2012年8月29日水曜日

手帳になんでも書きまくっていくと仕事が捗るようになった

Medium 1620130146

手帳にメモを残しまくることで仕事やプライベートのことが充実する、などと手帳術関連の書籍を読んでると必ず書いてある。

それらの言葉を読むたびに、 「んなわきゃないだろう〜?」 と思っていたのが、『1年以内に夢がかなう「先まわり」手帳術』を読んでる最中から、試しに手帳にとにかくメモを残していくようにした。

  • その日に終了させるべき仕事
  • 取引先やお客さんからとの会話のメモ
  • 仕事内容の急な変更
  • ふと頭によぎったたわいもないこと
  • 帰宅後、家の中で気になったこと
  • 本やブログ、テレビなどで気になったこと、etc.

すると、どうだろうか、1日目にはこれといった変化はなかったものの、頭に浮かんでくる…というか、頭の中をよぎることをその都度手帳に書き込んでいくことにより、頭の中を常に空にすることができているような気がしてきた。

2日目、前日の通り、頭の中をよぎること、気になることは面倒臭くても、その都度手帳に書き込んだ。それと同時にその日にこなさなければならないタスクもリスト化して書き込んだ。外出中、手帳が手元にないときはiPhoneアプリのPosteverや標準のメモアプリを使用した。

Atech inc.
Atech inc.
Post Ever
★★★★★
963件の評価
 
App Store

とにかく心がけたのは、「覚えておく」ということを極力排除するようにしたこと。記憶は外部へ。自身の脳は考えるために使うようにした。

3日目、だいたいやることは2日目と変わらない。しかし、「先まわり」の意味が突然理解できた。というか、「なんで今まで気がつかなかったんだ?」という恥ずかしさでいっぱいになった。

カレンダーを「先まわり」することによって、今を客観的に見ることができるようになる。この日に○○をするなら、今日はコレ、明日はコレ…といった具合で段取りを組んでいける。

当たり前のことなのに、頭では分かっていてもこの体は数日前までは分かっていなかった。こんなにシンプルなことがどうして分からなかったんだ?そして、そのシンプルなことは、なんと劇的に毎日を変えてくれることか!

シンプルゆえに続けられる。シンプルゆえにパワフル。

自分に課している決まりはひとつ。頭の中を空にする。

記憶しないために手帳にメモを残す。メモを何に残すのかは何でも構わない、と思う。モレスキンであれ、Evernoteであれ、メモアプリであれ、なんだって構わない。

どれを使っても1日に何度もメモを見る。書いては見る。書いては見る。それの繰り返し。

すると、どういうわけか分からないが、自分が今まで見えていなかった物事が見えるようになり、気づくようになる。

なるほど、だから手帳にはなんでも書き残すといいのか!

そんな馬鹿な〜と思う人は1週間でもいい。試してみてほしい。何かが見えてくるに違いない。
 

2012年8月25日土曜日

反面教師から学ぶことは本当に多い:『「先回り」手帳術』

反面教師ってのは、なるほど何をすべきかをちゃんと教えてくれる。
 

以前から読みたかったこの本。

先日ようやくAmazonでポチりました。
 

手帳術に関しては結構な数の書籍を読んできて、

「もういい加減、手帳術参考書ジプシーはこれで最後にしよう」

と手帳術に関してのラストリゾートとして読み始めました。

「嫌」という感情は、あなたに理想の状態に到達する「解決策」を教えてくれるサインなのです。

この解決策として私たちが折に触れて思い出したいのが、「反面教師」です。

たとえば、僕にとっては愚痴をいう人が反面教師としての「嫌」にあたります。
(中略)
反面教師は、あなたを進化させるのにもっとも有用な教師です。なぜなら、反面教師が行っていることと逆のことをすればいいだけだからです。 

自分の場合も「愚痴をいう人」が反面教師に当たりますね。ただ、普通の愚痴ならば、僕は結構流してしまいます。さほど気にならない…というか、ある程度の耐性がついているんでしょうね。


しかし、僕の中に抗体が存在しない愚痴の種類があります。それは親や親戚に対しての愚痴です。

もちろん、僕自身、ついこの間までは親の愚痴を言うことがありました。が、他人がその人自身の親の愚痴を言っていることに対して、ものすごい不快感を感じていたんですよ、僕は。不快感を通り越して、嫌悪感になってました。

