているビスをひとつひとつ外していくと、どのビスにも青いゆるみ止め剤が付いています。これを見た途端に、

「自分は開けてはいけないところを開けているんだ…」

という気分になり、引き返したい気持ちになりました。しかし、もう事は始まってしまっているわけで、任務は遂行していくしかないのです。

エアコンの効いている部屋だというのに、全身に汗をかきました。ただし、手のひらだけには汗はかきませんでした。そこは気が張っていたのだと思います。

ちなみに、現行のMacBook Proの底フタを開けるには、こちらのタイプの精密ドライバーが要ります。

 

アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450
兼古製作所
売り上げランキング: 46

いくつかのアプリの起動など速くなった気がしますが、HDDからSSDに換装したときのような変貌ぶり(ダブルオーネタで言えば「トランザムッ!」です)はありません。

まぁ、そもそも4GBでもサクサク動いて何の問題もなかったわけです。そこをあえて8GBにしようとするとのは、ただの浪費とも言えるでしょう。

メモリを増設し終えて、数分後の感想は正直に言うと、「ぶっちゃけ、メモリ増やさなくても良かったよね…orz」 な気持ちになりました。

 

まぁ、これを機会にメモリをいっぱい食いそうなこともしていくことにします。仕事でもプライベートでも。 まぁ、当面は撮り貯めた息子の動画の編集をiMovieでやります。これはメモリをたくさん必要とするので、まさに持ってこいの内容です。

今回の教訓としては、不必要なものまで手に入れようとしない、というところですね。

逆に言えば、それだけ現行のMacBook Proは全体的なパフォーマンスが高いということです。やはりプロ機はこうあってほしい。

 

iMovie App
カテゴリ: ビデオ
価格: ¥1,300

0 件のコメント:

Zenback