2012年11月6日火曜日

ブログを毎日更新されてる方々はいったいどのようにして、ブログを書く時間を確保しているのか?

ブログの更新って難しいですよね。

結婚して、子供が生まれて、子育てが始まって…そして、また子供が生まれて…となると、そう簡単にブログの更新などできません。

結婚した当初は、仕事から家に帰って来て、夫婦でご飯を食べたり、話をしたりして、あとは各々の時間を自由に使うことができたのですが、子供が生まれてからは子供中心の生活になります。それはやむを得ないことだと思いますし、それが子供にとって最良なのではないかと、自分自身考えています。

そうなってくると、もちろん自分の時間を持つのが難しくなってきます。

そんな生活を送りながらもブログを更新するには、なにかそれなりの策というものが存在するはず。

そこで気になるのは、

「ブログを頻繁にされてる方々はいったいどのようにして、ブログを書く時間を確保しているのか?」

という直球すぎる質問です。

自身の仕事を持ち、愛する家族との時間もきっちり持ちながら、なおかつブログを更新できる…なんともスーパーマンな人じゃなきゃ無理!と思っていたら、やはりいました。

堀 正岳さんのブログLifehacking.jpに、まんま私の疑問への解答が載ってました。

もしブログの更新を定期的に行いたいと考えているなら、日常の空き時間は「執筆」を軸足としなければ空き時間を確保することは絶望的です。

なるほど。そもそも、出発点を間違えてしまっていたのですね。

はじめからブログの執筆ありきで日常を送っていなければ、そもそも無理な話だったわけだ。

このこと以外にも、いつでもどこでも文章を書けるような環境を自分の周りに整えておくというTIPも紹介されていました。

例えば、

  • ブログ記事の構想を練る時間と執筆する時間を分離しておくこと
  • 執筆に際してiPhoneの音声認識入力を利用する

といったことなどが挙げられていました。

忙しくても目的意識を高く持っていれば、必ずその目的を達成するための方法や手段はいくらでも見つけられるのですね。

自分も毎日の更新とまではいかなくても、週に2回は更新できるような状態を整えていこうと思います。まずは、ブログ記事の構想と執筆時間を分離することからトライしてみよう。

 

理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで (ブルーバックス)
理系のためのクラウド知的生産術―メール処理から論文執筆まで (ブルーバックス)
posted with amazlet at 12.11.06
堀 正岳
講談社
売り上げランキング: 74921
Gachatech
Gachatech
するぷろ for iPhone(ブログエディタ)
★★★★☆
41件の評価
 
App Store

0 件のコメント:

Zenback