そのことに対して、僕はいつも「何なんだ、コイツは!?」というところで思考が止まっていたのです。

そして、上記の文章を数日前に読んだときに、自分の中で

「あー、なんだ!そういうことなのか!!」

と何かが弾けました。分かったのです、自分がどう変わればいいのかが。

Medium 464292727 

photo credit: Mohammed Alnaser via photo pin cc


あまり具体的なことは書けませんが、親に対する愚痴をこぼしているのは、まだまだ親に甘えていることなのだと思います。特に家族経営している会社組織の中では、こういう現象はとても顕著です。

「若い自分が会社を変える」とちょっと前までは自分も意気込んでましたが、所詮それは知らなさすぎたから言えてたことであったのです。実際に、両親が今までやってきたことを振り返ると、彼らの後ろには道ができているのです。その距離は半端ではない。自分が子供の頃から、それ以前の頃からずっと道は続いているわけです。

そこへ経験浅く、頭でっかちの若輩者が何を言ったって梨の礫です。

それが分かった時点で、もう親への愚痴を言うのは止めました。止めたというよりも、愚痴が感謝の思いで塗り替えられました。

考え方が変わると、親の言葉も素直に聞けるようになります。自分も二児の父になっているわけで、親の苦労も幾分か分かりました。


今の自分はまさに「親の目を持った子供」。ハイブリッドです。ものすごく素直になっています。


自分が嫌だなと感じることに遭遇したら、まず考えてみてください。それが「反面教師」になっているのかを。もしそれが反面教師になっているのであれば、自分がまだ理解できていないことを知るきっかけになります。

なので、「嫌」という気持ちは他所を追いやらず、よく観察してみましょう。

 

2012年8月24日金曜日

InstapaperよりもReadabilityが快適すぎる。

今日は私が今、もっとも愛してやまないアプリを紹介します。

Readability, LLC
Readability, LLC
Readability™
★★★★☆
79件の評価
 
App Store

Readability、それこそが今もっとも利用頻度の高いiPhoneアプリになってます。


かつてはEvernoteのようにフリーミアムなアプリだったのですが、最近になってその方針を大転換しました。


課金することなく、Readabilityのすべての機能が使えるようになりました(こちらがそのときの発表)。


それまではInstapaperが最高の選択肢だったのですが、読みやすさという点においてはReadabilityの方が上。何よりもシンプルさが魅力のサービスなので、課金のハードルがなくなった今、このアプリをiPhoneに再インストールしない理由がどこにも見当たらない!!


そして見事、私のiPhoneのホーム画面にReadabiityが復活しました。

sIMG 1561

本日はこれでおしまい。

続きはまた明日。

 

2012年8月22日水曜日

ちょっと待て。知らない言葉多過ぎ…(−_−;)

草枕 (岩波文庫)
草枕 (岩波文庫)
posted with amazlet at 12.08.22
夏目 漱石
岩波書店
売り上げランキング: 34713

中学生の頃に読んだんだけどなぁ…。
夏目漱石の『草枕』の冒頭で、これだけ知らない言葉が出て来た。

  1. 霊台方寸

  2. 澆季溷濁

  3. 璆鏘の音

  4. 丹青

  5. 不同不二の乾坤


国語辞典で調べることにしよう。

母国語だからと言って、何でも知っているわけではないのだな、と改めて思い直しましたよ。

そうそう、まさに羽川さんのごとく、

「知ってることしか知らないよ」
ってことですな。




2012年8月21日火曜日

【書評】頭の雑音を掃除する「メモ化」

先週の土曜日にAmazonで日用品を購入したのだけど、その際に一緒に買った本が届きました。

ばんっ!!

『頭の雑音を掃除する「メモ化」』というタイトルの本。

いまのところ、2/3くらいまで読んだのだけど、自分にはどうしてもここの書籍に書いてある内容がGTD(Getting Things Done)にしか映らない…。

Amazonのレビューでは、GTDだけではない、もっと奥の深いものであるようなことが書かれていたので、ちょっと期待していただけに少し残念。
 

まぁ、それはさておき、本書の内容を少しかいつまんで紹介。

  • 「頭の雑音を掃除する」ために本書で紹介されているツールは付箋紙と筆記用具。そして、1冊のノートのみ。
     
  • まず、自分の頭の中に救う「雑音」(=感性)を付箋紙にすべて書き出して(=メモ化)、それをノートもしくは手帳に貼って行く。

  • 付箋のメモを吟味して整理。この場合、整理するとはメモの取捨選択をすること。

  • ノートの見開き2ページを4等分(座標の第1象限〜第4象限みたいな感じ)し、Y軸に緊急度、X軸に重要度を低→高でメモを分類し貼って行く。

  • 重要度/緊急度ともに高いものから片付けて行く。

ざっくりと説明したけれど、上記の5点に書かれてあることはまさにDavid Allen氏著の『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』で説明されていることと同じ。

