2012年6月26日火曜日

MacBook Proの言語環境を英語にしてみたら、Macの動きがキビキビ速くなった。

Macを日常使ってらっしゃる方で、「どうしても日本語環境でなければイヤだ」という方以外は一度お試しあれ。Macの動作が心なしか…というよりも、明らかに速くなります。

 

やり方は至って簡単。


[システム環境設定>言語とテキスト]とクリックしていって、[言語]タブにおいて言語のリスト(←たくさん並んでますよね)の1番上に英語を持って来ます。

 

そして、あとはログアウト→ログインするか、OSを再起動してください。

 

これでFinderのメニュー表示が英語になっていることに気がつくでしょう。ここで表示が英語になっているからってビビってはいけません。あなたが普段使っているMacのメニューがどういう順番で並んでいたかは思い出せるはずでしょう。それができれば問題ありません。

 

そして、MailなりSafariを立ち上げてみてください。 今までよりも1秒くらい速くなっているかもしれません。

 

僕の場合、「SSDに換装したっけ?」と自問したくなるくらい反応が速くなりました(もっともSSDだともっと速いですが…)。

 

個人的には、この設定変更でAdobeアプリケーションの起動にストレスがなくなりました。 以前使っていたMacBook Pro(15in)はHDDからSSDに換装していたので、IllustratorであれPhotoshopであれ(言い過ぎですが)一瞬で起動できてました。それと同等のスピードで起動はしてくれませんが、かなり近い速さで起動させてくれます。

 

「新しいMacを買うお金がないけど、もっと速いMacが欲しい!」という方は一度試されてはいかがでしょう?いま使ってるMacが英語環境になって、ちょっとばかし速くなると、まるで新しいMacを使っている気分になるかもしれません。

2012年6月14日木曜日

Numbers用の関数一覧表

「Excelは定番で使いやすいけど、個人的に使うならNumbersでもいいなじゃないか?」

と思い立ち、Numbersでいろいろと試行錯誤やってるところです。

 

Numbers App
価格:1700
ジャンル:仕事効率化

 

まずはNumbersでガントチャートめいたものを作りたいと思い、現在製作中。

ガントチャート作るなら無視できないのがスプレッドシートの関数です…。これがまたややこしい。Excelを使いこなせる人なら、Numbersでも勘を頼りに作っていけるのかもしれないけれど、自分はまだそこまでいってません。

ということで、Numbers用の関数一覧表を調べてみました。

リンクはこちら→:アップル - Numbers -関数一覧

 

論理と情報

AND

AND関数は、すべての引数が真の場合はTRUEを、それ以外の場合はFALSEを返します。

FALSE

FALSE関数はブール値FALSEを返します。この関数は、ほかの表計算アプリケーションから読み込んだ表との互換性を維持するために用意されています。

IF

IF関数は、指定された式がブール値TRUEまたはFALSEのどちらを返すかに応じて、2つの値のうち1つを返します。

IFERROR

IFERROR関数は、指定された値がエラーを返す場合は指定した値を返し、それ以外の場合は指定された値を返します。

ISBLANK

ISBLANK関数は、指定したセル番地が空の場合はTRUEを、そうでない場合はFALSEを返します。

ISERROR

ISERROR関数は、指定した式がエラーを返した場合はTRUEを、それ以外の場合はFALSEを返します。

ISEVEN

ISEVEN関数は、指定した数値が偶数(2で割り切れる)の場合はTRUEを、それ以外の場合はFALSEを返します。

ISODD

ISODD関数は、指定した数値が奇数(2で割り切れない)の場合はTRUEを、それ以外の場合はFALSEを返します。

NOT

NOT関数は、指定した式のブール値の反対を返します。


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんな具合に、一応基本的な内容が紹介されてあります。
ありがたいものではあるのだけど、やっぱ実用例がたくさん載っているといいのだけど…。
それはやはり有志の方のサイトを探すしかないか…。

 

ところで、新しく発表されたMacBook Pro Retinaモデルいいですね〜。
しかし、スペック高過ぎて自分に不釣り合いではないかと懸念中。日常の仕事内容もMBP寄りからMBA寄りになって来ている気もするので、Retinaモデルは見送ることにしようかなぁ。

 

Zenback