2014年9月26日金曜日

iOS8のキーボードフリーズ現象には、iCloud DriveのOFFが効く。

iPhone5の2年間の縛りの終了を待たずして、さっそくiPhone6に機種交換。auさんのオンラインストアで呆気ないくらいに予約できて、近所のauで呆気ないくらいにゲットできました。

もう、iPhoneを手に入れるために長蛇の列に並んだりする必要はなくなったのだなぁ…(しんみり

使い始めて数日は快適に過ごしていたのだけど、急に日本語入力(フリック)がフリーズする現象が多発するようになってきましたよ。

「ああ、これがアーリーアダプターの宿命なのだな」と生まれて間もないiOS8のバグに直面してます。

iPad miniもiOS8にバージョンアップしてたので、同様の現象が起きてます。ストレス溜まるぜ…(−_−;)

OSのアプデで解決されると期待してますが、とりあえず自分なりの応急処置を紹介。

設定>iCloud>iCloud Driveをオフ


iCloud DriveをOFFで完了ッ‼︎

僕の場合、1PasswordをiCloudで同期してることもあって、iCloud Driveを再度オンにしてしまうので、また同じ現象が数時間後にやってきます(^_^;)

僕の推測では、iCloud Driveをオンにしてなければ、キーボードのプチフリは回避できるんじゃないかと思います。

まぁ、便利だけどiCloudをオンにしてると、いろいろと不具合出ますよね、実際。

2 件のコメント:

moeking wingchun さんのコメント...

iCloud使えないと不便なので、オンにして我慢して使ってます。早く改善して欲しいですね。

Ryoji Yanawake さんのコメント...

@moekingさん、iOS8が8.1.1にアップデートしても、iCloudがONだとキーボードはサクサク動きませんよね〜。

自分の場合、仕方なくiCloud DriveをONにしてますけど、iOS8といい、Yosemiteといい、今回のアプデは総合的にあんまりよろしくないですね。

Zenback