つまり、頭の中にある「やらなければならないこと」や「気になっていること」をすべて頭の外に吐き出す、というGTDのとっかかりのところが、本書の「メモ化」になっている。

あとはそれらのタスク(と呼ばせてください)を整理して、できることから順にこなしていく。そして、残りのタスクの見直し→実行の繰り返し。


まさに本書で書かれてあることと同一なのである。


いまのところ、初見では「うーん…(;´Д`)」的な内容。

もういい加減、この手のビジネス書には自分が飽きてきたのかもしれない。だいたいどれも書いてあることが同じになってきているので、その分野でのいわゆる古典的な本を1〜2冊繰り返し読むことで事足りてしまうのではないだろうか…。

しかし、この「メモ化」を読んでみて、付箋を利用するのはたしかにGTDを行う上では、かなり使いやすいものになるだろう。

1つの付箋に1つのメモ。

これは編集や整理が用意に行えるので、実にGTD向きだ。明日から実践していこうと思う。

そして、Amazonレビューの方々がこの本を絶賛されているので、自分としてはもう1〜2回再読してみて【彼らには見えているのに、自分には見えていない世界】を探してみることにする。

2012年8月20日月曜日

何にもない1日

なんにも特別なことがない日。

奥さんと子供たちは、奥さんの実家に帰っている。なので、家で独りきり。

掃除したり、本読んだり、それでまた掃除したり…。

もう寝なくちゃ。

2012年8月19日日曜日

自分はどう生きたいのか

シンプルな問いかけというのは、実に奥深い。

来週の半ばに、人前で50分ほど話す機会があります。

そのときの話す内容のアウトラインをノートに記しながら、自分はこの機会を通して何を伝えたいのか考えていました。

そこで出てきたのが次の3つ。

  1. 自分はどう生きたいのか

  2. 会社を通して何を成し遂げたいのか

  3. 自分の生き方が社会になんらかの良い影響を与えられるか


高校生の頃、「哲学者になる!」と言って両親をひどく心配させた自分が蘇ってきたようです…。

「どう生きたいのか」といっても、正直まだ言葉で説明できるレベルではないです。曖昧にしか捉えられていない自分の内面。

しかし、これはその曖昧さの中に隠れている自分の生きる目的を明確に理解できる絶好の機会です。

もうしばらく自身の内面への素潜りを続けていきます。

2012年8月18日土曜日

『思考の整理学』を再読中。

2012年8月16日木曜日

明日から仕事。

お盆休みも今日まで。

明日からまた仕事再開です。

このお盆休みに体を休めさせることはあんまりできなかったので、やはり課題は日頃の体づくりになるかな…と。

先日から少し運動を始めたので、これからも継続していきたいところです。

始めることは勢いだけあれば簡単ですが、それを続けて行くのはほんとに根気と忍耐が必要になってきます。

根気と忍耐。

一朝一夕にはいきませんが、日々の積み重ねで変わってきますよね。

2012年8月15日水曜日

商売と経営の違いとは?

ユニクロの柳井正社長の著作に『一勝九敗』があります。
 

かなり有名な本なので、多くの方々が手に取って読んだことがあるかもしれません。

その中にこういう言葉があります。

P.56
経営者と商売人はどう違うのか。商売人は、売ったり買ったりすること自体が好きな人。ほとんどの中小企業の社長は、その意味で経営者ではないと思う。経営者とは、しっかりした目標を持ち、計画を立て、その企業を成長させ、収益を上げる人のことだ。

 今月の後半に、とある中小企業の団体の会合で話すことを依頼されたのが、2週間前くらい。それから自分が話すことの内容を自分なりに内省していたところ、急に『一勝九敗』にあったこの言葉を思い出しました。

