2015年11月6日金曜日

iOS9でなんか調子が悪かったら、やっぱりiCloud DriveをOFFにすると効く

iOSが9になって、地味に使い勝手は向上したのだけど、それよりも問題なことに頻繁に出くわすようになった。
同じ症状に出くわしている人、iCloud Driveをオフにしなさい。それが最も効果のある対策だとはっきり言える。

自分自身の経験を話すと、こんな感じ。
iOS9になってから頻繁に我がiPhone6がフリーズすることが増えた。
「あ、ヤバい!これは固まった(ーー;)」
と思ってしばらく放っておくと、勝手に落ちて再起動を始める始末。

起動ボタン+ホームボタンの長押しで再起動をかけてみるけれど、効果は一時的のみ。すぐにまたフリーズ現象が始まる。
なので、いっそのことOSをクリーンインストールするした方が良さそうなので、itunesにiPhoneのバックアップを取り、工場出荷時の状態にiPhoneを戻す。iPhoneを初期化できたなら、itunesのバックアップを利用して復元開始。
「これなら問題ないやろ!!(バンッ」
ってと思ったけど、これもやがてフリーズが始まってしまいました…(ーー;)

「何がいったい悪さをしているんだ?」と散々悩んだ挙句、iOSが8になった時に有効だった対策を思い出した。
そう、iCloud DriveのOFF
さっそくiCloud DriveをOFFにしてみると、予想通りというか、何事もなかったかのようにサクサクと動き始める我がiPhone6。

iCloud Driveをオンにして同期することで、ユーザ辞書が共有され始めるんだけど、これがどうやらよろしくないみたい。
Macの方ではユーザ辞書をまっさらにして、必要なものだけを再度追加できるのだけど、iPhone側ではそれがどうにもうまくいかない。

とりあえず、フリーズ現象はひとまず解消したので、再びiCloud Driveの機能をONにしているけれど、調子が悪くなればまた同様にiCloud DriveをOFFにすることで対処しよう。

ユーザ辞書をiOS端末側でどうにかできる機能を、今後のアップデートで追加していったほしいなー。

0 件のコメント:

Zenback