この本を読んだ当時、自分が商売人気質なのか経営者気質なのか、考えをめぐらしたものです。

僕は基本的に売り買いについては、すごく興味がある方ではありません。この二者択一の中で言えば、明らかに「経営者気質」です。

しかし、現実の自分はと言えば、目標は持っているものの、そこへ至るための計画をうまく描けていません。ということは、「しっかりした目標」を描けていないのでしょうね。自分が行きたい場所のイメージが具体的にできていないと、人はなかなかそこへたどり着くことができませんからね。

折に触れて上記の言葉を思い出し、自分はきちんと自分の為すべきことができているか内省する機会を持って行きます。
 

2012年8月14日火曜日

ご先祖さまに語りかける

お盆になりました。

休みが少ないと家族から時折苦情の出る自分でも、お盆は休ませていただいております。

もちろん、ただ休むわけではなく、ご先祖さまに日頃のお礼を伝えるべく、お墓参りに行きました。

お墓参りにいく度に、

「もっとお墓参りに来ないといけないな…」

と思いつつも、結局お盆とお正月程度しか、お墓参りに行けてないのです。

父を含め、ご先祖さまに日頃の感謝をしながら、

「自分はいったい誰と話しているのだろう?」

とか、

「人間の命の終わりは肉体の生命活動が止まったときなのか、それともこの世に生まれ落ちた瞬間から、人間の生命は永遠に終わることはないのだろうか?」

などと考えてしまいます。

もちろん、正しい答えというのは存在しません。むしろ、答えがあるかどうかも怪しいくらいです。

手を合わせ、自分の中にいるご先祖さまにしばしの間語りかけます。それはご先祖さまに語りかけているのか、自分自身に語りかけているのか、どっちなんでしょうね…。

2012年8月13日月曜日

これから毎日ブログを更新していこうと思うんだが…。

表題の通り、お盆休みに入ったところで、自分の体も少しは休めさせることができるようになったので、ブログを更新していこうと思います。

ただし、不定期な更新ではなく、定期的に更新していこうと目論んでいます。そう、毎日拘禁もとい更新していくのは至難の業です。

日々の生活の中で、何をブログに書くか?という基本的なところから考え直していかないといけません。

そして、いつでもどこでもブログを書けるような環境を整えていくことも大事。

まぁ、自分にとってどれもとても苦手なことばかりです。

しかし、苦手なことというのは、それらを克服する必要があるから苦手なのだと考えているので、自分自身の成長そのものに繋がっていきます。

明日からはそこの辺りを検討しながら書いていこうと思います。

2012年8月7日火曜日

パートナーの不機嫌にどう向き合うか

人生の中で「パートナー」と思える相手が必ず1人や2人いるはずです。仕事上でのパートナーつまり同僚であったり、プライベート上でのパートナーつまり配偶者であったり、いろんなパートナーの形があるはずです。

 
ただ、パートナーとの関係がギクシャクしてしまうと、仕事でのパフォーマンスや私生活での落ち着きに著しく悪影響を及ぼしてきます。
 
できることなら、パートナーとはなるべく荒波を立てたくない。そう思うのが人間というものです。
 
そんなことを考えていて、次の3つのことはとりあえず揺るぎない事実だろう、と結論づけてみました。
 
  1. 相手の話をとにかく聞く。
  2. 下手にアドバイスを与えようとしない。
  3. ちゃんと聞いているという意思表示を示す。
 
1つめのことは当たり前。コミュニケーションの基本は双方向の会話ではなく、何よりも相手の話を聞くことだと思います。双方向でなければコミュニケーションではない、というのは単なる幻想。
 
2つめのことは男性にありがちな地雷を踏むパターン。相手がとくに女性の場合、彼女たちの多くは助言など求めていません。「どうしたらいいのかしら…」みたいな言葉を漏らしても、それはスルーしましょう。求められているのは共感であって、アドバイスではありません。
 
3つめこそがコミュニケーションの真骨頂。
相手の話を熱心に聞いていても、そのことを何らかの方法で相手に示さないと、「この人は自分の話をちゃんと聞いてくれているんだろうか…?」と相手は不安になってきます。
 
そのためにアイコンタクトがあり、相づちがあり、「ふーん」とか「へぇ〜」とか「なるほど」などの言葉があるのです。
 
それらを使うだけでなく、相手が話していた内容+感情をこちらで要約し話しかけるという高等技もあります。それにより、相手にこちらが「共感していますよ」という意思表示を伝えることができるのです。
 
自分の場合、奥さんとのコミュニケーションにはこの3点は外せません。
 
まぁ、そりゃあたまに上記の3つの教えを自ら破ってしまい、まずいことになったりします。しかし、概ねこれら3つのことを実直に守るようにしています。
 
人にこういうことを話すと、「人間ができている」とか「懐が広い」とか言われますが、それは誤解です。
 
逆に人間ができていないからこそ、懐が狭いからこそ、こうした試練を自ら課さないといけないのです。言ってみれば、これらは人生における修行みたいなものです。
 
いまのレベルの自分では解決できない問題に直面しているのだから、そこから少し自分自身をレベルアップさせて問題を解決して行く。決して楽なことではありませんが、自身の人生をより面白く興味深いものにしていくのには不可欠な要素です。
 
いまの自分に解決できない問題や課題を神様は与えない、というじゃないですか?
 
「辛い」とか「嫌だ」とか思ってやるよりも、「面白そうじゃん!」と思って取り組む方が人生楽しくなるはずですからね。
 

2012年8月2日木曜日

「うるさい、細かい、しつこい、横着しない」人になる

『30代のための「おやっと」ノート』 は、ことあるごとに読み返す書籍です。

 

いつ読み返してもハッとさせられることがいっぱい。

つまり、自分は思うほど成長していないのだな、ということの表れだと考えています。

「物わかりのいい上司」になることは簡単です。しかし、優秀なデキる人ほど、「うるさい、細かい、しつこい、横着しない」という厳しさを持つ度胸と、部下に対して「基本を身につけてしっかり成長してほしい」という愛情を持っているのです。

この下り、何度読み返してもドキッとさせられます。

この下りでドキッとするということは、自分はまだそれができていないということ。

あと何回読み返したらドキッとしなくなるのか。

書いてあることは当たり前のことだとは思いますが、その当たり前のことが1番難しい。

「できて当たり前」と多くの人が思うことって、実は頭の中で理解しているだけのことが多く、それを実践できている人というのは驚くほど少ない。

うるさい、細かい、しつこい、横着しないの4項目のうち、自分が自信を持ってできていると言えるのは「横着しない」だけ。横着することだけはどうしてもできません。残る3つは年内中にできるようにしたい。

毎日の仕事の取り組み方だけでなく、自分の生き方すらも変えていかないと、本物にはなれませんよね。

自分を叱る自分自身をもっと大きくしていきます。

今さらの報告ですが、Macを新調しました。

タイトル通り、Macを新調いたしました。


MacBook ProのRetinaモデル???


とんでもございません。自分という人間のスペックが分かっているので、かのような代物には到底手が出ません。

MacBook ProのRetinaモデルというのは、真のクリエイターのためのものです。プロフェッショナルが使用するものです。


今の自分に必要なのはスピード。そして、どこへでも持ち運べるポータビリティ。

そこにあって当たり前なのだけど、そこになくては困る。

まさに「空気」のような存在。それが今回、自分自身が出した結論でした。


そういう理由から「Pro」から「Air」へと乗り換えました。

IMG 1192

えー、かれこれ1ヶ月以上使っていますが、使い心地はMacBook Pro以上です。15インチ、17インチと使ってきましたが、このAirはそのどちらも凌駕するほどの素晴らしさ!!

細かいことはまた書きますが、これにかなうPCは考えられないです。

毎日くそ暑いけど、日常の中に「瞑想」を取り入れて心身共にリフレッシュしてみよう。

毎日暑いですね。

暑いというより蒸し暑い。それで建物の中に入ったり、外に出たり、また中に入ったりしていると本当に体の具合がおかしくなって来ます。

こういうときこそ、日課の中に瞑想の時間を設けたいところ。

ライフハッカーのこちらの記事によると、毎日2分程度の瞑想でも効果が目に見えて出てくるとか…。

「瞑想することの一番の効果は、忙しい日常生活の中心軸となるものを作ること...つまり習慣を作ることではないか」と言っています。特別なマットやクッションのようなものを買う必要はなく、ただ15分間、いや2分間だけでも、毎日意識を集中して座るだけでいいのです

2分くらいなら、1日のうちのどこかで必ず時間取れますよね。

上記の記事についての原文はこちら。英語で書かれています。


今日からさっそくやってみますわ。

iPhoneアプリにこういったものもあるそうなので、試しに使ってみます。

Zazen App
価格:0
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス
undo App
価格:0
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス
毎日の生活に導入しましょう、瞑想を。
 

Zenback